三重県 鈴鹿市 ザ・ビートル(フォルクスワーゲン)の中古車を探す

発売モデル

  • ザ・ビートル 16C

    2012年4月〜

価格相場もっと見る

平均価格183.9万円
(中古車価格帯59〜396万円)

カタログ情報もっと見る

WLTCモード燃費 -- km/l
JC08モード燃費 13.4〜18.3km/l
10・15モード燃費 -- km/l
排気量 1200〜2000cc

クルマレビュー

総合評価

4.224件

外観4.8

乗り心地4.1

走行性能4.1

燃費・経済性3.9

価格4.0

内装4.4

装備4.0

満足度4.5

価格帯
年式※初度登録
ローン月々支払い額
走行距離
ローン頭金(上限)
ローン種類・サービス
   

ローン種類を選択

サービスを選択

グー鑑定条件

車体(車両外装)
内装
機関
骨格(修復歴)

車両条件

燃料
ハンドル
乗車定員
型式
ATミッション詳細
排気量
後部スライドドア
過給器
ドア数                        ボディタイプ
状態
安全装置

装備・仕様・その他

基本装備
安全装置
外装装備
仕様
インテリア
カーナビ種類
TV・モニター
カメラ
AV機器
自動運転
その他

条件指定

4台中1~4台表示

新着順 ▲新 ▼古

本体価格 ▲安 ▼高

支払総額 ▲安 ▼高

年式 ▲新 ▼古

走行距離 ▲少 ▼多

排気量 ▲少 ▼多

車検 ▲短 ▼長

ザ・ビートル デザインレザーパッケージ 純正メモリーナビ バックカメラ ETC HIDヘッドライト レザーシート シートヒーター キーレス 純正17インチアルミホイール クルーズコントロール ターボ

本体価格 (税込)

119万円

支払総額 (税込)

134.9万円

  • 年式2012年
  • 走行6.5万km
  • 車検2021年8月
  • 排気1200cc
  • 保証12ヶ月・走行無制限
  • 修復なし

ミッションAT

カラーイエロー

ボディタイプクーペ・スポーツ

法定整備整備無

購入パックあり

ザ・ビートル フェンダー・エディション 限定車 フェンダーエデイション パノラマスライデイングルーフ キセノンヘッド

グー鑑定車
内装4
外装4
機関/正常
車両状態評価書

本体価格 (税込)

187万円

支払総額 (税込)

206万円

  • 年式2013年
  • 走行2.4万km
  • 車検2022年6月
  • 排気1200cc
  • 保証3ヶ月・3000km
  • 修復なし

ミッションAT

カラーブラックM

ボディタイプクーペ・スポーツ

法定整備整備込

ザ・ビートル デザイン 純正メモリーナビ バックカメラ ETC HIDオートライト インテリキー 純正16インチアルミホイール 電動格納ミラー ABS

本体価格 (税込)

229万円

支払総額 (税込)

246.9万円

  • 年式2016年
  • 走行3.4万km
  • 車検2021年7月
  • 排気1200cc
  • 保証12ヶ月・走行無制限
  • 修復なし

ミッションAT

カラーブラック

ボディタイプクーペ・スポーツ

法定整備整備無

購入パックあり

ザ・ビートル デザインレザーパッケージ レザー ナビ フルセグ

本体価格 (税込)

155万円

支払総額 (税込)

165万円

  • 年式2012年
  • 走行2.2万km
  • 車検2021年6月
  • 排気1200cc
  • 保証1ヶ月・走行無制限
  • 修復なし

ミッションAT

カラーキャンディホワイト

ボディタイプクーペ・スポーツ

法定整備整備無

ページトップへ戻る

フォルクスワーゲン ザ・ビートル

グーネットに掲載されている「フォルクスワーゲン ザ・ビートル」の掲載状況は?

グーネット中古車ではフォルクスワーゲン ザ・ビートルの中古車情報を376台掲載しています。
車両価格は59万円~396万円、最も掲載の多いボディーカラーはブラックで40台となっています。
フォルクスワーゲン ザ・ビートル 三重県 鈴鹿市のみの車両価格は119万円~229万円になります。(2021.03.09)

車種の特徴

「ザ・ビートル」は、フォルクスワーゲンからリリースされたクーペタイプの自動車であり、日本国内での販売は2012年6月から開始されました。このクルマは、「The 21st Century Beetle(21世紀のビートル)」というキャッチフレーズのもと「原点回帰」がうたわれ、同社の代表的な自動車である「ビートル」を最新の環境技術と安全装備を持たせて現代にリニューアルさせています。デザインについては、先代モデルにあたる「ニュービートル」と異なり、ロー&ワイドなフォルムが強調され、ダイナミックでスポーティなスタイリングがされています。また、初代「ビートル」のサイドシルエットを再現したルーフラインにより、ゆとりある後席空間を実現しています。なお、2014年4月には、フォルクスワーゲンの初の試みとなる、ユーザーからのオーダーメイドを期間限定で特別受注生産する「Create Your Own ”The Beetle”」が登場しました。この車両の2018年1月発売モデルについては、「デザイン」「Rライン」「2.0Rライン」といったグレードが用意されています。また、2018年5月発売モデルに関しては、「デザイン」をベースとした特別限定車として、「エクスクルーシブ」が設定されています。この特別限定車のエクステリアには、ダークティンテッドガラス、インチアップした18インチアルミホイール、LEDテールランプなどが備えられている他、Volkswagen純正ナビゲーションシステムの「716SDCW」も標準装備されています。※記載の文章は、2018年12月時点の情報です。

他の地域から探す

鈴鹿市の街情報を見る

鈴鹿市・ザ・ビートル(フォルクスワーゲン)のクルマ情報(中古車両)を市区町村から簡単に車両検索できます。

三重県

鈴鹿市のザ・ビートルをお役立ちコンテンツから探す

鈴鹿市・ビートル(フォルクスワーゲン)のクルマ情報(中古車両)をお役立ちコンテンツから簡単に車両検索できます。

ザ・ビートル(鈴鹿市)の販売店レビュー

ザ・ビートル(鈴鹿市)の販売店レビューをもっと見る

鈴鹿市・ザ・ビートル口コミ件数の多い販売店を探す

鈴鹿市・ザ・ビートル(フォルクスワーゲン)の販売店情報を簡単に検索できます。

あなたの愛車を高く買取!

WEBで車の買取金額・査定相場を調べる

online_close

オンライン商談導線