パーツ特集企画 
中古車 > 中古パーツ > パーツ特集 > パーツ特集企画

カスタムの第1歩でありながら奥の深い世界でもある

グーネットパーツを読んでくれていながらいまは純正ホイールを履いているユーザーは
きっと「新しいホイールがほしい!」と思っているはず
今回は、そんなカスタムビギナーのためにホイール交換のための基礎知識をお届け
オススメホイールカタログも付いてますよ!

どんなチューンでも避けて通ることができない、カスタムのファーストステップがホイール交換だ。

たとえばドレスアップなら、大径ホイールを選んで扁平タイヤを合わせることで、デザイン性や存在感をアピールすることができる。

また、スポーツチューンなら軽量高剛性ホイールを選ぶことで、スポーツ走行時のホイールの破損を防ぐことができるし、バネ下重量を減らして運動性能も上げられる。

と、ホイール交換にはさまざまなメリットがあるわけだが、一方でかならず壁になるのが「マッチング」だ。「どこまで大きなサイズのホイールが履けるのか」、「あのホイールを付けてみたいけど、自分のクルマには合うのか」などなど……。ホイールマッチングは、ホイール径、リム幅、オフセットなど、さまざまなサイズを把握して愛車にフィットさせなければいけない、奥の深い世界なのだ。

そこで、今回はみんなのホイール選びをサポートするべく、その基礎知識を特集。これを読めば、まったく手探りだったホイール選びの世界に一歩踏み出すことができるはずだ。

その前に、前提となる2つの要素をあげておこう。ひとつはタイヤ外径を変えないこと。つまりタイヤのハイトを低くして、そのぶんホイールを大きくしよう、ということ。外径を変えてしまうと車速やオドメーターがくるってしまうというデメリットがあるのだ。

もうひとつは、ホイール選びにはサイズだけではわからない要素があること。たとえば、まったく同サイズのホイールでも、スポークの厚みによってはキャリパーに当たるものもあるし、当たらないものもある。サイズだけで判断できない要素もあるのだ。「ホイール選びの最終段階は現車合わせ」であることも、併せて覚えておいてほしい。

ホイールをインチアップするメリット

なんといっても好みのデザインがゲットできる! タイヤサイドウオールを薄くして大径化すれば迫力のルックスに! 「ツライチ」にできればスタイリッシュにきまる! 軽量高剛性ホイールならスポーツ性能を向上できる!

 サイズを知る!

サイズを知る! リム幅

リム幅の内寸を表す数値で、通常0.5インチ刻みで表記される。この寸法により装着できるタイヤの幅が決まる。リム幅が大きすぎると、ハンドルをきったときにタイヤがホイールハウスに当たってしまったり、ブレーキホースを切ってしまうなどのトラブルのもとになる。

フランジ記号

リムの外側部分であるフランジの形状を表す記号。通常、乗用車用ホールは「J」か「JJ」で表記され、JJのほうが曲がり角度がきついとされている。

ホイール径

ホイール外寸の直径を表す。通常は1インチ刻みで設定される。いわゆる17インチとか18インチというのは、このサイズのことを指す。リム幅のケースとは異なり、17インチのホイールには17インチのタイヤしかフィットしない。一般的に大きなホイールのほうが高値傾向。

ホール数

ホイールをハブに装着するための穴の数。乗用車の場合は4穴か5穴が一般的だ。ただし、人気のハイエースやSUV車などでは、6穴というケースもある。本誌ではホール数を表す数字の後に「Hole」の略である「H」という文字を付けて記載している。

P.C.D.

「Pitch Circled Diameter(ピッチ・サークルド・ダイアメーター)」の略で、ホイール取り付け穴の中心を結んだときにできる円の直径を表す。国産車では100oや114.3oというサイズが一般的だが、輸入車のP.C.D.にはさまざまな設定があるので注意しよう。

オフセット量

リム中心線からホイール取り付け面までのずれの量。単位は1o刻みで設定されている。また、2008年7月11日に名称が変更されオフセットの替わりに「インセット(アウトセット)」という呼称が用いられることになっている。詳細は別項を参照してほしい。




 構造を知る!

WALD P13-FORGED

3ピース

WALD P13-FORGED

リム部がアウターとインナーの2ピース、これにディスクを合わせた3ピース構造のホイール。デザイン性、オフセット量とももっとも自由度が高いタイプでドレスアップホイールには最適。行程が複雑なため高値の傾向も。

BBS LM

2ピース

BBS LM

ディスク部とリム部を別に製造して組み合わせるタイプ。ディスク部のデザインやオフセット量の自由度が高いのが特徴。ディスク外側のピアスボルトで固定される。ボルトがダミーの溶接止めのタイプもある。

RAYS VOLKRACING CE28N

1ピース

RAYS VOLKRACING CE28N

ディスクとリムを一体で成形しているホイール。一体構造なので剛性を確保しやすく、現在のスポーツホイールの主流はこのタイプとなっている。鍛造、鋳造、いずれのタイプも見受けられる。




 デザインを知る!

Weds WEDSSPORT SA-67R

メッシュ

Weds WEDSSPORT SA-67R

スポークが編み目のように複雑にデザインされたタイプ。スポーツ性能とデザイン性を併せ持つアフターホイールの定番的なタイプでもある。BBS製のホイールが代表的だが、スポーツホイールも増えてきている。

RAYS VOLKRACING TE37

スポーク

RAYS VOLKRACING TE37

見たままにスポーク部が強調されたタイプ。開口部が広く放熱性に優れる、軽量化しやすいことなどからスポーツホイールに採用されることが多い。一方、スポーク幅が広く、デザイン性の高いモデルも多くある。

CARLSSON 1/6 EVO-2 BE

ディッシュ

CARLSSON 1/6 EVO-2 BE

文字どおりディスクがディッシュ(皿)のような平面で構成されるタイプ。ディスク面積を大きく取れることから、デザイン性を高くできる。またホイールを大きく見せられるというメリットもある。

RAYS Versus BL-20-FX

フィン

RAYS Versus BL-20-FX

細いスポークをずらりとそろえたタイプや、ディスク上にフィン(ひれ)を並べたタイプがある。ディスク表面積を大きくして冷却性能を高める意味もあるが、繊細でエレガントなデザイン性から採用されるものが多い。




 オフセットを知る!

オフセットを知る!


ディスクのホイール取り付け面がホイールの中心線より内側にある状態。ディスク面が奥まるので、いわゆるディープリムが可能になる。この状態は「アウトセット」とも呼ばれる。従来の「オフセット-30」は「アウトセット30」となる。


ディスクのホイール取り付け面とホイールの中心線が一致している状態。オフセットマイナス、オフセットプラスは、この状態を基本にして表されるのだ。正式には、2008年7月からこの状態を「ゼロセット」と呼ぶこととなった。


ディスクのホイール取り付け面がホイールの中心線より外側にある状態。ディスク面がリムの外側に出てくるため、リム幅が細くなる傾向に。この状態は「インセット」と呼ばれる。従来の「オフセット+45」は「インセット45」となる。


ホイールをクルマ側のスタッドボルトに固定するのがナット。輸入車やトラックではボルトを使うタイプもあるが、国産乗用車ではナットが一般的。アフターのホイールの多くはテーパー座を採用しているが、純正ホイールは球面座や平面座を採用していることもあるので注意。また、国産車はネジピッチが2種類あるので、ホイールとともにナット交換も予定している場合は自分のクルマにあったネジピッチかどうか確認する必要がある。

Page1 ホイールマッチング基礎講座
Page2 タイプ別ホイールカタログ
NEXT >>
(タイプ別ホイールカタログ)
TOP
(ホイールマッチング基礎講座)
 
パーツ特集企画
バックナンバー
【ワンメイク】トヨタ 86
最大限86を楽しむことができるカスタムパーツをラインアップ
【ワンメイク】スズキ スイフト
素性を活かしたチューニングを施して国産ホットハッチを全力で楽しむ
【ワンメイク】ミニ クロスオーバー
街中に溶け込むオシャレデザインから一転力強さを主張するアグレッシブカスタム
【ワンメイク】トヨタ C-HR
話題のクルマを大胆にドレスアップひと目でわかるカーブティックコーデ
【ワンメイク】トヨタ タンク
表情豊かな新進気鋭のコンパクトトールワゴンスタイルと実用性を両立させる
【ワンメイク】トヨタ ハイエース
固定概念を払拭した新スタイルでハイエースの可能性を見いだす
【ワンメイク】スバル WRX STI
実用性と走りを両立したスポーツセダンをスパルタンなテイストに仕上げる
【ワンメイク】ダイハツ ウェイク
軽自動車と思えないほどの佇まいがクラス以上の存在感をもたらす
【ワンメイク】アバルト 595
大胆なビス留めオーバーフェンダーや洗練されたパフォーマンスで常識を覆す
【ワンメイク】ホンダ オデッセイ
憧れの無限パーツを身に付けスポーティにドレスアップする
【ワンメイク】トヨタ プリウス
ハーフエアロをチョイ足しするだけでガラリと印象を変えることができる
【ワンメイク】マツダ デミオ
やりすぎるくらいが丁度いい クラスを超えた佇まいで魅せる
記事一覧