車検[2018.08.29 UP]

車検のワンストップサービス(OSS)とは

毎日車を運転する必要があるドライバーにとって、車に関係する手続きはできるだけスムーズに簡単に終わらせたいものです。車検は自分で車を運輸支局に持ち込むユーザー車検を除いて、必要な書類を自分で用意して、車検そのものはディーラーなどの業者に依頼するのが一般的です。しかしながら、現在ではOSSと呼ばれるワンストップサービスにより、紙の申請手続きなどがインターネットで24時間行えるようになっています。ここでは、忙しいドライバーにとって、車検時に非常に便利なワンストップサービスについて説明します。

車検のワンストップサービス(OSS)とはなにか?

車検のワンストップサービス(OSS)とはなにか?

車検のワンストップサービス(OSS)は、これまで複数の機関に直接出向いて行っていた手続きを、インターネットで24時間申請できるサービスになります。自動車を保有するには検査登録など多くの手続きと、自動車税などの税金や手数料を支払う必要があります。これらの手続きや支払いは異なる機関が窓口となるため、従来は必要に応じてそれぞれの異なる機関で別々に処理する必要があり、ドライバーにとって非常に負担が大きいものでした。
そこで、自動車保有に関する負担を減らすために、異なる役所の窓口に出向くことなく365日24時間インターネットで手続きを可能にしたのが、ワンストップサービス(OSS)です。自動車の所有者の住所や氏名変更、税金(自動車税・自動車重量税など)や手数料の納付などの手続きがインターネットで一括して行うことが可能なサービスで、今後利用できる範囲の拡大が期待されています。

車検のワンストップサービス(OSS)のメリットとは?

ワンストップサービス(OSS)を利用するメリットですが、手続きを行うたびに申請を担当している役所に出向く手間が省けるため、そのために仕事を休んだり、ディーラーなどの代行業者に依頼をしていた時間や費用を節約することができるようになります。また、これまで自分で手続きを行うのが面倒という理由から、手続きをディーラーなどの業者に依頼をしていたドライバーもインターネットで申請ができるようになるため、業者へ支払う代行費用の削減が可能となります。また、代行業者もワンストップサービス(OSS)が利用できるため、業者にとっても手続きが簡便になるなど、車検代行費用そのものも安く設定される可能性があります。

車検のワンストップサービス(OSS)を利用する際の注意点とは?

利用者にとって便利なワンストップサービス(OSS)ですが、サービス対象の地域が限定されています。今後、対象地域は拡大していく方向ですが、自分の居住する地域が対象エリアであるか確認する必要があります。また、インターネットで申請を行うため、マイナンバーカードもしくは住民基本台帳カード、ICカードリーダー、スキャナーなどの準備が必要となります。また、対応しているPCの環境も限定されていて、Windows7以上のOSのみ利用可能となっており、Windows以外のOSには対応していません。Windowsの場合でも、ブラウザはInternet Explorer 11.0以上にアップデートしておく必要があります。なお、税金などの費用を納める際には、ATMまたはインターネットバンキングでの支払いになります。スムーズに処理を行うには、あらかじめインターネットバンキングが利用できるように各金融機関で手続きを取ることをおすすめします。また、PCのセキュリティに不安がある場合は、不正防止のためにも、利用する際はくれぐれも慎重に行いましょう。上手に利用すれば非常に便利なワンストップサービス(OSS)ですが、利用に際してはそのための準備やパソコン環境、一定の知識を求められるなどの課題もあります。自分に必要な申請内容と利用環境をチェックして、便利で快適なワンストップサービスを使いこなせるようにしましょう。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.