沖縄県 中頭郡読谷村 ミライース(ダイハツ)の中古車を探す

モデルで絞り込む

  • ミライース LA350系

    2017年5月~

  • ミライース LA300系

    2011年9月~2017年5月

価格相場・詳細もっと見る

平均価格64.8万円
(中古車価格帯1.5~132.4万円)

カタログ情報・詳細もっと見る

WLTCモード燃費 23.2~25.0km/l
JC08モード燃費 27.0~35.2km/l
10・15モード燃費 30.0~32.0km/l
排気量 660cc

口コミ

総合評価

星 星 星 星 星

4.1345件

外観4.0

乗り心地3.8

走行性能4.0

燃費・経済性4.7

価格4.4

内装3.7

装備3.6

満足度4.3

価格帯
年式※初度登録
ローン月々支払い額
走行距離
ローン頭金(上限)
ローン種類・サービス
   

ローン種類を選択

サービスを選択

グー鑑定条件

車体(車両外装)
内装
機関
骨格(修復歴)

車両条件

燃料
ハンドル
乗車定員
型式
ATミッション詳細
排気量
後部スライドドア
過給器
ドア数
メーカー区分
ボディタイプ
状態
安全装置

装備・仕様・その他

基本装備
安全装置
外装装備
仕様
インテリア
カーナビ種類
TV・モニター
カメラ
AV機器
自動運転
その他

条件指定

2台中1~2台表示

新着順 ▲新 ▼古

本体価格 ▲安 ▼高

支払総額 ▲安 ▼高

年式 ▲新 ▼古

走行距離 ▲少 ▼多

排気量 ▲少 ▼多

車検 ▲短 ▼長

お気に入り

ミライース X SA

本体価格 (税込)

59万円

支払総額 (税込)

69万円

  • 年式2016年
  • 走行2.5万km
  • 車検車検整備付
  • 排気660cc
  • 保証24ヶ月・走行無制限
  • 修復なし

ミッションCVT

カラーホワイト

ボディタイプ軽自動車

法定整備整備込

お気に入り

ミライース X X 本土仕入れ・タイヤ新品・アイドリングストップ・キーレス・電動格納ミラー

本体価格 (税込)

32万円

支払総額 (税込)

37万円

  • 年式2012年
  • 走行9.4万km
  • 車検車検整備付
  • 排気660cc
  • 保証24ヶ月・30000km
  • 修復あり

ミッションインパネAT

カラーシルバーM

ボディタイプ軽自動車

法定整備整備込

ページトップへ戻る

ダイハツ ミライース

グーネットに掲載されている「ダイハツ ミライース」の掲載状況は?

グーネット中古車ではダイハツ ミライースの中古車情報を6,379台掲載しています。
車両価格は1.5万円~132.4万円、最も掲載の多いボディーカラーはホワイトで843台となっています。
ダイハツ ミライース 沖縄県 中頭郡読谷村のみの車両価格は32万円~59万円になります。(2021.07.27)

車種の特徴

2011年9月に発売されたダイハツの「ミライース」は、外観の良さや室内空間の広さ、使い勝手の良さ、優れた安全性能を併せ持った軽自動車です。このクルマは、「エコ(エコロジー+エコノミー)&スマート」をコンセプトとして開発されており、「停車前アイドリングストップ機能」や、同社が開発した「e:Sテクノロジー」が採用されています。フルモデルチェンジ後に市場展開された2代目となる2017年5月発売モデルには、「B」「L」「X SA III」「G SA III」などのグレードが用意されています。このモデルのエクステリアに関しては、立体的かつ存在感のあるバンパー造形により安全性と安心感を表現しているほか、反射板の位置を最適化するLEDヘッドランプによりデザイン性が向上しています。なお、この車両には、「スカイブルーメタリック」や「ブライトシルバーメタリック」など、様々な種類のボディカラーが用意されており、車両重量については、650kg~740kgとなっています。そのほか、このクルマの特別仕様車については、2015年10月に発売された同社「ミラ」35周年を記念した「35th Anniversary ゴールドエディション SA」や、2018年8月発売モデルにラインナップされている「G リミテッドSAIII」モデルなどがあります。※記載の文章は、2018年9月時点の情報です。

車名の由来は?

「ミラ(MIRA)」はイタリア語で「羨望」を意味する言葉。「e:S(イース)」は「eco & smart(エコ&スマート)」の略語になる。エコにはecologyとeconomyの2つの意味を持たせ、「環境意識が高く、シンプルでスマートなライフスタイルを過ごす人に向けたクルマ」であることを示している。

モデル概要、その魅力は?

低コストや環境への意識が高まる近年、多くの人が気軽に乗れる「第3エコカー」をコンセプトに開発され、「ミライース」として2011年に登場する。ダイハツ全体で既存の技術を徹底的に見直し、車両の軽量化をはじめ、トランスミッション・エンジンなどを刷新して従来比で40%もの燃費改善を達成する。また、その技術を「e:Sテクノロジー」と名付け、以降ほかのモデルにも採用されている。

他の地域から探す

中頭郡読谷村の街情報を見る

中頭郡読谷村・ミライース(ダイハツ)のクルマ情報(中古車両)を市区町村から簡単に車両検索できます。

矢印