プロの防錆技術をレポート

車検・オイル交換・キズ・ヘコミ
クルマのことならグーネットピット

その他修理・整備 [2021.01.30 UP]

プロの防錆技術をレポート

大切の車だからプロショップの防錆を

クルマのボディやシャシーは
一部を除いてそのほとんどが鉄でできている。
鉄にとって錆は大敵。
愛車をいつまでも大切に乗り続けるためには、
錆からクルマを守ることが大切だ。

話を聞いた人:株式会社コルトスピード 技術顧問 渡邊洋幸さん

価値あるクルマを
後世に残すために

 自動車のボディやシャシーに使用されている金属パーツには防錆処理が施されているが、その処理は完全ではない。雪の多い地方では融雪剤による錆の被害が認知されているため、新車時に追加で防錆処理を行うユーザーも多い。雪の少ない地方でもボディやシャシーの隙間に泥や水分が入り込み、見えない部分から錆が発生している場合もある。大切なクルマを長く乗り続けるために防錆は重要だ。
 三菱車のチューニングやレース活動でも知られるコルトスピードでは、車両の防錆に力を入れ、スウェーデンの防錆剤専門メーカーであるノックスドールの防錆処理を採用している。
「クルマのシャシーやボディは錆が出てからでは遅いんです。チューニングやボディのコーティングと同じように、防錆のことも考えて欲しい」というのはコルトスピードの技術顧問である渡邊洋幸さん。
「当社では1年ほど前からノックスドールを導入しました。メインで扱っているランサーエボリューション・シリーズのオーナー様は愛車を大切にされ、こだわりを持った方が多く、多くの方に施工いただいております。ランサーをはじめ、三菱車を専門に取り扱っておりますので、車両の構造や錆に弱いポイントなども熟知しています。ノックスドール製品の輸入・販売を行なっている(株)創新との協力のもと、車種に合わせて数種類の防錆剤を使用し、独自の施工方法を行っています。エンジンや足回りの不具合であればパーツの交換で対応できますが、ボディやシャシーの錆、腐食による不具合は簡単には修理できないことも多いんです。先日もエボリューション9のリフレッシュを行いました。燃料タンクの後ろ、デフのメンバー部分のボディパネルが錆びていたので交換しようとしたのですが、すでに生産終了でもうパーツは出ませんでした。この部分は錆びやすいのですが、新品のパーツはもう入手できないんです。エボリューションXもすでに生産が終了しましたから、いずれはパーツも手に入らなくなります。ランサー・エボリューションは古いシリーズでもまだまだ価値の高いクルマですから、錆で修理ができなくなるのは悲しいですよね。エンジンの修理は可能でもボディの修理ができないクルマも多いんです。価値あるクルマを残していくためにも、防錆処理の必要性を知って欲しいですね。」
 施工費用は今回施工したランサー・エボリューションXの場合、基本料金が7万5000円+フロントバンパー内施工9000円、ドアパネル内施工(4ドア)9000円。ここにパーツの脱着や下回りの洗浄がプラスされる。装着しているパーツにより費用は異なるが、10万9200円からとなっている。

今回ノックスドールで防錆を行うのは三菱・ランサーエボリューションX。下回りも非常に綺麗で錆などないように見えるのだが。

サスペンションアーム付近のサブフレームには錆が出ている。空洞になっている部分では目に見えなくても錆びていることも多い。

パネルの隙間に浸透するもの、パネルを覆って分厚い皮膜を作るものなど、複数の防錆剤と専用の吹き付けガンを使用して施工する。

700と呼ばれる液剤は浸透性が高く、パネルの合わせ目などにも浸透して防錆する。ドアパネルの内側などに噴霧して施工する。

ノズルの先からは液剤が霧状になって噴射される。スプレーガンが届かないパネルの隙間やフレームの合わせ目などを施工する。

水抜きのために開けられたフレームの穴だが、この部分に泥や水分が溜まって中から錆が進行することが多い。たっぷり噴霧して防錆。

下回り全体は1600と呼ばれる液剤を塗布。1600は硬化しない柔らかい液剤で、固まってひび割れることがないので、下回りをこすっても剥がれにくく長期間防錆してくれる。

コルトスピードではパーツの脱着時には錆びがひどいネジは全て交換している。小さなパーツから錆を誘発することもある。

ホイールハウス内は泥などが付着しやすく錆の発生が起きやすい部分。隙間までしっかり防錆を行うことで錆の発生を防ぐ。

取材協力 コルトスピード

●所在地/神奈川県厚木市酒井3080
●営業時間/10:00ー19:00
●定休日/水曜日(ショールーム)
●http://www.colt-speed.com

三菱車を専門にアフターパーツの開発、販売を行うパーツメーカー。チューニングだけでなく、ショップではメンテナンスのメニューも充実し、三菱車なら車両の購入からレース車両の製作までなんでもお任せすることができる。

グーネットピット編集部

ライタープロフィール

グーネットピット編集部

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、
自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、
自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む
整備工場探し私がご案内します
×

img_backTop ページトップに戻る

タイトルとURLをコピーしました