ページ
トップ

掲載時期 新着順 古い順 本体価格 安い順 高い順 支払総額 安い順 高い順 年式 新しい順 古い順 走行距離 少ない順 多い順 排気量 少ない順 多い順 車検 短い順 長い順

グランドチェロキー ゴールド・シルバー系(クライスラー・ジープ)の中古車を探す

1〜8台

掲載時期 新着順 古い順 本体価格 安い順 高い順 支払総額 安い順 高い順 年式 新しい順 古い順 走行距離 少ない順 多い順 排気量 少ない順 多い順 車検 短い順 長い順

お気に入り

車両本体価格 (税込)

197.8万円

支払総額 (税込)

209.1万円

id車両
グー鑑定車
内装4
外装4
機関/正常
車両状態評価書
  • 年式2012年
  • 走行距離5.0万km
  • 車検2024年3月
  • 排気量3600cc
  • 修復歴なし
  • 保証1ヶ月・1000km

ミッションAT

カラーゴールド

ボディタイプSUV・クロスカントリー

法定整備整備込

購入パックあり

お気に入り

車両本体価格 (税込)

188万円

支払総額 (税込)

218万円

id車両
グー鑑定車
内装4
外装4
機関/正常
車両状態評価書
  • 年式2011年
  • 走行距離6.5万km
  • 車検なし
  • 排気量3600cc
  • 修復歴なし
  • 保証3ヶ月・3000km

ミッションMTモード付きAT

カラーホワイトゴールドクリアコート

ボディタイプSUV・クロスカントリー

法定整備整備無

購入パックあり

お気に入り

車両本体価格 (税込)

115万円

支払総額 (税込)

138.9万円

id車両
グー鑑定車
内装4
外装4
機関/正常
車両状態評価書
  • 年式2012年
  • 走行距離9.5万km
  • 車検2023年6月
  • 排気量3600cc
  • 修復歴なし
  • 保証保証無

ミッションAT5速

カラーシルバー

ボディタイプSUV・クロスカントリー

法定整備整備込

お気に入り

車両本体価格 (税込)

398.8万円

支払総額 (税込)

423.8万円

id車両
グー鑑定車
内装4
外装4
機関/正常
車両状態評価書
  • 年式2017年
  • 走行距離4.8万km
  • 車検なし
  • 排気量3600cc
  • 修復歴なし
  • 保証1ヶ月・走行無制限

ミッションAT8速

カラービレットシルバーメタリック

ボディタイプSUV・クロスカントリー

法定整備整備無

購入パックあり

お気に入り

車両本体価格 (税込)

98万円

支払総額 (税込)

129.8万円

  • 年式2005年
  • 走行距離3.1万km
  • 車検車検整備付
  • 排気量4000cc
  • 修復歴なし
  • 保証1ヶ月・1000km

ミッションAT4速

カラーシルバー

ボディタイプSUV・クロスカントリー

法定整備整備込

お気に入り

車両本体価格 (税込)

68万円

支払総額 (税込)

99.8万円

  • 年式2000年
  • 走行距離5.5万km
  • 車検車検整備付
  • 排気量4000cc
  • 修復歴なし
  • 保証1ヶ月・1000km

ミッションAT4速

カラーシルバー

ボディタイプSUV・クロスカントリー

法定整備整備込

お気に入り

車両本体価格 (税込)

158万円

支払総額 (税込)

189.8万円

  • 年式1998年
  • 走行距離4.0万km
  • 車検車検整備付
  • 排気量4000cc
  • 修復歴なし
  • 保証1ヶ月・1000km

ミッションAT4速

カラーシルバー

ボディタイプSUV・クロスカントリー

法定整備整備込

この条件でよく検索しますか?

クライスラー・ジープ グランドチェロキー | ゴールド・シルバー系

新着お知らせメールを受け取る

グーネットからのお知らせ

クライスラー・ジープ グランドチェロキー

グーネットに掲載されている「クライスラー・ジープ グランドチェロキー」の掲載状況は?

グーネット中古車ではクライスラー・ジープ グランドチェロキーの中古車情報を335台掲載しています。
車両価格は38万円~930万円、最も掲載の多いボディーカラーはブラックで70台となっています。(2023.02.02)

車種の特徴

クライスラー・ジープにおける最上級モデルの「ジープ・グランドチェロキー」は、1992年に生産がスタートし、1993年に日本市場で展開されたSUVタイプの自動車です。ジープブランドがAMCからクライスラーに移ってから初めて発売されたモデルであり、同ブランドのコンセプト「Go anywhere,do anything (どこへでも行ける、何でもできる)」の精神を受け継いで開発がされました。この車両の4代目モデルに関しては、オンロード性能を向上させつつも、代々引き継がれてきたオフロード走破性を維持しています。さらに、この4代目では、同社で初めてクォドラリフトエアサスペンションシステムが採用されています。2018年6月発売モデルには、グレードとして、3.6Lエンジン搭載の「サミット」「リミテッド」「ラレード」や、6.4Lエンジン搭載の「SRT8」がラインナップしています。同モデルでは、従来より高い光度を持つLEDデイタイム・ランニング・ライトが採用され、被視認性が高められています。また、オーディオナビゲーションシステムの「Uconnectシステム」がアップグレードされ、「Android Auto」と「Apple CarPlay」に対応しました。※記載の文章は、2018年9月時点の情報です。

車名の由来は?

1993年に驚異的な販売台数を誇っていたフォード「エクスプローラー」。これに対抗するべく登場したのがSUV「グランドチェロキー(Grand Cherokee)」だ。「チェロキー」は、北米先住民族「チェロキー族」のことで、彼らの勇敢さが伝わるネーミングとなっている。「グランドチェロキー」は、1974年から存在する「チェロキー」よりもひとまわりサイズが大きい。

モデル概要、その魅力は?

高次元の走破性を可能にするタフなメカと、ロングドライブでの快適性を両立させたSUVが「グランドチェロキー」だ。初代から駆動方式はFRと4WDを選択できる。モデルチェンジのたびにサイズアップし、内装も豪華で快適になっている。とくに3代目(2005年)以降顕著で、クロスオーバーSUVと呼ぶに相応しい。

色からジープ・グランドチェロキーの中古車を探す

クルマ情報(中古車両)を色から簡単に車両検索できます。

ジープ・グランドチェロキー口コミ件数の多い販売店を探す

販売店情報を簡単に検索できます

矢印