ガソリン車用オイルの特徴と交換時期の目安

ガソリンエンジン車には、燃料やエンジンの仕組みにより、ディーゼルエンジン車用のエンジンオイルとは特性が異なるオイルが用意されています。ディーゼルエンジンは、エンジン内部にススが出やすく、オイルで浄化する必要があるため、強めの添加剤が入れられていることが特徴です。一方のガソリンエンジンは、ハイブリッドからスポーツカーまで多種多様なエンジンに対応するため、幅広い粘度やグレードのオイルがラインアップされています。ベースオイルだけでも、原油を蒸留して精製した安価な「鉱物油」、原油を高度な技術で精製した「化学合成油」、これらを混合した「部分合成油」があります。ガソリン車のオイル交換時期は、1年(15,000km)などの基準がメーカーによって設定されているため、ディーラーとも相談しながら交換時期を決めるのがおすすめです。エンジンオイル交換の際には、取扱説明書に記載された指定の粘度を守ること、使用状況に応じた交換頻度を守ること、オイルフィルターなども合わせて交換することなどが重要になってきます。

ガソリン車用(オイル交換)の整備工場レビューNEW

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

ガソリン車用(オイル交換)の作業実績

人気車種ランキング【ガソリン車用(オイル交換)】

新着の作業実績【ガソリン車用(オイル交換)】

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

ガソリン車用(オイル交換)に使えるクーポン

  • 1
  • 2

そもそもエンジンオイルって何?
エンジンオイルガイド

エンジンオイルの役割
なぜエンジンオイルの交換が必要なの?
エンジンオイル交換の目安などを詳しく紹介します。

エンジンオイルってどんな種類がある?
エンジンオイルの選び方

エンジンオイルの種類と特徴
エンジンオイルの規格と粘度についてなどをご紹介します。

知らないと損する!?車検や修理の豆知識
オイル交換の豆知識あれこれ

オイル交換に必要な基本的な知識や流れなど、オイル交換に関する事をご説明します。

×