ページ
トップ

掲載時期 新着順 古い順 支払総額 安い順 高い順 車両本体価格 安い順 高い順 年式 新しい順 古い順 走行距離 少ない順 多い順 排気量 少ない順 多い順 車検 短い順 長い順

高知県 スズキワゴンRスティングレーの中古車を探す

1〜4台

掲載時期 新着順 古い順 支払総額 安い順 高い順 車両本体価格 安い順 高い順 年式 新しい順 古い順 走行距離 少ない順 多い順 排気量 少ない順 多い順 車検 短い順 長い順

お気に入り

支払総額 (税込)

63.3万円

車両本体価格 (税込)

56.8万円

諸費用 (税込)

6.5万円

法定整備:整備付

保証付 (2ヶ月・2000km)

  • 年式2013年
  • 走行距離9.9万km
  • 車検車検整備付
  • 排気量660cc
  • 修復歴なし

ミッションインパネAT

カラーシルバー

ボディタイプ軽-RV系

購入パックあり グー保証付けられます

お気に入り

支払総額 (税込)

161.8万円

車両本体価格 (税込)

154万円

諸費用 (税込)

7.8万円

法定整備:整備付

保証付 (2026(令和8)年10月まで・60000km)

  • 年式2023年
  • 走行距離0.4万km
  • 車検2026年10月
  • 排気量660cc
  • 修復歴なし

ミッションCVT

カラースチールシルバーメタリック

ボディタイプ軽-RV系

購入パックあり

お気に入り

支払総額 (税込)

29万円

車両本体価格 (税込)

20万円

諸費用 (税込)

9万円

法定整備:整備付

保証付 (1ヶ月・1000km)

  • 年式2010年
  • 走行距離9.0万km
  • 車検なし
  • 排気量660cc
  • 修復歴なし

ミッションインパネAT

カラーブラック

ボディタイプ軽-RV系

お気に入り

支払総額 (税込)

138.8万円

車両本体価格 (税込)

130万円

諸費用 (税込)

8.8万円

法定整備:整備付

保証付 (3ヶ月・3000km)

  • 年式2020年
  • 走行距離4.1万km
  • 車検車検整備付
  • 排気量660cc
  • 修復歴なし

ミッションCVT

カラーブラック

ボディタイプ軽-RV系

この条件でよく検索しますか?

スズキ ワゴンRスティングレー | 高知県

新着お知らせメールを受け取る

グーネットからのお知らせ

問い合わせが多いユーザー

男女比

女性
10.5%
男性
89.2%

※2022年1月~12月のグーネット中古車見積りデータより算出

年代

  • 40代29.4%
  • 50代27.1%
  • 20代17.4%
  • 30代14.9%
  • 60代7.1%

居住エリア

  • 関東地方26.8%
  • 東北地方14.8%
  • 関西地方12.7%
  • 東海地方11.1%
  • 九州地方10.1%

スズキ ワゴンRスティングレー

グーネットに掲載されている高知県の「スズキ ワゴンRスティングレー」の掲載状況は?

グーネットでは高知県の「スズキ ワゴンRスティングレー」の中古車を4台掲載しています。
スズキ ワゴンRスティングレー 高知県のみの車両価格は20万円~154万円で総合評価は4.2レビュー件数は358になります。(2024.07.13)

車種の特徴

「ワゴンRスティングレー」は、1993年に誕生した軽自動車です。何度かフルモデルチェンジが行われており、3代目となる2007年2月発売モデルのキャッチフレーズは「顔で戦え。目で挑め。」でした。また、5代目となる2012年9月発売モデルは「軽ワゴン低燃費No.1新世代エコカー」をコンセプトに開発され、スモールランプに連動してLEDが点滅するLEDイルミネーションをヘッドランプおよびフロントグリルに採用しました。6代目となる2017年2月発売モデルでは、「L」「ハイブリッドX」「ハイブリッドT」などのグレードが設定されています。このモデルのインテリアに関しては、インパネカラーパネルに黒系の塗装が施されていることや、赤がアクセントとなっているエアコンルーバーガーニッシュが特長となっています。安全装置としては、衝突被害軽減システムの「デュアルセンサーブレーキサポート」や、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能などが搭載されています。なお、この車両は、ハイブリッド仕様全てにマイルドハイブリッドシステムが採用されています。ボディカラーについては、「ピュアレッド」などの標準色と、メーカーオプション色の「ブレイブカーキパール」「スチールシルバーメタリック」などが用意されています。そのほか、このクルマの特別仕様車については、2014年12月発売モデルにラインナップされている「Jスタイル」や、2018年9月発売モデルにラインナップされている「ハイブリッドX リミテッド」などがあります。※記載の文章は、2018年9月時点の情報です。

車名の由来は?

セダンもあるけどワゴンもあーる、「ワゴンR」となったと広く言われるが、公式には「R」は革新・画期的の意味の英語「REVOLUTION(レボリューション)」と、くつろぎを意味する「RELAXATION(リラクゼーション)」の頭文字とされる。「スティングレー」の名は「STING(刺激)」と「RAY(光線)」を合わせた造語で英語で「エイ」の意味もある。

モデル概要、その魅力は?

軽自動車ユーザーのもっとも多い要望であった「広さ」を実現するため、大胆に車高を上げた先駆的モデルで、長年にわたり販売台数の首位をキープする「ワゴンR」。「ワゴンRスティングレー」は、3代目「ワゴンR(2007年)」で登場した「クールフェイス ワゴンR」をデザインコンセプトとしたモデルで、シースルータイプの横長フロントグリルと黒色基調で統一されたインテリアを特徴とする。

長所と短所

  • 大型のフロントバンパーによる精悍で個性的なスタイリング
  • 軽ワゴンNo.1の室内長をアピールするゆとりある室内空間
  • モーターのみでの走行も可能なマイルドハイブリッドエンジン
  • 衝突被害軽減ブレーキなど先進の安全運転支援機能
  • 好き嫌いが分かれるフロントマスクのデザイン
  • 軽スーパーハイトワゴンに比べて開放感に劣るキャビン
reviewed by グーネット編集部

ワゴンRスティングレー(高知県)の販売店レビュー

ワゴンRスティングレー(高知県)の販売店レビューをもっと見る

高知県・ワゴンRスティングレー口コミ件数の多い販売店を探す

高知県・ワゴンRスティングレー(スズキ)の販売店情報を簡単に検索できます。

矢印