スバル インプレッサG4の新車値引き相場情報

写真

スバル インプレッサG4

値引き情報

情報提供元:月刊自家用車(内外出版社)
※値引き情報はあくまで参考価格であり状況により変わります。

平均値引き(装備付属品込)
  • -0.0万円
  • 値引き率 0.00
  • 車両本体価格:1,944,0002,613,600
値引き平均額の推移(車両本体価格)
日付 車両本体目標値引き額 価格推移
2019年10月号 18万円
2019年9月号 17万円
2019年8月号 16万円
2019年7月号 16万円
2019年6月号 16万円
2019年5月号 16万円
2019年4月号 16万円
車両本体目標値引き額
(万円)
2019年度

価格交渉方法

写真:松本隆一

マイチェンを実施したが、攻め方しだいで攻略できる。近々発売となる新型カローラをぶつけていくと効果的だ。マツダ3も有効だ。上級グレードならシビックセダンやVWゴルフも効き目あり。車両本体と付属品の値引き合計が25万円になったら合格だ。
(情報提供元:『 月刊自家用車 10月号 』(内外出版社) 値引きの神様 松本隆一)

車両情報

新車価格 1,944,000円〜2,613,600

4ドアセダンスタイルの「インプレッサG4」と5ドアハッチバックスタイルの「インプレッサスポーツ」の2つのボディタイプをもつ、スバル「インプレッサ(IMPREZA)」。「インプレッサG4」のラインアップは、先進の安全テクノロジーと充実装備を備えたスタンダードモデル「1.6i‐Lアイサイト」、新開発となる2L直噴NAエンジン搭載で上級装備を満載したハイクオリティモデルの「2.0i‐Lアイサイト」、所有する悦びと走りの愉しさを深めた、最上位のスポーティモデル「2.0i‐Sアイサイト」を設定。それぞれに2WDと4WDを採用。スバル新デザインフィロソフィー「DYNAMIC×SOLID」を全面採用すると共に、内外装の質感を大幅向上。国産初の歩行者保護エアバッグと7つの乗員保護エアバッグを全車に標準装備し、次世代プラットフォーム「SUBARU GLOBAL PLATFORM」を初採用し、安全性能・走行性能を飛躍的に進化させた。また、「1.6i‐Lアイサイト」をベースとしたスバル60周年記念特別仕様車「1.6i‐Lアイサイト Sスタイル」を設定。今回、長い信号待ちや一般道での渋滞など、通常はブレーキペダルを踏み続けなければならないようなシーンで、ブレーキペダルから足を離しても自動的に車両の停止を保持する、オートビークルホールド機能を追加。ドライバーの疲労を軽減し、運転の快適性を向上させた。また、特別仕様車「1.6i‐Lアイサイト Sスタイル」を継続展開する。

もっと見る

他の人はこんな車種も見ています

オフィシャルサイト

パーツショッピング

愛車のカスタマイズは

GooParts

有名ブランドのパーツも中古ならお手頃価格で!?

全パーツ・カー用品から探す

ページトップ