閉じる

グーネット中古車アプリ

PROTO CORPORATION

抽選でアマギフ1万円分当たる

車のニュース
掲載日:2021.11.21 / 更新日:2021.12.02

【キャデラック キャデラックXT5クロスオーバー】 グーネット動画カタログ

こちらはキャデラックのキャデラックXT5クロスオーバー C1 プラチナムの動画カタログです。
グーネットの人気車種を動画カタログ化!
内装からオプションまで徹底解説!
みなさんの気になるクルマの動画を是非チェックしてみてください!

キャデラック キャデラックXT5クロスオーバー C1 プラチナムのカタログ情報

2017年のデビュー後はキャデラック全モデル販売数の40%を占めたヒットモデル。
今回は、キャデラックXT5クロスオーバー プラチナムをご紹介します。

キャデラック キャデラックXT5クロスオーバー C1 プラチナムの車両情報
型式:ABA-C1UL
長さ:4825mm
幅 :1915mm
高さ:1700mm

キャデラック キャデラックXT5クロスオーバー C1 プラチナム内装・オプション別解説
大きな縦型グリルにキャデラック・クレスト、縦に切り込んだヘッドライト、
XT5はキャデラック共通のデザインとなっています。

ヘッドランプ
オートライト機能付LEDヘッドライトを採用。ハイビーム照射は自動調整機能付です。

リアランプ
リアコンビネーションランプにもLEDを採用。周囲に自車の存在をしっかりと知らせます。

解錠・施錠
キーのリモコン操作で、離れた場所から全ドアの解錠・施錠が行えます。
また、キーを携帯した状態でドアハンドルのタッチセンサーに触れて解錠・施錠をすることも可能です。
テールゲートもキーのリモコン操作で開けることができます。

リアルウッドとリアルレザーの組み合わせがゴージャスな雰囲気を演出しています。

セーフティアラートドライバーシート
シートは電動で八方向の調節が可能。指先一つで簡単にシート位置の調節ができます。
また運転中センサーが危険を感知すると、左右のクッションが振動して
危険が迫る方向を知らせてくれます。

エンジンスタート
エンジンスイッチは、メーター右隣にあります。
キーを携帯した状態でブレーキペダルを踏み、スイッチを押すとエンジンが始動。
併せてメーター類も起動します。

ステアリングスイッチ(左)通話/クルーズコントロール
通話やクルーズコントロールはステアリング左側のスイッチで操作できます。

マルチファンクションディスプレイ
メーターの間に設置されたマルチファンクションディスプレイで様々な情報を確認できます。

ステアリングスイッチ(右)DIC(ドライバーインフォメーションセンター)/音量
ステアリング右側のスイッチでマルチファンクションディスプレイを操作して
車両の様々な情報を表示できます。また音量の調整ができます。

ステアリングスイッチ(左下)FCAフォワードコリジョンアラート/LKAレーンキープアシスト/
ステアリングヒーター
ステアリング左下のスイッチで、前方衝突警告の車間距離調整やレーンキープアシスト、
ステアリングヒーターのオンオフの切換えができます。

ステアリングスイッチ(右下)オーディオ設定
オーディオの設定はステアリング左下側のスイッチで操作できます。
タップシフトコントロール ステアリングの裏側に、タップシフトコントロールを装備。
マニュアルモードの時、手動で変速操作ができます。

ウィンカーレバー/ハイビーム
ステアリングコラム左側には、ウインカーとハイビームの操作レバー、
ワイパーレバー ステアリングの右側には、ワイパーを操作するレバーがあります。

電気式パーキングブレーキ/メーター照明
メーター左下に、パーキングブレーキとメーター照明のスイッチ。

HUD(ヘッドアップディスプレイ)
その隣にはヘッドアップディスプレイ設定スイッチを配置。
表示する位置、内容、照度を設定できます。

トライゾーンオートエアコンディショナー
シートヒーター、シートベンチレーションを装備。エアコンは左右独立で温度設定が可能。
設定内容はセンターディスプレイに表示されます。

小物入れ
エアコン操作パネルの下に小物入れを配置。

電子シフター
8速ATを操作する電子シフターは軽いタッチで操作可能。
ポジションはマルチファンクションディスプレイの右下の表示します。
またリバースシフトするとセンターディスプレイに周囲全方向と後方を表示。
バック時の視界を確保します。

CUE(キュー)キャデラックユーザーエクスペリエンス
高精細8インチタッチスクリーンは車両情報、ナビ、オーディオの他、
スマートフォンと連動して使用可能です。

TSCトラクションコントロールOFF
道路状況に応じてホイールスピンを制御するトラクションコントロールをオフにできます。

ドライブモードコントロール
道路状況に応じてドライブモードを選択できます。

カップホルダー
電子シフター左のリッドを開けるとカップホルダーがあります。

センターコンソールボックス/USB端子
アームレストとしても使える、センターコンソールボックス。アームレストを開けると、
ボックスとなっており、USB端子が装備されています。

小物置き場/12Vソケット
センターコンソール下の空間に小物を置くスペースがあり12Vソケットが装備されています。

サンバイザー
チケットホルダー付サンバイザーはバニティミラーと照明がセットになっています。

ルームランプ
フロント天井にあるルームランプ。車内を明るく照らします。

ウルトラビューパノラミック電動サンルーフ
電動でサンシェード・サンルーフの操作ができ、明るい空間を演出できます。

カメラミラー
カメラミラーは一般的なミラーより広い視界を確保。ワンタッチで切り替えることができます。

フロントドア
内装とマッチしたフロントドアにはパワーウィンドウ・ドアミラースイッチの他、
パワーリフトゲートスイッチを装備。テールゲートの開く角度をMAX・3/4・OFFの設定ができます。

グローブボックス
助手席正面に照明付グローブボックス。中は起毛素材となっており上質感が感じられます。

リアドア
リアドアも内装とマッチしたデザインとなっており、パワーウィンドウスイッチがあります。

シートバックポケット
運転席と助手席の裏側に、雑誌などの収納に便利なポケットがあります。

リアセンターアームレスト
後部座席中央には収納式のアームレスト。カップホルダーが2つ用意されています。

トライゾーンオートエアコンディショナー(リア)
センターコンソール後部にエアコン操作パネル。
シートベンチレーションは左右独立して設定が可能です。

小物入れ/AC230V/USB端子
その下には小物を置くスペースがあり、さらにAC230VとUSBの端子が装備されています。

リア読書灯
リアグリップハンドルそばに読書灯を装備。

ラゲッジスペース
テールゲート開くとラゲッジルームはシートアレンジ無しでも850ℓの広いスペースを確保。

12Vソケット/ヒューズBOX
左サイドには、12Vソケット、カバーを外すとヒューズBOXがあります。
スペアタイヤ 床下を開くとスペアタイヤがあります。

カーゴカバー
着脱式のカーゴカバーを取り付けると荷物を隠してスッキリさせることができます。

カーゴマネジメントシステム
着脱式のカーゴマネジメントシステムを取り付けると荷物の固定や仕切りとして使用できます。

40:20:40 3分割可倒式リアシート
3分割のリアシートはセンターだけを倒して長いものを収納可能。
左右のレバー操作でリヤシートを倒すことで最大1,784ℓの広いスペースを確保できます。

まとめ
アメリカを代表するブランドらしいゴージャスな内装と装備。
以上、キャデラックXT5クロスオーバー プラチナムのご紹介でした。

■キャデラック キャデラックXT5クロスオーバーの中古車を探す
https://www.goo-net.com/usedcar/brand-CADILLAC/car-CADILLAC_XT5_CROSSOVER/

グーネットマガジン編集部

ライタープロフィール

グーネットマガジン編集部

1977年の中古車情報誌GOOの創刊以来、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
グーネットでは軽自動車から高級輸入車まで中古車購入に関する、おすすめの情報を幅広く掲載しておりますので、皆さまの中古車の選び方や購入に関する不安を長年の実績や知見で解消していきたいと考えております。

また、最新情報としてトヨタなどのメーカー発表やBMWなどの海外メーカーのプレス発表を翻訳してお届けします。
誌面が主の時代から培った、豊富な中古車情報や中古車購入の知識・車そのものの知見を活かして、皆さまの快適なカーライフをサポートさせて頂きます。

この人の記事を読む

1977年の中古車情報誌GOOの創刊以来、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
グーネットでは軽自動車から高級輸入車まで中古車購入に関する、おすすめの情報を幅広く掲載しておりますので、皆さまの中古車の選び方や購入に関する不安を長年の実績や知見で解消していきたいと考えております。

また、最新情報としてトヨタなどのメーカー発表やBMWなどの海外メーカーのプレス発表を翻訳してお届けします。
誌面が主の時代から培った、豊富な中古車情報や中古車購入の知識・車そのものの知見を活かして、皆さまの快適なカーライフをサポートさせて頂きます。

この人の記事を読む

関連する車種から記事を探す

img_backTop ページトップに戻る

ȥURL򥳥ԡޤ