車検から車の修理・整備・点検まで、車整備専門店検索グーネットピット

知らないと損する!?
車検や修理の豆知識ならグーネットピット

車検・オイル交換・キズ・ヘコミ
クルマのことならグーネットピット

車検 [2018.08.29 UP]

車検での追加請求は何が原因なのか?回避方法はある?

大きな出費が伴う車検の費用をできる限り安く抑えたいというのは、車に乗っている人であれば誰でも考えることではないでしょうか。比較的走行距離の短い車でさえ、場合によっては車検の料金が割高になることはあります。そのため、車検を業者へ依頼する際は、地域最安の車検専門店や、他社よりも安価で車検が受けられるなどの言葉についつい惹きつけられることもあるでしょう。実際に安く車検を通せるのなら良いのですが、いざ車検を実施してみると、追加請求で当初の見積金額よりも高額になってしまったということもしばしば耳にします。ここでは、車検の追加請求をできる限り回避するための方法や追加請求が起こる原因を解説します。

車検の追加請求の主な原因は?

追加請求が起こる主な原因は、車両の状態や車検業者とのコミュニケーションなど、色々考えることができます。まず、事前の見積りの際には、車検業者の経験や車の走行距離、程度や年式などから判断して、概算費用を提示します。これは、あくまでも見積金額は目安となる概算であり、その料金が確定という訳ではありません。また電話で無料見積りを行ってくれる代行業者の場合、実際に車両のメンテナンスの程度や状態を目視で確認している訳ではないので、実際に車検のための事前整備により、料金に誤差が出るのは仕方がないことだとも言えます。

車検の際に追加請求を回避する方法はあるのか?

追加請求とは、いわゆる最初に提示された見積りの料金と実際に支払う料金の違いに差異があることであり、実車に基づいた精度の高い見積りを作成してもらうことで追加請求を極力回避することが可能です。そのため、新車登録から年数が経過している、走行距離が長い、普段あまりメンテナンスをしていない、などの車両の場合は、電話だけの概算見積りに頼らず、実車を診てもらい見積書を作成する業者へ車検を依頼することも重要です。また、最近では立会い車検と言い、整備士と一緒に自分の車の状態を確認して、依頼者の納得する形で車検や修理をしてくれるサービスを実施する車検業者もあるので、うまく自分に合ったサービスを利用することでも追加請求を回避することができます。

追加請求のない明瞭な車検費用とは?

お客様の興味を惹くために価格優先の広告を行い、いざ車検を依頼してみると追加料金が発生するなどのケースも想定されます。また、ディーラー系の車検業者では独自の高い基準を設け、マージンを持って消耗品や部品交換を行う場合もあります。追加費用そのものが善悪ではなく、本当に必要な費用なのか、車検を依頼する前に実車を診て、依頼する側が納得できる精度の高い見積りの提示が重要であるとも考えられます。もちろん、必要のない整備をしたり、あいまいな基準で部品交換を行ったりと、実際に見積りの料金と請求料金にかなりの差があっても、知識がないため泣き寝入りするしかないといったケースは論外と言えるでしょう。車検の追加請求を受けないためには、事前の見積りをしっかりしてくれる信頼できる業者を選ぶことが重要です。決して価格の安さだけで判断せず、部品の交換が必要な理由なども説明してくる車検業者に依頼することで、トラブル回避が可能となると言えるでしょう。

グーネットピット編集部

ライタープロフィール

グーネットピット編集部

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、
自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、
自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む
整備工場探し私がご案内します
×

img_backTop ページトップに戻る

タイトルとURLをコピーしました