車検から車の修理・整備・点検まで、車整備専門店検索グーネットピット

知らないと損する!?
車検や修理の豆知識ならグーネットピット

車検・オイル交換・キズ・ヘコミ
クルマのことならグーネットピット

内装品取付 [2016.03.04 UP]

車のルームランプの交換方法と費用について

車のルームランプの交換方法と費用についてgoo-net編集チーム

車に乗る時に、毎回使用する訳ではないけれど、電球が切れるとこまるのがルームランプです。
最近ではルームランプをLEDランプに交換する人も多いですね。

ルームランプの電球が切れた時や、他のランプの種類に交換したい時のために、
ルームランプの交換方法と費用についてまとめてみました。

ルームランプの交換に必要な物

ルームランプを交換する際には、下記の2つが必要になります。

・交換する電球
・マイナスドライバー

自宅の部屋の室内灯を購入する時でも、電球の口径を確認するように、
ルームランプの電球にも口径の違いがあります。

車のルームランプの電球口径に合うものを購入しましょう。

ルームランプの交換作業前の準備・注意点

ルームランプは車のバッテリーから直接電源をとっています。
車のエンジンがオフになっていても通電している状態です。

エンジンオフでもルームランプは点灯しますね。
交換作業前にはこの通電状態をオフにしましょう。
通電状態で作業すると、回路がショートしてヒューズが飛んだり、感電の恐れがあります。

バッテリーのマイナス端子を外すと確実にオフにできます。
諸事情により通電状態で作業する場合は、必ずルームランプのスイッチをOFFにして、
作業をするようにしましょう。

金属製のマイナスドライバーの代わりに、木製やプラスチック製の箸などで作業すると、
ショートのリスクを下げられます。

ルームランプの交換方法

まずはルームランプのカバーを外します。
カバーの隙間にマイナスドライバーなどを差し込むと簡単に外れます。

次に既存の電球を外します。
そして新しい電球を差し込みます。
LED電球に交換する場合は極性があるので向きを間違えないようにしましょう。

電球を差し込んだら、バッテリーを通電させた後に、
スイッチをONとOFFにして点灯確認を行います。

無事点灯するのを確認したらカバーを装着して終了です。

ルームランプ交換にかかる費用

車のルームランプを交換する時、整備工場にお願いするか自分で行うかで費用が変わってきます。

セルフでルームランプ交換を行う場合に必要な費用は、替え電球の費用のみです。
しかし、電球にも様々な種類があり、暖色・寒色といった色の違いや、
通常の電球か、LED電球急なのかといった違いがあり、それぞれ価格が違ってきます。
自分が求めるランプと価格を考慮して選ぶようにしましょう。

ディーラーや整備工場に依頼する場合は工賃がかかります。
業者に頼む場合は前もって問い合わせて、費用を確認するようにしましょう。

グーネットピット編集部

ライタープロフィール

グーネットピット編集部

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、
自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、
自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む
整備工場探し私がご案内します
×

img_backTop ページトップに戻る

タイトルとURLをコピーしました