車検から車の修理・整備・点検まで、車整備専門店検索グーネットピット

知らないと損する!?
車検や修理の豆知識ならグーネットピット

車検・オイル交換・キズ・ヘコミ
クルマのことならグーネットピット

整備・修理・塗装・板金 [2021.11.26 UP]

農道ポルシェ、SUBARUサンバーを快走仕様「シート座面 張替えで快適&新品同様に 2」

■ Photo&Text Masahiro Kan  ■ 協力 星野自動車内張製作所 0463-22-2861 http://www.hoshinoseat.com
 走り出して四半世紀が経った我がサンバー。走行距離も18万キロ。7000キロ弱@年という数字だ。その時間はドライバーが乗っているわけで、安普請なシートは当然のごとくヘタリも激しい。ドラポジをとってみるとワンボックスの欠点であるドア側の沈み込みが激しい。ギャップを超えると尻は容赦無くボディへ叩きつけられる煎餅座布団状態。なんとかしたい

●作業の手順をご紹介! Part1

ブロックを追加ブロックを追加ブロックを追加ブロックを追加ブロックを追加ブロックを追加ブロックを追加ブロックを追加ブロックを追加

ヘタりきったKV3のシート。シートレールを外した状態で各部点検してみた。ドア側の座面ヘタリが酷く、かなり潰れているのがわかる。表皮のビニールレザーがパックリ割れた座面とショルダー部分。座面中央にタバコの穴。スプリング部分と前側にある金属板は伸びて、ウレタンとの間にかなり隙間がある。そのほか金属部分は長年の使用で全体に錆が出ているが、ネジやロック機構に関しては問題ないレベル。

今回は座面だけの修正となるが、表皮などを剥がすためにシート全体を分解していく。微妙にネジ類が異なるのでしっかりとメモを。
シート表皮はネジ以外にホグリングと呼ばれる金属でできたリングで固定されている。再使用はできないので、ニッパーでカット。
シート表皮はズレないように、意外なところでも固定されている。表皮のパーツは型紙や再使用する箇所もあるので、丁寧に分解する。
シートのウレタンが取り出された状態。表面はオレンジ色にかなり変色していて、全体が酸化してもろくなっているが、弾力はまだある。
座面のドア側の乗り降り部分は全体が薄くなり、圧力に耐えられず理れてしまった部分と表面が摩擦によってボロボロに劣化している。
ウレタンの裏側を見ると本来の色が確認できる。オレンジ色は相当劣化の証。フレームの細かな修正もこの時に行っておく。
ウレタンはかなりの部分が劣化で切れてしまいっていた。深くクラックが入っているのでゴム系の接着剤を噴霧して内部まで接着。
波状のスプリングや座面手前の金属プレートも劣化で伸びてしまっているが、溶接部分はしっかりしていたので、修正だけにした。
フレームの上にウレタンを置いて座ってみて、どこがへたっているかを体を動かしてみて確認する。明らかに右側に体が傾く。
ウレタンを曲げてみると随所にクラックが入っていることが確認できたので、ぐいぐい曲げながらゴム系接着剤を流し込んで固定。
フレームの上にウレタンを置くと、スプリングの部分でかなりの隙間が。ウレタン全体が痩せて劣化し、座るとここまで沈むことに。
クルマの防音などで使用する厚手のフェルトマットを2枚重ねてスプリングとの間に接着挿入。この状態でかなりコシのある座面に変身。
伸びた金属プレートの部分は大腿を支えるところなので、伸びた分をさらに2枚のフェルトシートを挿入してドラポジを追求した。

今回お世話になったのは「株式会社星野自動車内張製作所」

関東地区では最も古いと言われる70年以上の歴史を持った自動車内張修復の専門業者さん。車の内装やシートで疑問があったらなんでも問い合わせてみるといいだろう。


●株式会社星野自動車内張製作所 
神奈川県平塚市中堂17-20 Phone 0463-22-2861


整備工場探し私がご案内します
×

img_backTop ページトップに戻る

タイトルとURLをコピーしました