スバル レヴォーグの新車カタログ情報

写真

スバル レヴォーグ

概要

新車価格 2,829,600円〜4,050,000

スバルが長年培ってきた「安心で愉しい」クルマづくりのノウハウと最新技術を注ぎ込んだ、スポーツツアラー「レヴォーグ」。ラインアップは、新開発となる「1.6L インテリジェントDIT」を搭載する「1.6GTアイサイト」、「1.6GTアイサイト Sスタイル」、「1.6GT‐Sアイサイト」、「1.6STIスポーツアイサイト」、「2L ハイパフォーマンスDIT」を搭載する「2.0GT‐Sアイサイト」、「2.0STIスポーツアイサイト」を設定。1.6L搭載車は、リニアトロニックと組み合わせ、2L搭載車は、スポーツリニアトロニックとの組み合わせにより、300馬力の高出力、2000rpmで400N・m(40.8kgf・m)に達する高トルクの圧倒的な動力性能を最大限引き出し、ダイレクト感あるスポーティで愉しいドライビングを提供。今回、大幅改良を行い、全車速域でアクセル・ブレーキ・ステアリングの操作をサポートするアイサイトの新機能「アイサイト・ツーリングアシスト」として初搭載。ロングツーリングの際の快適性と安心感を大幅に高めた。更に、後退時自動ブレーキシステム、フロントビューモニター、スマートリヤビューミラー、ステアリング連動ヘッドランプ等の先進安全機能を新たに追加。全方位にわたってドライバーの安全運転を支援する仕様とした。走行性能は、サスペンションと電動パワーステアリングの改良により(STI スポーツを除く)、乗り心地や操縦安定性、操舵フィーリングを高めたほか、ボディの各所に振動騒音対策を施すことで走行時の静粛性を向上。加えて、1.6Lエンジンの制御を最適化し、実用燃費を向上。エクステリアは、フロントグリルやフロントバンパー、LEDヘッドランプのデザインを刷新するとともに、フロントフォグランプにLEDを採用したことで、より精悍なフロントフェイスとしたほか、一部グレードには新しいデザインのアルミホイールを採用。インテリアは、インパネやセンターコンソール、センターパネルをはじめとする各種パネルをより質感の高いものに変更。8インチのナビゲーションにも対応した仕様とし、ビルトインナビのデザインも一新。更に、利便性を高めるためにリヤシートの分割方式を多彩なアレンジが可能な4:2:4分割に変更したほか、これまで本革シート装着車にのみに設定されていたシートヒーターを、1.6GT アイサイトを除くグレードに標準装備。ボディカラーには新色の「ストームグレー・メタリック」を含む全8色を用意。

もっと見る

グレード一覧

グレード名 型式 排気量 ドア
シフト 駆動
方式
定員 燃費 価格
1.6GTアイサイト DBA-VM4 1600cc 5 CVT(無段変速車) フルタイム4WD 5名 16.0km/l 2,829,600
1.6GT−Sアイサイト DBA-VM4 1600cc 5 CVT(無段変速車) フルタイム4WD 5名 16.0km/l 3,078,000
1.6GTアイサイト Sスタイル DBA-VM4 1600cc 5 CVT(無段変速車) フルタイム4WD 5名 16.0km/l 2,926,800
2.0GT−Sアイサイト DBA-VMG 2000cc 5 CVT(無段変速車) フルタイム4WD 5名 13.2km/l 3,618,000
1.6STIスポーツアイサイト DBA-VM4 1600cc 5 CVT(無段変速車) フルタイム4WD 5名 16.0km/l 3,564,000
2.0STIスポーツアイサイト DBA-VMG 2000cc 5 CVT(無段変速車) フルタイム4WD 5名 13.2km/l 4,050,000

※ 燃費表示は10・15モード又は10モード、もしくはJC08モードに基づいた試験上の数値であり、実際の数値は走行条件などにより異なります。

取扱いディーラーを探す

スバル
レヴォーグ

スバル レヴォーグ

都道府県選択

市町村選択

この車種のレビュー

投稿 : 2017年12月24日

スバルレヴォーグ 1.6STIスポーツアイサイト DBA-VM4

ユーザー

pajero32

ドライバー歴
12

かっこいい!

利用シーン
ドライブ 通勤通学 買い物
オススメ
走り好き 男性向け 若者
特徴
カッコいい 操作性 安定性 加速 荷室

【所有期間または運転回数】

1年
【総合評価】

すごくかっこいいです。
【良い点】
スタイルがすごきかっこいいです。
また、アクセルを踏み込めば加速もいいです。

【悪い点】
4WDのためか燃費があまり伸びにくい。

0

総合評価5.0

投稿者評価

平均

投稿 : 2017年10月03日

スバルレヴォーグ 1.6STIスポーツアイサイト DBA-VM4

ユーザー

ピー助

この人を参考にした
8
ドライバー歴
24

前回レビューの訂正及び追加レビュー

利用シーン
ドライブ 通勤通学 買い物
オススメ
走り好き ファミリー 若者
特徴
小回り 操作性 視界 安定性 静粛性 加速 安全装備 荷室

納車後1週間と4日が過ぎました。
 前回のレビューで走行中にカタカタ音が鳴ると書きましたが、天井に後部中席のシートベルトの収納口にベルトがきちんと入っていなかったことに起因したものでした。今は問題なく静かです。
 
○燃費
 街乗り 8〜9キロ
 通勤(片道20キロ) 11〜12キロ
 高速走行 15〜16キロ
前車のレガシィBRより少し伸びたようです。


○エクステリア及びインテリア
 車体色は、WRブルーパールです。元々青系が好きで、実車を見ずに買いましたが、改めてこのブルーパールの美しさに感動しました。全体的に見た目もかっこいいと思います。しかし結構目立つようで、近所にある駐車場の広いスーパーで買い物を済ませて車に乗ろうとしたときに、お店の人に「よく来てくれてますね〜」と言われ、「顔を覚えてくださったのですか?」と聞いたところ、「いや、車が止まっているのをよく見かけるので・・・」と言われました。見渡すと結構似たようなブルー系の車はよく停まっているのですが・・・
 私が神経質なのかもしれないですが、水垢が意外に目につきますので、定期的に丁寧に洗車したいですね。
 内装の本革ボルドーシートは、カタログよりもシックな赤で、ケバケバしさはなく、落ち着いた色です。外と中との違和感は全くと言っていいほどありません。

○足回り
 走行距離が1000キロを超えました。だいぶ車が慣れてきたようで、粗い路面もうまくいなしてくれるようになりました。発進時にテールがあまり沈まないところは前車のレガシィBRと同じですね。ぐいぐいと体を前面に押し出してくれる感覚は病み付きになりそうです。
 ただ、1点だけ・・・オートステップ変速制御付きCVTですが、AT車みたいにギアが変わるような感覚ってCVTに必要なのでしょうか???私としては別になくても・・・と思います。ここだけ評価を下げました。
 小回りはレガシィBRよりもよく効きます。

○アイサイトツーリングアシスト
 アクティブレーンキープはいまだ使う頻度が少ないです。全車速追従クルコンはレガシィのときから使い慣れているのでちょこちょこ使っています。これだけでも便利です。しかしそれ以上に自分で運転するのがとても楽しい車です。

○困ったこと
 あまりの楽しさに無駄に車で出かけたくなることですね・・・

0

総合評価4.9

投稿者評価

平均

レビューをもっと見る

値引き情報

平均値引き(装備付属品込)
  • 28.3万円
  • 値引き率 10.00
  • 車両本体価格:2,829,6004,050,000

価格交渉方法

写真:松本隆一

スバルは「車両本体値引きを抑えて、かわりに付属品の割引率を上げる」という売り込み戦術を採ってくることが多い。レヴォーグは「車両本体から15万円引き+付属品から20〜30%引き」で話をまとめようとしてくるケースが目立つ。強気な売り方をされたらVWゴルフとの競合に持ち込むこと。C-HRやハリアー、エクストレイル、CX−5などのSUVも有効だ。本誌には車両本体と付属品の値引き合計が35万円を超えた例も。納期は2か月以上かかる。
(情報提供元:『 月刊自家用車 1月号 』(内外出版社) 値引きの神様 松本隆一)

他の人はこんな車種も見ています

オフィシャルサイト

パーツショッピング

愛車のカスタマイズは

GooParts

有名ブランドのパーツも中古ならお手頃価格で!?

全パーツ・カー用品から探す

$B%Z!<%8%H%C%W(B