車検から車の修理・整備・点検まで、車整備専門店検索グーネットピット

知らないと損する!?
車検や修理の豆知識ならグーネットピット

車検・オイル交換・キズ・ヘコミ
クルマのことならグーネットピット

内装品取付 [2018.08.29 UP]

シフトノブとシフトブーツの隙間を埋める方法とは

シフトノブとシフトブーツを純正品から自分好みの社外パーツに付け替えると、グッと車内が個性的になるのでお勧めのドレスアップのひとつと言えます。ところが、シフトブーツとシフトノブとの間に隙間ができてしまうことがよくあります。そこで今回は、シフトノブとシフトブーツの隙間を解消する方法をご紹介します。

シフトノブとシフトブーツの隙間を埋める方法

シフトノブとシフトブーツの隙間を埋める方法を考える前に、前提として隙間が出にくいシフトブーツを選んで購入することが大切です。シフトブーツのサイズに問題がないか、トップの部分に留め具など、隙間ができることを防ぐための対策がとられているかなど、よく確かめて購入するようにしてください。シフトブーツの専門店の中には、希望に沿ってカスタマイズしてくれるところもあるようなので、相談してみてもいいかもしれません。上記のようなことをいろいろ考えて購入したけれど、それでもやはり隙間ができてしまった場合は、どうすればいいのでしょうか。いまのところ、シフトノブとシフトブーツの隙間を埋めるための専用パーツとして量販されているものは見当たらないため、シフトノブとシフトブーツの現状に合わせて自分で対策をとる必要があります。隙間の状態によっては、多少アレンジをする必要は出てくると思いますが、いくつか自作する方法を示しておきます。

シフトノブとシフトブーツの隙間を埋める方法と手順

スポンジを利用

ひとつ目の方法は、硬めのスポンジを使って、シフトブーツがずり下がってくるのを防止する方法です。硬めのスポンジ(ウレタンなど類似のもので代用も可)を、3~4cmほどの円状にくり抜きます(シフトブーツのトップがしっかり引っかかる大きさ)。そのスポンジをシフトレバーのシャフトに刺せるよう中心に穴を開けます。穴はスポンジがしっかりと止まるようにシャフトの直径より小さめにしておきます。シフトノブとシフトブーツの位置関係が丁度よくなるスポンジの位置を、何度か試しながら決定して、瞬間接着剤などでスポンジが動かないようにシフトレバーに接着します。あとはシフトノブとシフトブーツをしっかり装着して完成です。

パッキン類を利用

ふたつ目の方法は、既製品のパッキン類を利用する方法です。ホームセンターなどに行くと、様々なパッキン類が売っています。その中から、シフトレバーのシャフトの径で、適当と思われるものを購入します。それをシフトノブとシフトブーツの隙間にはめてしまうというわけです。パッキン類はステンレス製のものなどもあるので、意外とセンス良く仕上がります。シャフトの径とパッキンが合わない場合は、シャフト側に何かを巻くなどして対応してください。

シフトノブとシフトブーツの隙間が空いていることで考えられるリスク

シフトノブとシフトブーツに隙間がある状態だと、シフトブーツの中にゴミなどが入りやすくなります。また、飲料などをこぼした際、水分が侵入するリスクもあります。ゴミや水分がシフトブーツ内に入ることで、シフト関連のパーツに不具合が出る可能性が高まってしまうため、できる限りリスクは取り除いておくべきです。そしてなにより、見た目が悪くなってしまいます。予算に余裕がある人は、シフトブーツの専門店や修理工場などに相談すれば、汎用のパーツや場合によっては特注のパーツで対応してくれるかもしれません。いろいろ工夫してみてください。

グーネットピット編集部

ライタープロフィール

グーネットピット編集部

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、
自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、
自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む
整備工場探し私がご案内します
×

img_backTop ページトップに戻る

タイトルとURLをコピーしました