ディーラーで安心・信頼のカーライフ 専門メカニックによる高品質なアフターサービス。プロの知識と技術が安心のカーライフをサポートします。
  • 愛車のメンテナンスは、
    最寄のディーラーがサポート

    愛車のメンテナンスは、最寄のディーラーがサポート

    全国に展開する店舗網がディーラーの強み(一部メーカーを除く)。引越しても最寄りのお店が愛車をサポート。

  • 万が一のリコール対応も
    ディーラーにお任せ!

    万が一のリコール対応もディーラーにお任せ!

    あなたの愛車がリコール対象になったら、まずはお近くのディーラーまでご相談を。
    予約が埋まっている場合もあるのご連絡はお早めに。

  • 多くの実績と最新の技術力。
    ハイブリッドやEVも歓迎!

    多くの実績と最新の技術力。ハイブリッドやEVも歓迎!

    自社の取り扱い車種に詳しいのがディーラーの強み。多くの整備実績と、最先端技術で安心のカーライフをサポートいたします。

ディーラーを探す

リコール情報

リコール情報

メルセデス・ベンツ GLE450 4MATIC 他 計9車種 火災に至る恐れ 2022/06/30 (木)

<div>「メルセデス・ベンツ GLE450 4MATIC 他 計9車種」の電気装置(48V配線)に不具合があり、火災に至るおそれがあるとして、国交省にリコールを届け出た。助手席の下にある48Vのアース配線において、製造時の組み付けが不適切なため、端子の固定ボルトが適切な締付けトルクで取付けられていないものがある。そのため、走行中の振動等により導通不良が発生し、警告灯が点灯すると共に増加した電気接触抵抗により発熱して、最悪の場合、火災に至るおそれがある。(R+編集部)</div>

一週間のニュース

2022/07/01 (金)

該当ニュースはありません

2022/06/30 (木)
メルセデス・ベンツ GLE450 4MATIC 他 計9車種 火災に至る恐れ

<div>「メルセデス・ベンツ GLE450 4MATIC 他 計9車種」の電気装置(48V配線)に不具合があり、火災に至るおそれがあるとして、国交省にリコールを届け出た。助手席の下にある48Vのアース配線において、製造時の組み付けが不適切なため、端子の固定ボルトが適切な締付けトルクで取付けられていないものがある。そのため、走行中の振動等により導通不良が発生し、警告灯が点灯すると共に増加した電気接触抵抗により発熱して、最悪の場合、火災に至るおそれがある。(R+編集部)</div>

メルセデス・ベンツ GLB200d 4MATIC 他 計2車種 対向車が眩惑する恐れ

<div>「メルセデス・ベンツ GLB200d 4MATIC 他 計2車種」のレベルセンサのリンケージに不具合があり、対向車の運転手が眩惑するおそれがあるとして、国交省にリコールを届け出た。積載重量に応じて光軸を調整するリアアクスルのレベルセンサにおいて、製造時の組み付け指示が不適切なため、リンケージの向きが反対に接続されているものがある。そのため、積載時に前照灯の光軸調整が適切に行われず、対向車の運転手が眩惑するおそれがある。(R+編集部)</div>

ニッサン セレナ 他 計2車種 制動距離伸びる恐れ

<div>「ニッサン セレナ 他 計2車種」のブレーキホースブラケットに不具合があり、制動距離が伸びるおそれがあるとして、国交省にリコールを届け出た。ブレーキホースブラケットにおいて、ブレーキホースブラケットの車体への溶接作業が一部不適切なため、ブラケットが外れ走行振動によりブレーキパイプが車体に干渉し異音が発生する。そのままの状態で使用を続けると、ブレーキパイプが損傷し液漏れが発生することで、最悪の場合、ブレーキが1系統失陥し制動距離が伸びるおそれがある。(R+編集部)</div>

三菱 アウトランダーPHEV 保安基準不適合の恐れ

<div>「三菱 アウトランダーPHEV」の後写鏡等(直前直左確認鏡)に不具合があり、保安基準不適合の恐れがあるとして、国交省にリコールを届け出た。ナビゲーションシステムにおいて、制御プログラムの設定不備により、①起動時にシステム内の情報処理が完了せず、再起動を繰り返す場合がある。②電源変動等によりシステム内の通信が途絶えた場合、復旧処理が行われないためカメラ映像に切り替わらず、黒画面となる場合がある。①②の状態において、液晶画面に直前直左確認用のカメラ映像が表示されず、保安基準第44条(後写鏡等の基準)に適合しなくなるおそれがある。(R+編集部)</div>

2022/06/29 (水)
フォルクスワーゲン VWポロ 1.2/66kW 他 計15車種 走行不能の恐れ

<div>「フォルクスワーゲン VWポロ 1.2/66kW 他 計15車種」の燃料パイプに不具合があり、走行不能になるおそれがあるとして、国交省にリコールを届け出た。原動機に装着されている燃料パイプの取付けボルトにおいて、締め付けトルクの設計値が不適切なため、走行振動等により当該ボルトが緩むものがある。そのため、燃料漏れにより、ガソリン臭の発生とともに、エンジン制御システム故障の警告灯が点灯し、最悪の場合、走行不能になるおそれがある。(R+編集部)</div>

フォルクスワーゲン VWポロ 1.2/66kW 他 計24車種 走行できない恐れ

<div>「フォルクスワーゲン VWポロ 1.2/66kW 他 計24車種」の自動変速機油圧制御システムに不具合があり、走行できなくなるおそれがあるとして、国交省にリコールを届け出た。7速DSG型自動変速機のメカトロニクスにおいて、アッパーハウジングのねじ切り加工が不適切なため、耐久性が不足しているものがある。そのため、アキュムレーターの継続的な油圧変化による疲労の蓄積により、アッパーハウジングに亀裂が発生し、油圧が低下して、最悪の場合、駆動力が伝達されず走行できなくなるおそれがある。(R+編集部)</div>

アウディ A3SB 1.4T 90kw 他 計5車種 走行不能の恐れ

<div>「アウディ A3SB 1.4T 90kw 他 計5車種」の燃料パイプに不具合があり、走行不能になるおそれがあるとして、国交省にリコールを届け出た。原動機に装着されている燃料パイプの取付けボルトにおいて、締め付けトルクの設計値が不適切なため、走行振動等により当該ボルトが緩むものがある。そのため、燃料漏れにより、ガソリン臭の発生とともに、エンジン制御システム故障の警告灯が点灯し、最悪の場合、走行不能になるおそれがある。(R+編集部)</div>

トヨタ プリウス 走行不能となる恐れ

<div>「トヨタ プリウス」のパワーマネジメントコントロールコンピュータに不具合があり、走行不能となるおそれがあるとして、国交省にリコールを届け出た。ハイブリッドシステムにおいて、異常判定時の制御プログラムが不適切なため、極低速から急加速するような高負荷走行時等に昇圧回路の素子が損傷した場合、フェールセーフモードに移行できないことがある。そのため、警告灯が点灯し、ハイブリッドシステムが停止して、走行不能となるおそれがある。(R+編集部)</div>

トヨタ クラウン 前照灯の基準満足しない恐れ

<div>「トヨタ クラウン」の前照灯に不具合があり、前照灯の基準を満足しなくなる恐れがあるとして国交省にリコールを届け出た。前照灯において、タクシー用途等で使用する際、想定を超えて長時間点灯し続けると、バルブからの熱と紫外線により反射板のアルミ蒸着が剥離することがある。そのため、そのまま使用を続けると、集光不足となり、光度が徐々に低下し、最悪の場合、保安基準第32条(前照灯の基準)を満足しなくなるおそれがある。(R+編集部)</div>

2022/06/28 (火)

該当ニュースはありません

2022/06/27 (月)
ポルシェ Taycan 4S 他 計5車種 エアバッグ作動しない恐れ

<div>「ポルシェ Taycan 4S 他 計5車種」のシート配線に不具合があり、エアバッグ(SRS)が作動しないおそれがあるとして、国交省にリコールを届け出た。運転席、助手席シートのエアバッグ(SRS)の配線において、配線被覆の加工が不適切なため、配線被覆の繊維がシート調整時にシート調整用シャフトに巻き込まれるおそれがある。そのため、シートの調整ができず、配線が損傷し、エアバッグの警告灯が点灯する場合がある。最悪の場合、エアバッグ(SRS)が作動しないおそれがある。(R+編集部)</div>

2022/06/26 (日)

該当ニュースはありません

2022/06/25 (土)

該当ニュースはありません

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c)2008 D Walk Creation Inc. All Rights Reserved.
リコールプラス