車検から車の修理・整備・点検まで、車整備専門店検索グーネットピット

知らないと損する!?
車検や修理の豆知識ならグーネットピット

車検・オイル交換・キズ・ヘコミ
クルマのことならグーネットピット

カーナビ・ETC・ドラレコ取付 [2018.10.22 UP]

ドライブレコーダーを後方(リア・後ろ)に取付ける必要性・メリット

ドライブレコーダーを取付けることで、事故の状況を映像に残せるため、万が一の際に証拠として提出したり、自分の運転を見直すための参考にするなど、ドライブレコーダーの映像はさまざまな場面で活用することができます。特に事故については後方からの追突事故の発生比率も高いため、ドライブレコーダーの後方への設置も有用です。今回は、ドライブレコーダーを後方(リア・後ろ)に取付ける必要性、メリットなどをご紹介します。

ドライブレコーダーを後方(リア・後ろ)に取付けることの必要性とは

車の事故やトラブルには、後方からの衝突による事故や、煽り運転などのトラブルが考えられます。その中でも、特にドライブレコーダーを後方(リア・後ろ)に取付けることの必要性として挙げられるのが、後方からの煽り運転に対する対策としての導入があります。昨今、煽り運転が原因による事故が社会的に問題視されていますが、ドライブレコーダーを後方に取付けておくことによって、万が一、煽り運転を受けた際でも、その映像を録画しておくことで、客観的な証拠として役立たせることができます。煽り運転をはじめとした、後方からの危険行為に対する備えとして、ドライブレコーダーを後方(リア・後ろ)に取付けることは、自身の安全を守るためにもとても重要なものであると言えるでしょう。

ドライブレコーダーの後方(リア・後ろ)に取付けることのメリット・効果とは

後方から煽り運転をされた場合に証拠を残せる

後方から車間距離を詰め、パッシングで驚かせたり威嚇したりする煽り運転は、大変危険な行為です。このような煽り運転をされた場合に、車の後方にドライブレコーダーを設置することで、後方の状況を動画に記録することが可能になり、動かぬ証拠を残すことができます。

煽り運転に対して抑止力が期待できる

車の後方にカメラが設置されていることで、後方車両に「録画をしている」という意思表示をすることができます。そして、後方の車にとっては「録画をされている」という気持ちが起こるため、煽り運転などの危険運転を抑制させる効果が期待できます。

ドライブレコーダーを後方に取付けることで、万が一の際に証拠が得られるメリットはもちろんのこと、後方にドライブレコーダーが取付けられていることを周知させることで、未然にトラブルの発生を防ぐ効果があると言えるでしょう。

ドライブレコーダーの後方(リア・後ろ)に取付ける際の注意点

リアガラスに設置した場合、設置場所によっては運転に支障をきたすことがあります。このような場合、安全な運転の妨げになる危険性や、車検が通らない可能性があるので注意をしましょう。後方(リア・後ろ)にドライブレコーダーを取付ける際には、なるべく小型のものを選ぶようにしましょう。また、リアガラスに濃いスモークフイルムを貼っている場合にも注意が必要です。車内に後方のドライブレコーダーを設置した場合、映像が暗くなってしまうことも考えられます。特に夜間の撮影の場合、どのくらいの明るさで撮れているのかを注意する必要があるため、後方のドライブレコーダーを選ぶ際には、ドライブレコーダーの明るさをチェックしながら選ぶようにしましょう。 事故・トラブルというのは前方だけでなく、後方でも起こる可能性もあります。後方で起きた事故状況をはっきりさせるためにも、また煽り運転などのトラブルを未然に防ぐためにも、車の後方(リア・後ろ)にドライブレコーダーを設置することを検討してみてはいかがでしょうか。

グーネットピット編集部

ライタープロフィール

グーネットピット編集部

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、
自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、
自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む
整備工場探し私がご案内します
×

img_backTop ページトップに戻る

タイトルとURLをコピーしました