(株)カーコンサルエコー

レビュー
作業実績
311件
  • その他修理・整備
  • スズキ アルトラパン

2018年02月24日 17:56ブレーキパイプ腐食 予防整備

スズキ【ラパン】ブレーキパイプ腐食、予防整備のご紹介です。
当初、マフラー交換修理でご入庫されましたが、その作業の際に
ブレーキパイプにかなり腐食が進んでいることが見つかりました。
ブレーキフルードの漏れ滲みは現在発生していないので、すぐに
でも交換しなければならない状態では無いものの、このままでは
近い内に必ず必要となる整備だと予想されます。
お客様にご報告したところ、部品入荷後に交換のご了解を頂きました。

ブレーキパイプの役割は、フットブレーキを作動する際に使う
フルード(オイル)の通り道であり、マスターシリンダからの
油圧を前後のブレーキに伝えて作用します。

もし、ブレーキパイプに突然穴が開いた場合には、
ブレーキペダルを踏んでも油圧が伝わらないので、踏み抜けてしまい
ペダルがカパカパになる恐れがあり考えただけでも肝冷やす光景です。

部品図を見るとブレーキパイプが前後で分かれています。
今は殆どの車種のABSユニットがエンジンルームにあり、ブレーキ
パイプが、そこから後ろまでずっと続いていますが、この場合はリヤ
側のみの取替が出来るので、製造コストはかかっても親切?な設計に
思えます。

ここ最近ではフィットの右後輪用のブレーキパイプを交換してます。
エンジンルームのABSユニットから後ろまで繋がってる丸々一本を
交換するに辺り、作業個所も増えてしまいます。
邪魔になるところは、燃料タンクや足回りを逃げて取付が必要なので、
工賃含め四万円程になったことが記憶として新しいです。
ちなみにブレーキパイプの部品代は6千円とチョットです。

それでは作業を開始します。

今回交換する新品パイプはコチラ↓↓
バルブからの後輪2本を取替ます。

丁度、後部座席・足元・裏側のバルブから後側2本になります。
リヤアクスル上部の取付側は融雪剤が特に溜まる模様で腐食が大きく、
フレアナットとパイプが腐食で固着しており、ねじり切れました。
途中にあるパイプガイドはドライヤーで温めてやると割れずに脱着が
し易くなります。

残る作業は、ブレーキシステム内のエア抜きを行い、液漏れ点検。
ブレーキテスターで制動力を確認しお客様へ引き渡しとなります。

融雪剤が影響する土地柄ならではの整備ですが、
こういった不具合を予防するために定期的な防錆処理や、下廻り洗浄など
のケアをする事が、長く乗り続けるために必要と言えます。

対象車両情報

メーカー・ブランドスズキ車種アルトラパン
(株)カーコンサルエコー
〒990-2334 山形県山形市蔵王成沢字町浦474-4
  • 無料電話お気軽にお電話下さい!
    0066-9746-1987
  • お気に入りに追加
  • 無料でお問合せ・お見積り

(株)カーコンサルエコー

指定工場:第7266号

山形市付近でクルマのメンテナンスのことなら相談できる「くるまやさん」カーコンサルエコーです!

レビュー
  • 4.88
作業実績
311
営業時間
月水木金土 10:00~19:00
10:00~18:00
定休日 
:火曜日 定休日:火曜日・祝日・第二土曜日
住所
:〒990-2334
山形県山形市蔵王成沢字町浦474-4
アクセス
:国道13号線沿いヤマザワ成沢店様の交差点を曲がり東へ、つきあたりを右へ、当社があります
無料電話
0066-9746-1987

この店舗の新着作業実績

この店舗の作業実績を検索

車種

メニュー

この店舗の新着レビュー