スバル XVハイブリッドの新車値引き相場情報

写真

スバル XVハイブリッド

値引き情報

情報提供元:月刊自家用車(内外出版社)
※値引き情報はあくまで参考価格であり状況により変わります。

平均値引き(装備付属品込)
  • 23.8万円
  • 値引き率 8.98
  • 車両本体価格:2,651,0002,926,000
値引き平均額の推移(車両本体価格)
日付 車両本体目標値引き額 価格推移
2020年12月号 -万円
2020年11月号 -万円
2020年10月号 -万円
2020年9月号 -万円
2020年8月号 -万円
2020年7月号 -万円
2020年6月号 -万円
車両本体目標値引き額
(万円)
2020年度

価格交渉方法

写真:松本隆一

車両本体12〜13万円引き+付属品割引20%でストップをかけてくることが多い。ただしヴェゼルとの競合に持ち込むと上乗せが取れるだろう。タイプは違うがカロツーやカロスポも有効だ。車両本体と付属品の値引き合計が25万円を超えたら合格と考えていい。
(情報提供元:『 月刊自家用車 5月号 』(内外出版社) 値引きの神様 松本隆一)

車両情報

新車価格 2,651,000円〜2,926,000

スバル初のハイブリッドシステム搭載「インプレッサXVハイブリッド」。SUBARU独自の、2L 直噴NA水平対向エンジン+電動化技術=「e‐BOXER」を搭載したグレード「2.0e‐L アイサイト」、「2.0e‐S アイサイト」、「アドバンス(Advance)」を設定。効率を高めた2L 直噴エンジンに、コンパクトで高性能なモーターとバッテリーをシンメトリカルAWDレイアウトに統合。優れた重量バランスと低重心を実現した。各部の最適化と燃費の向上を追求したリニアトロニックとあわせて、アクセルをひと踏みした瞬間からスムーズに加速する軽快な走りを提供。さらに加速やブレーキの質感にもこだわり、発進と停止をくり返す市街地などでの扱いやすさも磨き上げている。安全装備では、後退時自動ブレーキシステムを標準装備とし、アイサイトセイフティプラス(視角拡張)にサイドビューモニター機能を追加。アイサイト・ツーリングアシストの全車標準装備による総合安全性能の向上に加え、X‐MODEに雪道や砂利道など滑りやすい道を走行する時に使用する「SNOW・DIRT」、深雪やぬかるみといったタイヤが埋まってしまうような道を走行する時に使用する「DEEP SNOW・MUD」の2つのモードを選択可能とし、悪路走破性を高めた。さらに、「アクセスキー対応運転席シートポジションメモリー機能」をはじめ、日々の使用シーンで役立つ機能を拡充し、利便性を向上させた。今回、大幅改良を行った。エクステリアは、フロントフェイスやアルミホイールに新デザインを採用。ボディカラーには「プラズマイエロー・パール」を設定することで、スタイリッシュさとSUVらしい力強さを感じさせる仕様とした。インテリアでは、一部グレードでカラーコーディネートやシート表皮を見直し、より上質で先進的な印象を高めた。走行性能では全グレードでサスペンションを改良。SUVらしいしなやかさとスポーティさを高い次元で両立。さらに、SI‐DRIVEと協調するアダプティブ変速制御「e‐Active Shift Control」を新採用。よりスポーティで愉しい走りをサポートする。安全性能では、見通しの悪い交差点や、駐車・発進時にドライバーの視界をサポートする「フロントビューモニター」を設定した。

もっと見る

他の人はこんな車種も見ています

オフィシャルサイト

パーツショッピング

愛車のカスタマイズは

GooParts

有名ブランドのパーツも中古ならお手頃価格で!?

全パーツ・カー用品から探す

XVハイブリッド 関連ニュース

ページトップ