掲載時期 新着順 古い順 本体価格 安い順 高い順 支払総額 安い順 高い順 年式 新しい順 古い順 走行距離 少ない順 多い順 排気量 少ない順 多い順 車検 短い順 長い順

ページ
トップ

N−BOXカスタム 黄色・イエロー系(ホンダ)の中古車を探す

1〜7台

掲載時期 新着順 古い順 本体価格 安い順 高い順 支払総額 安い順 高い順 年式 新しい順 古い順 走行距離 少ない順 多い順 排気量 少ない順 多い順 車検 短い順 長い順

お気に入り

車両本体価格 (税込)

109.9万円

支払総額 (税込)

120万円

  • 年式2014年
  • 走行距離3.3万km
  • 車検2023年9月
  • 排気量660cc
  • 修復歴なし
  • 保証3ヶ月・走行無制限

ミッションインパネAT

カラープレミアムフレイムオレンジM

ボディタイプ軽-RV系

法定整備整備無

お気に入り

車両本体価格 (税込)

87.8万円

支払総額 (税込)

95.4万円

id車両
グー鑑定車
内装4
外装4
機関/正常
車両状態評価書
  • 年式2014年
  • 走行距離7.6万km
  • 車検車検整備付
  • 排気量660cc
  • 修復歴なし
  • 保証12ヶ月・走行無制限

ミッションインパネAT

カラープレミアムフレイムオレンジ・メタリック

ボディタイプ軽-RV系

法定整備整備込

購入パックあり

お気に入り

車両本体価格 (税込)

119.8万円

支払総額 (税込)

127.8万円

id車両
グー鑑定車
内装4
外装5
機関/正常
車両状態評価書
  • 年式2018年
  • 走行距離3.5万km
  • 車検2023年12月
  • 排気量660cc
  • 修復歴なし
  • 保証12ヶ月・走行無制限

ミッションインパネAT

カラープレミアムイエローパール

ボディタイプ軽-RV系

法定整備整備込

購入パックあり

お気に入り

車両本体価格 (税込)

74万円

支払総額 (税込)

89.3万円

id車両
グー鑑定車
内装3
外装4
機関/正常
車両状態評価書
  • 年式2014年
  • 走行距離4.3万km
  • 車検2023年2月
  • 排気量660cc
  • 修復歴なし
  • 保証12ヶ月・走行無制限

ミッションCVT

カラーオレンジ

ボディタイプ軽-RV系

法定整備整備込

グー保証付けられます

お気に入り

車両本体価格 (税込)

89万円

支払総額 (税込)

--万円

id車両
グー鑑定車
内装4
外装4
機関/正常
車両状態評価書
  • 年式2014年
  • 走行距離9.5万km
  • 車検2023年1月
  • 排気量660cc
  • 修復歴なし
  • 保証12ヶ月・走行無制限

ミッションインパネAT

カラープレミアムフレイル

ボディタイプ軽-RV系

法定整備整備込

お気に入り

車両本体価格 (税込)

164.8万円

支払総額 (税込)

171.4万円

id車両
あんしん、まる見え
車両状態評価書を見る
  • 年式2018年
  • 走行距離2.3万km
  • 車検2023年12月
  • 排気量660cc
  • 修復歴なし
  • 保証24ヶ月・走行無制限

ミッションインパネAT

カラープレミアムグラマラスブロンズ・パール

ボディタイプ軽-RV系

法定整備整備込

お気に入り

車両本体価格 (税込)

94.7万円

支払総額 (税込)

102.9万円

id車両
あんしん、まる見え
車両状態評価書を見る
  • 年式2014年
  • 走行距離2.7万km
  • 車検車検整備付
  • 排気量660cc
  • 修復歴なし
  • 保証12ヶ月・走行無制限

ミッションインパネAT

カラープレミアムフレイムオレンジ

ボディタイプ軽-RV系

法定整備整備込

この条件でよく検索しますか?

ホンダ N−BOXカスタム | イエロー系

新着お知らせメールを受け取る

グーネットからのお知らせ

ホンダ N−BOXカスタム

グーネットに掲載されている「ホンダ N−BOXカスタム」の掲載状況は?

グーネット中古車ではホンダ N−BOXカスタムの中古車情報を9,107台掲載しています。
車両価格は24.8万円~270万円、最も掲載の多いボディーカラーはクリスタルブラックパールで902台となっています。(2022.08.17)

車種の特徴

「N-BOXカスタム」は、ノーマルタイプの「N-BOX」にエアロパーツを装備したモデルとして2011年に発売を開始しました。このモデルには、全車に当時新開発されたS07A型エンジンの直列3気筒DOHCを設定。そこにCVTを組み合わせています。2017年9月以降に発売されたモデルでは、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」をホンダの軽乗用車として初めて採用しました。このシステムには、車線をはみださない支援や衝突を回避するシステムの他、誤発進抑制機能などが搭載されています。さらに、万が一の事故に備えるエアバッグシステムには、乗っている人への胸や頭へのダメージを軽減する目的のサイドエアバッグ、サイドカーテンエアバッグを装備しました。また、モデルによっては乗り降りが簡単に行えるパワースライドドアを装備したものも設定されています。このパワースライドドアには挟み込みによる事故を防止するための機能も搭載されているため、小さいお子さんがいるご家庭でも安心して使用することが可能です。現行の最新モデルでは、エクステリアにアッパーグリルのメッキを立体化させるなど、フロント回りのデザインを強化しています。エンジンはS07B型に変わっており、発売開始時と同様、CVTが組み合わせられました。さらに、アイドリングストップ機構も追加されているのが特徴です。現行モデルでは、「L」「L・ターボ」「E」「E・ターボ」の4つのグレードをラインナップしています。さらに、介護のシーンなどでも使えるスロープを搭載した車いす仕様の「L・スロープ」も新たに追加しました。車いすのまま乗っても、運転席が窮屈にならないような空間がしっかりと確保されています。このスロープは、介護だけでなく重い荷物を積載するのにも使用することが可能です。ボディカラーには、「シャイニンググレー・メタリック」や「クリスタルブラック・パール」といった上質な印象を与えるカラーを中心に、全6種類を設定。さらに、コーディネートスタイルでは「プレミアムクリスタルレッド・メタリック」と「ブラック」の組み合わせなどのようにボディとルーフ部分がツートンカラーになっている3種類のモデルも用意されています。2020年に行われたマイナーチェンジでは、「Honda SENSING」の後方誤発進抑制機能に使われているソナーセンサーを4個に増強。これにより、後方の障害物の接近を検知して、ドライバーに注意を促すセンサーシステムが追加されたため、駐車に自信がない人でも安心、安全に駐車できるようになりました。※記載の文章は、2021年7月時点の情報です。

車名の由来は?

「N-BOXカスタム」はベースとなる「N-BOX」と同じく、ホンダが初めて開発した軽乗用車である「N360」を受け継ぐという意味を込めて名づけられました。そこにエアロパーツをセットにしている車種として区別するため、「カスタム」という名前が組み合わされています。また、「N-BOXカスタム」の「N」には「N-BOX」同様、将来的な日本の新しい乗り物にしたいという想いを込めた「NEW」や「NEXT」「NIPPON」「NORIMONO」という4つの言葉の意味も含まれています。

モデル概要、その魅力は?

「N-BOXカスタム」は軽自動車でありながらも、車内空間が広いのが魅力です。室内長も2240mmと長いので、大人が4人で乗っても十分にゆとりがあります。さらに、室内高は1400mm。小学生中学年くらいの子どもが立って着替えたとしても、余裕のある高さが確保されているのが特徴です。さらに、介護をする人にとっても使いやすいスロープ機能を搭載したグレードも設定されるなど、どんなシーンでも使いやすいことから、ファミリーカーとしての支持も集めています。

N−BOXカスタム口コミ件数の多い販売店を探す

販売店情報を簡単に検索できます

矢印