車検から車の修理・整備・点検まで、車整備専門店検索グーネットピット

知らないと損する!?
車検や修理の豆知識ならグーネットピット

車検・オイル交換・キズ・ヘコミ
クルマのことならグーネットピット

車検 [2018.08.29 UP]

ディーラー車検はメーカー違いの車でも問題なくできるのか

大事な愛車を維持するためには、新車登録から初回は3年後、以降は2年毎に車検を受ける必要があります。車を安全に走行するためにも大切な車検ですが、定期的に車検に出すのは費用面でも大きな負担となります。また、忙しい合間を縫って車検を実施する際、近くに保有する車のディーラーがない場合はどうでしょう。そんな時、自分が保有している車と違うメーカーのディーラーが近くにある場合、そこで車検を受けることができるのでしょうか?ここでは、メーカー違いの車をディーラー車検に出すことは問題ないのかについて説明をしていきます。

メーカー系のディーラー車検では、違うメーカーの車でも対応してくれる?

自分の車と違うメーカーのディーラー車検ですが、実際は違うメーカーの車でも車検に対応してくれるケースが多いようです。そのため、時間が取れない場合や近くに保有するメーカーのディーラーがない場合、違うメーカーの車でも依頼をすれば基本的に問題なく車検を受けることができるでしょう。ただし、実際にはディーラー車検に含まれる定期点検の整備の面では必ずしも問題がないとは言い切れません。

メーカーが違うことでメリットやデメリットはある?

メーカー車検の特徴は自動車メーカー系列のディーラーにて、その車に熟知したスタッフが自社内にある整備工場で対応してくれる点です。ディーラー車検はメーカーの系列ディーラーが行うため、ディーラーにしか提供しないマニュアルや技術・ノウハウが存在します。そのため、メーカーが違う車を持ち込んだ場合、自社の車をメインで整備しているディーラーにとっては整備経験が少ない中で車検を行うことになってしまいます。メーカーが違っても基本的に整備内容は同じですが、本来ディーラーが独自に持っている経験や整備技術という点では、メーカーが違う車の場合には特別なメリットは得られないかもしれません。ただし、ディーラーは主に自社で販売した車両のメンテナンスや車検を中心に行うため、今後自社のユーザーになってくれる可能性があれば、親身になって接してくれる点は最大のメリットと言えるかもしれません。またメーカーが違う場合のデメリットとして、部品交換が必要になった場合やディーラー車検では対応ができない項目が発生した際の問題が挙げられます。特に車種やメーカー専用の診断システムを必要とする場合などは、メーカー系のディーラー車検に対応を依頼したり、部品を取り寄せたりする必要があります。その場合には余分な時間がかかってしまうため、通常より時間がかかってしまう可能性がでてきます。

ディーラー車検以外にも民間車検などで車検が受けられます

ディーラー車検はメーカーが違う場合でも、同様の整備を受けることができます。しかし、部品の交換や特殊な治具や工具が必要となるなど、ディーラー車検で対応できない場合、結果として車検の時間や費用が想定以上にかかってしまう可能性があります。現在はディーラー車検以外にも民間車検やフランチャイズ車検、そしてカー用品店などでも車検を受けることができるようになっています。そのため、ディーラー車検以外にも、自分の目的に沿った選択の幅が広がっています。保有する車とは異なるメーカーのディーラーへ車検を依頼する場合は、余裕を持って実車を診てもらいながら相談することをおすすめします。大切な愛車をいつまでも安全に乗り続けるためにも、自分の目的にあった車検業者を選んで納得のいく車検を受けるように心掛けましょう。

グーネットピット編集部

ライタープロフィール

グーネットピット編集部

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、
自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、
自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む
整備工場探し私がご案内します
×

img_backTop ページトップに戻る

タイトルとURLをコピーしました