車検から車の修理・整備・点検まで、車整備専門店検索グーネットピット

知らないと損する!?
車検や修理の豆知識ならグーネットピット

車検・オイル交換・キズ・ヘコミ
クルマのことならグーネットピット

車検 [2018.08.29 UP]

車検切れの車で県外の仮ナンバーの取得はできるのか

自分の住んでいる都道府県外の中古車店で車を購入した場合や、オートオークションで車を購入した場合など、居住する管轄以外のナンバーが付いていることもあると思います。それらの車の車検が切れている場合は、仮ナンバーを取得すれば、名義変更や住所変更などを行う陸運局へ自走することも可能です。ではそんな時、県外の仮ナンバーを取得することはできるのでしょうか?また、県外ナンバーのまま車検を継続することはできるのでしょうか?今回は車検切れの車で県外の仮ナンバーの取得はできるのかについて解説します。

仮ナンバーとは

ではそもそも仮ナンバーとはどのようなものなのでしょう?車検が切れている車で公道を走ることはできません。万が一公道を走ってしまうと、「無車検運行」となり非常に厳しい罰則を受けることになります。しかし、車検を受けるためには整備工場や陸運局へ車両を持ち込む必要があります。キャリアカーを持っている業者であれば問題ありませんが、そうでなければその車両を自走で運送する必要が出てきます。そんな時に取得するのが仮ナンバーになります。仮ナンバーは検査などの理由でやむを得ず公道を走行する場合にのみ、申請が認められます。そのため、経路、期間、目的なども申請書類に明記する必要があり、単なる運行などそれ以外に使用することはできません。

県外の仮ナンバーの取得はできるのか

では県外の仮ナンバーの取得はできるのでしょうか?仮ナンバーは県外ナンバーでも取得可能です。しかし仮ナンバーは上記でも述べたように、車検の継続検査を受けるために一時的に使用が認められるものであり、かつ許可を申請する所轄のエリアが運行経路(出発地点、中継地点、到着地点)のどれかにかかる都道府県でなければなりません。例えば、東京から千葉に移動するのに、北海道の仮ナンバーを取得することはできないということになります。

県外ナンバーの車検を継続することはできるのか

では車検時に今住んでいる都道府県とは別の都道府県のナンバーを継続することはできるのでしょうか?まず車検を受けること自体は、日本全国どの都道府県でもできます。その時点で住民票を移していなければ、車検時に県外ナンバーを継続することは可能です。しかしながら、道路運送車両法により住所変更があった場合は、原則15日以内に変更手続きを行う必要があります。車検証の住所変更をすれば、ナンバーも変わることになるので、原則として県外ナンバーを継続することはできないということになります。

県外ナンバーで登録するメリットやデメリットは?

では県外ナンバーで登録するメリットやデメリットはどのようなものがあるのでしょう?まずメリットですが、上記でも述べたように住所変更をしないということは違法になりますので、手間以外のメリットは無いと考えてよいでしょう。ではデメリットはどのようなものがあるのでしょう?デメリットは以下のように多くのものが挙げられます。

・法律違反になる(罰則規定がある)
・自動車税などの支払いに関する書類が届かない
・リコールなどの際に通知が届かない
・交通違反などを犯した際の本人確認に手間がかかる
・定期点検や車検の際にナンバーの変更手続きが発生する
・廃車手続きや下取りに出す際に手間がかかる

引っ越しをした際に、車検証の記載変更は忘れがちなことになります。しかし車検証の記載とナンバーを変更しないままでは違法になるだけでなく、上記のように多くのデメリットがあります。今のナンバーに愛着があったり、ナンバー変更の手続きに手間がかかるからと思う人も多いでしょうが、ナンバーが変更になるエリアへ住所変更をした場合には車検証とナンバーの変更も速やかに行いましょう。

グーネットピット編集部

ライタープロフィール

グーネットピット編集部

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、
自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、
自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む
整備工場探し私がご案内します
×

img_backTop ページトップに戻る

タイトルとURLをコピーしました