オロチ(ミツオカ)を探す

価格帯
年式※初度登録
ローン月々支払い額
走行距離
ローン頭金(上限)
ローン種類・サービス
   

ローン種類を選択

サービスを選択

グー鑑定条件

車体(車両外装)
内装
機関
骨格(修復歴)

車両条件

燃料
ハンドル
乗車定員
型式
ATミッション詳細
排気量
後部スライドドア
過給器
ドア数
メーカー区分
ボディタイプ
状態
安全装置

装備・仕様・その他

基本装備
安全装置
外装装備
仕様
インテリア
カーナビ種類
TV・モニター
カメラ
AV機器
運転支援
その他

条件指定

4台中1~4台表示

新着順 ▲新 ▼古

車両本体価格 ▲安 ▼高

支払総額 ▲安 ▼高

年式 ▲新 ▼古

走行距離 ▲少 ▼多

排気量 ▲少 ▼多

車検 ▲短 ▼長

お気に入り

オロチ ベースグレード 修復歴無し・シリアルNO.064・ストラーダSDナビ・フルセグTV・バックカメラ・DVD再生・ETC・ドラレコ・赤本革シート・キーレスキー・ゴールドプレミアム用Rウィング・カロッツェリアスピーカー

車両本体価格 (税込)

1159.9万円

支払総額 (税込)

--万円

  • 年式2008年
  • 走行距離0.9万km
  • 車検2023年7月
  • 排気量3300cc
  • 修復歴なし
  • 保証保証無:別途有償保証有

ミッションAT5速

カラーパール

ボディタイプクーペ・スポーツ

法定整備整備別 別途55,000円

お気に入り

オロチ  ワンオーナー ガルウィング

車両本体価格 (税込)

960万円

支払総額 (税込)

--万円

  • 年式2008年
  • 走行距離3.1万km
  • 車検2023年6月
  • 排気量3300cc
  • 修復歴なし
  • 保証保証無

ミッションAT5速

カラーワイン

ボディタイプクーペ・スポーツ

法定整備整備無

お気に入り

オロチ ベースグレード ベースグレード(2名)赤革 18インチ純正アルミ ナビバックカメラ

車両本体価格 (税込)

1098万円

支払総額 (税込)

--万円

  • 年式2008年
  • 走行距離0.8万km
  • 車検なし
  • 排気量3300cc
  • 修復歴なし
  • 保証保証無

ミッションAT5速

カラーパールホワイト

ボディタイプクーペ・スポーツ

法定整備整備無

お気に入り

オロチ  オプション赤革内装 ゴールドパールカラー キセノンオートライト 純正18インチアルミ 実走行2300Km 禁煙車

車両本体価格 (税込)

1159.9万円

支払総額 (税込)

--万円

  • 年式2007年
  • 走行距離0.2万km
  • 車検2023年8月
  • 排気量3300cc
  • 修復歴なし
  • 保証保証無

ミッションAT5速

カラーゴールドパール

ボディタイプクーペ・スポーツ

法定整備整備無

ページトップへ戻る

人気。

3.6

【所有期間または運転回数】 【総合評価】 皆無な状態のオロチ。 まず都会では走る姿は最近見ないが超魅力的な車。エクステリアデザイン命のミツオカ、何年たっても名車?ロックスターの登場でますますミツオカデザイン楽しみ。 【良い点...

ミツオカ/オロチ

投稿日:2018年12月22日

サメ。

3.3

【所有期間または運転回数】 【総合評価】 オロチのエクステリアデザインや内装デザインは今見ても新鮮。個性的なデザインのオロチ、走る姿は皆無でまず都会でも見ない。ロックスターがデビューして話題になってますがエッジがきいたサメデザイ...

ミツオカ/オロチ

投稿日:2018年10月12日

いいね、大蛇❗

2.9

【所有期間または運転回数】 試見車 【総合評価】 近所の中古車屋にオロチがしょっちゅうあり、よって見て話聞くと県外の方が購入したらしい。鑑賞用? 少し見せてもらったがかっこはいい、オーラがある。 内装やエンジン音は普通。エンジ...

ミツオカ/オロチ

投稿日:2016年12月31日

ミツオカ オロチ

グーネットに掲載されている「ミツオカ オロチ」の掲載状況は?

グーネット中古車ではミツオカ オロチの中古車情報を4台掲載しています。
車両価格は960万円~1159.9万円、最も掲載の多いボディーカラーはパールで1台となっています。(2022.01.20)

車種の特徴

「オロチ」は、2006年から2014年にかけて発売されていた光岡自動車製の2シータークーペです。2001年の第35回東京モーターショーにおける展示車が大きな反響を受けたことを踏まえて市販化が検討され、5年に及ぶ設計開発を経て世に送り出されました。光岡自動車のモデルは他メーカーの乗用車をベースとしてボディを換装したものが多い中、オロチは完全オリジナルのボディをもつモデルとして開発され、型式認定を新たに取得しているという大きな違いがあります。その一方、他の光岡モデルと同様、エンジンやトランスミッションなどのパーツは他の自動車メーカーのものを多用しているのが特徴です。素材はボディに軽量なFRPを、ドアにサイドインパクトビーム内蔵スチールを用いており、シャーシにはオリジナルのスチール製スペースフレームを採用することで剛性を確保しています。オロチのエクステリアは非日常的に仕上がっており、うねるようなボディラインと大蛇の名にふさわしい蛇の目を思わせるヘッドライトが大きなアクセントとなりました。また、全長4560mm×全幅2035mm×全高1180mmというワイド&ローなボディは、光岡自動車製というアイデンティティとオロチというモデル独自の世界観を与えています。「オロチ」のパワートレインにはトヨタ製の3,310cc V型6気筒エンジンを搭載しており、最高出力は233psを発揮。それをミッドシップにレイアウトし、5速ATを介して駆動しています。個性を極めたスタイルとは裏腹に控え目なパワーで、サスペンションなどもさほど走行性能を追求したものではありませんでした。装備も充実している「オロチ」は、安全装備こそ2020年代の車には及びませんが、HIDランプ、フルオートエアコン、前後で異なるサイズの18インチアルミホイールなどが標準装備されていたのが特徴。また、「オロチ」はハンドメイドの完全受注生産モデルだったため、パール系のカラーやフルレザーシートなどのオプションもオーダーをすることが可能でした。商品展開は基本的にモノグレードでしたが、ファイナル オロチをはじめとしたいくつかの特別仕様車もラインアップされています。それぞれ専用のエクステリア、インテリアパーツでより強い個性を放ち、台数限定で生産されていました。特に大手コンビニエンスストアのセブンイレブンやアニメ「エヴァンゲリオン」とのコラボによる「エヴァンゲリオン オロチ」は、アニメの人気もあって高い注目を集めていたほどです。2014年にいったん販売を終了しましたが、2018年に1台限定で「デビルマン オロチ」が発表されています。また、「オロチ」は完全受注生産モデルだったため、ボディカラーにはおよそ300色の中から自分だけのカラーを選ぶことが可能でした。※記載の文章は、2021年8月時点の情報です。

車名の由来は?

「オロチ」という車名は大蛇を意味し、神話の「ヤマタノオロチ」を由来としています。その名前は他の光岡車と同様に、メーカーの強いこだわりと車の際だった個性が感じられるものです。また、モデルのキャッチコピーとして「本能の誘惑。煩悩の悦楽」をうたっており、光岡自動車製の自動車として高いアイデンティティを主張しています。

モデル概要、その魅力は?

「オロチ」の魅力は、その名にふさわしい「蛇」をイメージさせる独創的なデザインでしょう。2シーターの乗用車であることも含めて乗る人を選ぶ車ですが、個性的なスタイリングに相反する扱いやすさも魅力のひとつです。他の自動車メーカーでは表現できない独特の世界観を味わえるのも、「オロチ」ならではの魅力といえるでしょう。

オロチをおすすめコンテンツから探す

クルマ情報(中古車両)をおすすめコンテンツから簡単に車両検索できます。

オロチの最新記事を見る

矢印