吸排気系修理・整備

エアクリーナー、インテークマニホールド、エキゾーストマニホールド、マフラー、テールパイプなど、エンジンで燃料が燃焼するために必要な空気(酸素)を取り込んだり、燃焼後に発生する排気ガスを車外へ出す装置を、吸排気系装置と言います。また、排気ガスの有害物質を減らす触媒と、酸素量を測定するO2センサーもそれに含まれます。触媒とO2センサー以外は、筒状のパーツですが、いずれも燃費性能の維持や環境保全、騒音防止のためになくてはならないものです。ここでは、吸排気系パーツの修理や整備について解説をします。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.