車検から車の修理・整備・点検まで、車整備専門店検索グーネットピット

知らないと損する!?
車検や修理の豆知識ならグーネットピット

車検・オイル交換・キズ・ヘコミ
クルマのことならグーネットピット

車検 [2018.08.29 UP]

車にフロントスポイラーを付ける意味や効果とは?車検には通るのか

車は新車販売される時点で安定した安全走行ができるように自動車メーカーが設計・デザインしており、エアロパーツやタイヤ&ホイールなどドレスアップパーツを後から追加したり交換することで、さらに走行安定性能の向上や内外装を自分の好みへとカスタマイズすることができます。しかし、保安基準を満たしていないエアロパーツを選んでしまうと、そのままでは車検に通すことができなくなってしまいます。ここでは、フロントスポイラーの役割や効果、車検に関する保安基準について紹介します。

フロントスポイラーとはどんな部品?車のどこに付ける物?

車のフロント部分やバンパーに取付けるエアロパーツを総称して、一般的にフロントスポイラーと言います。フロントスポイラーには多くの種類があり、フロントバンパーとの一体となったフロントバンパースポイラー、フロントバンパーの下部に装着するタイプはフロントアンダースポイラーやリップスポイラーと呼ばれています。また、従来取付けられているフロントバンパーを残したまま付加するタイプは、ハーフスポイラーと呼ばれており、フロントスポイラーは構造や形状、装着する場所によって区別されています。

フロントスポイラーは何のために付けるの?付けることでどんな効果が得られるの?

エアロパーツとして人気の高いフロントスポイラーですが、一体どのような目的で装着されるのでしょうか?フロントスポイラーを取付ける主な目的は、スタイリッシュなフロントマスクを飾るためのドレスアップ効果や空気抵抗を利用してダウンフォースを得たり、空気の流れを整流して安定感の高い走りを可能にすることです。具体的には、空気の流れをコントロールし、車体下面へ空気が流入するのを抑制することができるため、揚力を低減させることが可能になります。これにより、タイヤの地面を押す力に関係するダウンフォースが向上するとともに、ブレーキを効率的に冷却させることができるなど、スポーツ走行に欠かせない車の走行性能や安定した制動力の確保が期待できます。

フロントスポイラーを付けていても車検には問題ないの?車検に通る基準は?

車の走行安定性能の向上など、さまざまなメリットが得られるフロントスポイラーですが、後から純正品以外のアフターパーツを装着することで車検に通らなくなくなってしまうことはあるのでしょうか?フロントスポイラーの種類によっては競技用であったり、ドレスアップ効果を重視したデザインを採用する製品も存在するため、一概に車検に通るかはケースバイケースと言えます。ただし、車検時に求められる保安基準を満たしていれば問題なく車検をクリアすることが可能です。そのため、公道で使用する場合は、装着前に保安基準を満たした車検対応品であるのかをきちんと確認する必要があります。保安基準ですが、取付時に最後端や最外側にならないこと、半径2.5mm未満の角部を残さないことなどが義務付けられています。あわせて、先端のエッジ部分は半径5mm以上の丸みを帯びていること、フォグランプを装着している場合は地上より90mm以上、フォグランプのない、FRPやウレタン製の構造の場合は50mm以上地面からクリアランスを保つ必要があります。当然ですが、きちんと固定されていて脱落しないことも必要です。保安基準を満たさない場合、そのままでは車検をクリアすることはできません。万が一、車検が通らなかった場合には、パーツの取り外しや保安基準を満たしている製品に交換するなどの手間や費用が発生してしまいます。車検を受ける前には事前に専門店などに確認をしておくと安心です。フロントスポイラーは愛車の走行安定性能を高めてくれるばかりでなく、見栄えも良くしてくれる人気のドレスアップパーツです。保安基準に適合した製品を選んで、充実したカーライフを送りましょう。

グーネットピット編集部

ライタープロフィール

グーネットピット編集部

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、
自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、
自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む
整備工場探し私がご案内します
×

img_backTop ページトップに戻る

タイトルとURLをコピーしました