車検から車の修理・整備・点検まで、車整備専門店検索グーネットピット

知らないと損する!?
車検や修理の豆知識ならグーネットピット

車検・オイル交換・キズ・ヘコミ
クルマのことならグーネットピット

車検 [2018.08.29 UP]

飛び石によって傷ついたフロントガラスやヘッドライトは車検に通るのか

フロントガラスやヘッドライトに傷がついてしまったという経験を持つ方も多いでしょう。飛び石による傷は予防するのは難しく、高速道路を走行中についてしまった傷などは諦めざるをえないところです。前方を確認することができないほどの大きな傷や、注意して見なければ気付かないほどの小さな傷など、傷の大小は様々です。ここでは、フロントガラスやヘッドライトの飛び石による傷はそのままで車検に通るかを説明します。

フロントガラスやヘッドライトの安全基準とは?

フロントガラスとヘッドライトは、重要な保安部品であり細かな安全基準が設けられています。基本的にこの安全基準を満たしていない場合には、車検に通りません。フロントガラスの安全基準は2つあり、1つは損傷した場合も運転手の視野を確保できるもの、もう1つは安易に貫通されないものになります。具体的な状態が明記されておらず、検査官次第なところもあるでしょう。一方ヘッドライトにおいては擦り傷程度なら問題ないようですが、内部の光が漏れるくらいの傷やヒビや欠損などが見られる場合は車検検査が不合格になります。

飛び石などでついた傷を放置することでどんなリスクがあるか?

どんなに小さな傷でも放置しておくことにデメリットはあってもメリットはないでしょう。車は一歩間違えれば自分の命ばかりか人の人生を狂わせる道具でもあるため、極力事故や故障につながる不具合は避けたいところです。特に、フロントガラスは運転手の視野を確保するのに大事な役割を果たす重要な場所です。小さな傷やヒビであっても、高速を走行して大きな風圧を受ける場合や路面からの衝撃を受け、歪みによりガラスのヒビが拡大してしまうなど、条件が揃えば状態は悪化することが考えられます。また、温度変化や振動、水の侵入、積雪による重みなどで亀裂が広がることもあり、視野を確保できずとても危険です。

飛び石によってできた傷は自分で修理可能か?

フロントガラスやヘッドライトガラスの傷は程度によりますが、交換せず修理できる場合もあります。実際に市販でもフロントガラスやヘッドライトの傷を直す道具は販売されています。ヘッドランプの場合は、粒子の細かなコンパウンドで磨くか業者にポリッシュしてもらうことで軽微な傷であれば取り除くことが可能です。また、わずかな欠け程度のフロントガラスの傷であれば、傷の表面を目立たなくなるよう、傷を埋める市販の補修剤によりDIYで対応することもできます。表面をなめらかにすることで、傷に集中する風圧からのストレスを軽減することができます。しかしながら、フロントガラスのヒビや欠損の大きさによっては、修理が難しい場合もあり、DIYをすることで、より悪化してしまうということも考えられます。安全運転の観点からも、きちんとプロに依頼して補修する必要があると言えるでしょう。飛び石の傷は程度により車検に通るときも通らないときもあるようです。程度によっては自分でも補修はできますが、多少の知識が必要になるため、安全性の担保からも業者に依頼することをおすすめします。特にフロントガラスのヒビは事故の要因ともなるため、そのまま放置せず早急に適切な対応が必要です。業者に補修を依頼する場合、自分で直すよりももちろん料金は高くなりますが、決して自分で判断せず、安全性を優先すべきでしょう。

グーネットピット編集部

ライタープロフィール

グーネットピット編集部

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、
自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、
自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む
整備工場探し私がご案内します
×

img_backTop ページトップに戻る

タイトルとURLをコピーしました