車検から車の修理・整備・点検まで、車整備専門店検索グーネットピット

知らないと損する!?
車検や修理の豆知識ならグーネットピット

車検・オイル交換・キズ・ヘコミ
クルマのことならグーネットピット

カーナビ・ETC・ドラレコ取付 [2018.10.22 UP]

ドライブレコーダーの駐車監視機能と必要性とは?

ドライブレコーダーといっても種類は様々で、価格や機能も幅広くたくさんあります。その中でも「駐車監視機能」が搭載されているドライブレコーダーがあるのはご存知でしょうか。今回は、ドライブレコーダーの駐車監視機能の紹介や、その必要性などについて解説していきます。

ドライブレコーダーの駐車監視機能とは?その必要性とは?

駐車監視機能とは、エンジンを切った後でも、ドライブレコーダーがスタンバイし続け、車外の動きや車への衝撃を感知すると録画が可能な機能です。通常、ドライブレコーダーは、エンジンを切るとトライブレコーダーも電源がオフになります。駐車場での当て逃げや盗難の証拠を動画として残すことが可能です。

ドライブレコーダーの駐車監視機能(方式)の種類

駐車監視機能には、衝撃センサーとモーションセンサーの2種類あります。衝撃センサーとは、車両に衝撃を受ると録画を開始する機能です。何らかの衝撃を受けてから録画開始するので、駐車監視機能の性能としてはやや劣ることもあります。一方、モーションセンサーとは、車の周辺に何か動きのあるものを感知すると撮影を開始する機能です。衝撃を受ける前と後の映像を撮影できることから、万が一事故に巻き込まれた時も証拠として活かされることもあります。

ドライブレコーダーの駐車監視機能の注意点とは

駐車監視機能付きのドライブレコーダーを使用する上で、バッテリー上がりには注意が必要です。駐車監視機能モードを使用する際、常時電源を使用する必要があります。ほとんどのドライブレコーダーは、基準電圧以下に下がると、自動で電源供給を停止し、バッテリー上がりを防げますが、全ての機種にバッテリー保護機能が搭載されている訳ではありません。ドライブレコーダーを購入する際には、このバッテリー保護機能が搭載されているものを選ぶとよいでしょう。駐車監視機能は、万が一、いたずらや当て逃げなどの事件に遭遇した際も、動きを感知して撮影をしてくれるため非常に便利です。実際、この駐車監視機能搭載のドライブレコーダーが事故や事件の映像を撮影し役に立ったという件はたくさんあります。駐車中の車においても、しっかりと監視をしたいという方は、駐車監視機能付きのドライブレコーダーを購入することをおすすめします。

グーネットピット編集部

ライタープロフィール

グーネットピット編集部

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、
自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、
自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む
整備工場探し私がご案内します
×

img_backTop ページトップに戻る

タイトルとURLをコピーしました