茨城県 龍ケ崎市 インサイト(ホンダ)の中古車を探す

モデルで絞り込む

  • インサイト ZE4系

    2018年12月~

  • インサイト ZE2系

    2009年2月~2014年3月

  • インサイト ZE1系

    1999年11月~2006年6月

価格相場もっと見る

平均価格66.1万円
(中古車価格帯8~348.8万円)

カタログ情報もっと見る

WLTCモード燃費 24.4~28.4km/l
JC08モード燃費 24.0~34.2km/l
10・15モード燃費 28.0~36.0km/l
排気量 1000~1500cc

クルマレビュー

総合評価

4.1275件

外観4.3

乗り心地3.9

走行性能4.1

燃費・経済性4.5

価格4.0

内装3.7

装備3.9

満足度4.2

価格帯
年式※初度登録
ローン月々支払い額
走行距離
ローン頭金(上限)
ローン種類・サービス
   

ローン種類を選択

サービスを選択

グー鑑定条件

車体(車両外装)
内装
機関
骨格(修復歴)

車両条件

燃料
ハンドル
乗車定員
型式
ATミッション詳細
排気量
後部スライドドア
過給器
ドア数                        ボディタイプ
状態
安全装置

装備・仕様・その他

基本装備
安全装置
外装装備
仕様
インテリア
カーナビ種類
TV・モニター
カメラ
AV機器
自動運転
その他

条件指定

3台中1~3台表示

新着順 ▲新 ▼古

本体価格 ▲安 ▼高

支払総額 ▲安 ▼高

年式 ▲新 ▼古

走行距離 ▲少 ▼多

排気量 ▲少 ▼多

車検 ▲短 ▼長

インサイト G ETC AUX付CDデッキ 社外16アルミ キーレス タイミングチェーン オートエアコン

グー鑑定車
内装4
外装4
機関/正常
車両状態評価書

本体価格 (税込)

24万円

支払総額 (税込)

35万円

  • 年式2010年
  • 走行7.0万km
  • 車検車検整備付
  • 排気1300cc
  • 保証保証無
  • 修復なし

ミッションCVT

カラーアラバスターシルバー・メタリック

ボディタイプセダン

法定整備整備込

グークーポン 購入パックあり グー保証は購入パックBパックでお選びいただけます。

インサイト G ナビ ETC TV ハイブリッド Bカメラ

本体価格 (税込)

26.8万円

支払総額 (税込)

27.8万円

  • 年式2009年
  • 走行14.3万km
  • 車検車検整備付
  • 排気1300cc
  • 保証1ヶ月・1000km
  • 修復なし

ミッションCVT

カラーパール

ボディタイプセダン

法定整備整備込

インサイト G 15インチ ディスチャージヘッドライト WエアB ABS キーレス CDMDコンポ オートエアコン プライバシーガラス ハイブリットカー タイミングチェーン パール 走行35000キロ 取説記録簿

本体価格 (税込)

29万円

支払総額 (税込)

45万円

  • 年式2009年
  • 走行3.5万km
  • 車検車検整備付
  • 排気1300cc
  • 保証1ヶ月・1000km
  • 修復なし

ミッションCVT

カラーパールホワイト

ボディタイプセダン

法定整備整備込

購入パックあり

ページトップへ戻る

ホンダ インサイト

グーネットに掲載されている「ホンダ インサイト」の掲載状況は?

グーネット中古車ではホンダ インサイトの中古車情報を734台掲載しています。
車両価格は8万円~348.8万円、最も掲載の多いボディーカラーはシルバーで77台となっています。
ホンダ インサイト 茨城県 龍ケ崎市のみの車両価格は24万円~29万円になります。(2021.04.14)

車種の特徴

ホンダの「インサイト」は、1999年にリリースされたハイブリッドカーです。このクルマは、「車体の軽量化」「空力性能の追求」「パワーユニットの高効率化」をテーマに、走る楽しさと世界最高水準の環境適合性能の高レベルな融合を目指して開発されました。車体には同社「NSX」で培われた技術がさらに進化したアルミフレームが採用され、フロントフェンダーなどには、同社「バラードスポーツ CR-X」でも採用された樹脂材が用いられています。なお、ボディタイプについては、初代モデルではハッチバッククーペタイプ、2代目モデルではハッチバックセダンタイプがラインアップされました。このモデルは、2006年に一旦生産・販売が終了しましたが、2009年にフルモデルチェンジが実施され、2代目モデルが販売されました。また、2代目モデルも2014年に生産を終了しましたが、2018年に北米市場において3代目となるシビックの上位モデルのファストバックセダンタイプのハイブリッドカーとして販売が開始されています。この車両の2013年5月発売モデルには、「G」「L」という2種類のグレードが用意されています。このモデルにおいては、内外装が一部改良されており、内装の質感向上が図られている他、リバース連動のウォッシャー付間欠リアワイパーが全車に標準装備されています。また、「L」グレードには、Hondaスマートキーシステムが1個追加されています。ボディカラーに関しては、標準色の「アラバスターシルバー・メタリック」をはじめ、オプションも含めて全5色のバリエーションがあります。※記載の文章は、2018年10月時点の情報です。

車名の由来は?

「インサイト(Insight)」は英語で「洞察力」や「見抜く力」という意味。ホンダではこのハイブリッドカーが「世の中の動きを深くとらえて、環境技術や走る楽しさを提案していく観察眼をもったクルマ」となることを願って命名した。

モデル概要、その魅力は?

1999年に登場した初代インサイトは、ホンダがスポーツカー「NSX」で培ったアルミフレーム技術が注がれている。特徴的なリヤホイールスカートを持つボディのCd値は市販車驚異の「0.25」を記録する。3ドアクーペから5ドアハッチバックに、そしてさらに4ドアセダンと、代が変わるごとに様相を変えながら、新たなエコカー像を追い求め続けるのがインサイトだ。

龍ケ崎市のインサイトをおすすめコンテンツから探す

龍ケ崎市・インサイト(ホンダ)のクルマ情報(中古車両)をおすすめコンテンツから簡単に車両検索できます。

インサイト(龍ケ崎市)の販売店レビュー

インサイト(龍ケ崎市)の販売店レビューをもっと見る

龍ケ崎市・インサイト口コミ件数の多い販売店を探す

龍ケ崎市・インサイト(ホンダ)の販売店情報を簡単に検索できます。

online_close

オンライン商談