ネットオークションでやっちまった(T^T) ぽんこつジムニー路上復帰計画 その4-2

車検・オイル交換・キズ・ヘコミ
クルマのことならグーネットピット

整備・修理・塗装・板金
掲載日:2022.11.25 / 更新日:2022.11.25

ネットオークションでやっちまった(T^T) ぽんこつジムニー路上復帰計画 その4-2

「エンジン好調」ということでネットオークションで衝動買いしたジムニー。ところがエンジンはバルブが欠け、スラッジだらけの悲惨な状況。エンジンを修理していざ、路上へ。と思ったら、ハブ周りも散々な状況だった…。

●文:橘 祐一 ●作業:高山則政

まだまだ問題が山積み!ハブ周りを直して車検への巻
ジムニーJA22Wはこんなクルマ
購入したのは平成8年式のジムニー[JA22W]。新開発のオールアルミ製エンジンK6Aを搭載する。ボディは1981年発売のSJ30から引き継ぐものの、サスペンションはリーフからコイルに変更されている。

ハブ周辺の状態も、やっぱりひどい……

ハブ周りの分解図。ドライブシャフトはアクスルハウジングを貫通しているが、ハブ側にシャフトのオイルシールがある。ホイールまで漏れているオイルはデフのギヤオイルなのか?
フリーホイールハブのキャップボルトを緩めてハブ周りから分解していく。ところで、このジムニーは4WDで乗られたことがあるのだろうか?
キャップを取ると、赤い泥状になったグリースが。何年間この状態になっているのだろうか?これではハブの切り替えは出来ないのでは!?
フリーホイールハブを外す。相変わらず厳しい状態が続く。車軸のスプラインまで真っ茶になっているのだが、大丈夫なのか?
右も分解してみる。なぜか左側と違っており、グリースは変色していて程度は良いとは言えないが、希望が持てるレベル。
パーツクリーナーでグリースを洗い落としていくと、ドライブシャフトのスプライン上にサークリップが現れてきた。
スナップリングプライヤーでクリップを開きながら、外側に移動して外す。これはドライブシャフトの位置決め用だ。
ロックナット用のロックプレートを外したけれど、本体のナットを回すのにはSSTが必要と判明。すぐには入手できない状況だったので、穴にフラットポンチを挿し、ハンマーと棒を使って叩いて外すことにした。ちょっと乱暴かも。。
回転部のネジ類が緩んだのでブレーキキャリパーを外し、サポートブラケットも外しておく。ここからブレーキローターを外す。
ハブを手前に引き出して外す。ホイールベアリングはこの中に圧入されている。洗いながら作業しているのできれいになった。
中空の軸を抜き取る。黒い部分はドライブシャフト。潤滑用のモリブデングリスがてんこ盛りだ。
整備工場探し私がご案内します
×

img_backTop ページトップに戻る

タイトルとURLをコピーしました