熊本県 熊本市南区 アテンザセダン(マツダ)の中古車を探す

モデルで絞り込む

  • アテンザセダン GJ系

    2012年11月~2019年7月

  • アテンザセダン GH系

    2008年1月~2012年11月

  • アテンザセダン GG系

    2002年5月~2008年1月

価格相場もっと見る

平均価格136.2万円
(中古車価格帯17.6~309万円)

カタログ情報もっと見る

WLTCモード燃費 14.2~19.6km/l
JC08モード燃費 9.5~22.4km/l
10・15モード燃費 10.8~15.0km/l
排気量 2000~2500cc

クルマレビュー

総合評価

4.481件

外観4.7

乗り心地4.4

走行性能4.6

燃費・経済性4.2

価格4.1

内装4.3

装備4.3

満足度4.6

価格帯
年式※初度登録
ローン月々支払い額
走行距離
ローン頭金(上限)
ローン種類・サービス
   

ローン種類を選択

サービスを選択

グー鑑定条件

車体(車両外装)
内装
機関
骨格(修復歴)

車両条件

燃料
ハンドル
乗車定員
型式
ATミッション詳細
排気量
後部スライドドア
過給器
ドア数                        ボディタイプ
状態
安全装置

装備・仕様・その他

基本装備
安全装置
外装装備
仕様
インテリア
カーナビ種類
TV・モニター
カメラ
AV機器
自動運転
その他

条件指定

1台中1~1台表示

新着順 ▲新 ▼古

本体価格 ▲安 ▼高

支払総額 ▲安 ▼高

年式 ▲新 ▼古

走行距離 ▲少 ▼多

排気量 ▲少 ▼多

車検 ▲短 ▼長

アテンザセダン 25S Lパッケージ 純正ナビ フルセグ 全方位カメラ DVD再生 衝突軽減ブレーキ レーンアシスト 19インチアルミ ETC オートクルーズ レザーシート パワーシート シートエアコン ワンオーナー

本体価格 (税込)

198万円

支払総額 (税込)

--万円

  • 年式2018年
  • 走行3.8万km
  • 車検2021年12月
  • 排気2500cc
  • 保証3ヶ月・3000km
  • 修復なし

ミッションAT6速

カラーブラック

ボディタイプセダン

法定整備整備込

グー保証付けられます

ページトップへ戻る

マツダ アテンザセダン

グーネットに掲載されている「マツダ アテンザセダン」の掲載状況は?

グーネット中古車ではマツダ アテンザセダンの中古車情報を386台掲載しています。
車両価格は17.6万円~309万円、最も掲載の多いボディーカラーはソウルレッドプレミアムメタリックで44台となっています。
マツダ アテンザセダン 熊本県 熊本市南区のみの車両価格は198万円になります。(2021.04.15)

車種の特徴

2002年5月に誕生した「アテンザセダン」は、独立したトランクを持つ5人乗り4ドアセダンであり、海外では「Mazda6」の名で販売されています。この車両の3代目となる2012年11月発売モデルは、スカイアクティブ技術が採用されており、快適な乗り心地とパワフルな走りを両立しています。また、生命感を感じさせる躍動する美しさを表現した「魂動(こどう)−Soul of Motion」をデザインコンセプトに採用しています。なお、このクルマは、2013年に「2013-2014日本カー・オブ・ザ・イヤー」の「エモーショナル部門賞」を受賞しています。「クルマを愛するお客様の毎日を、もっと活力と充実感に満ちたものにする」をテーマにマイナーチェンジが実施された2018年6月発売モデルには、ガソリンエンジンを搭載した「20S」「20Sプロアクティブ」「25S Lパッケージ」、クリーンディーゼルエンジンを搭載した「XD」「XDプロアクティブ」「XD Lパッケージ」といったグレードを設定しています。このモデルでは、安全装備として、カメラやミリ波レーダーなどの検知デバイスを利用した先進の安全技術「i‐ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を搭載しています。このシステムには、全車速追従機能が付加された「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)」や、夜間時の歩行者認識精度を向上させた「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)夜間歩行者検知機能付」などの機能が含まれています。※記載の文章は、2018年10月時点の情報です。

車名の由来は?

「アテンザ(ATENZA)」はイタリア語で「注目」を意味する「Attenzione(アッテンツィオーネ)」からの造語。「細部まで商品力の高い、注目に値する製品である」という意味が込められている。 新しいマツダ車を体現するモデルとして、人々の注目を浴びるようにとの願いを込めて命名された。2019年のマイナーチェンジモデルから、国内も名称を「MAZDA6」に統一する。

モデル概要、その魅力は?

カペラの後継車として2002年に登場した「アテンザ」は、この「セダン」のほかハッチバックの「スポーツ」と「スポーツワゴン」の3タイプがリリースされる。FFベースのレイアウトだが初代から4WDが設定される。3代目(2012年)からは「セダン」と「ワゴン」の2タイプで、マツダブランドのフラッグシップを担う。

online_close

オンライン商談