車検から車の修理・整備・点検まで、車整備専門店検索グーネットピット

知らないと損する!?
車検や修理の豆知識ならグーネットピット

車検・オイル交換・キズ・ヘコミ
クルマのことならグーネットピット

カーナビ・ETC・ドラレコ取付 [2018.10.22 UP]

ドライブレコーダーの必要性

ドライブレコーダーとは自動車に取付ける動画記録用の機器のことです。まだ装着していない方でも、実際に録画された映像をニュースなどで見かけることもあり、ご存知の方も多いのではないでしょうか。ドライブレコーダーの大きなメリットは、車周辺の様子を客観的な情報(映像、音声)として記録できることにあります。例えば、車上荒らしや煽り運転などのトラブルの防止や、証拠の確保に役立てることができます。ここではドライブレコーダーの必要性について解説します。

事故の映像を記録して証拠にできる

ドライブレコーダーを装着していれば、運転中や人のいない停車中においても、周囲の映像を音声とともに録画できるため、衝突事故や煽り運転などのトラブルの際に、動かぬ証拠を残すことができます。この記録情報を参照することで、当事者間で状況を確認したり、警察に提出する証拠として提出するなどをして、役立てることができます。

車上荒らしの証拠の確保

運転者がいない時間帯に車周辺でどんなことが起きているのかを把握するのは困難です。そのため、車上荒らしの被害を受けた場合には、証拠の確保が難しいケースもありえます。しかし、ドライブレコーダーがあれば運転者が不在だとしても、車周辺の様子を自動的に録画して証拠にすることができますし、犯人特定の有力な手がかりとなります。

ドライブレコーダー特約で自動車保険が割引になる

ドライブレコーダー特約は、基本的に保険会社が貸与する機器を装着して契約するものです。この特約は自身で購入したドライブレコーダーを装着する場合と比べて、保険会社が専用の端末を提供しているので事故時に車の位置情報の把握や事故対策をスムーズに行うことができるなどの付加価値があります。また、法人向けのフリート契約では、ドライブレコーダー特約をつけることで自動車保険料が割引になるプランもあります。

煽り運転などの交通事故の防止・抑止力として役立つ

煽り運転による死亡事故やトラブルに関するニュースが新聞やテレビで報道されていますが、ドライブレコーダーによる犯行の一部始終の記録映像などを見かけることも多く、ドライブレコーダーが事件解決に役立つことが知られてきています。ドライブレコーダーを装着しているだけで、他の車などに「録画をしている・録画をする準備ができている」ということを周知させることができるため、犯罪の防止や抑止力になることが期待できます。このように、ドライブレコーダーの設置は、実際の事故やトラブル時で活躍することはもちろんのこと、犯罪やトラブルの防止にも役立つと言えます。ドライブレコーダーは、車周辺の様子を音声と映像で記録に残すことから、客観的な証拠として役立てることができます。また、煽り運転や車両荒らしなどのトラブル対策にも有効であると言えます。万が一の事態に遭遇した際の備えや、トラブルを未然に防ぎたいという方は、ドライブレコーダーの設置を検討してみてはいかがでしょうか。

グーネットピット編集部

ライタープロフィール

グーネットピット編集部

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、
自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、
自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む
整備工場探し私がご案内します
×

img_backTop ページトップに戻る

タイトルとURLをコピーしました