マツダ MX-30の福祉車両発売予定!

車のニュース [2021.11.01 UP]

マツダ MX-30の福祉車両発売予定!

 マツダ株式会社は、11月10日(水)から12日(金)に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される、世界の介護・福祉機器を一同に集めた国際展示会「第48回 国際福祉機器展 H.C.R.2021」(主催:全国社会福祉協議会、保険福祉広報協会)に、発売予定の手動運転装置付き「MAZDA MX-30 Self-empowerment Driving Vehicle(セルフ エンパワーメント ドライビング ビークル)(SeDV)(エス イー ディーヴィ)」(以下、MX-30 SeDV)など、2台の車両を出品すると発表した。

>マツダMX-30の新車見積もりはこちら
>マツダMX-30の中古車一覧はこちら

MX-30に手動運転と足での操作を選択できる新たな運転システム搭載

 今回は、「MAZDA MX-30 SeDV」と「MAZDA ROADSTER SeDV」のほか、「MX-30 SeDV」の新たな運転システムを体験できるドライビングシミュレーターを出品。

 初出品のMX-30 SeDVは、誰もが自分の意志で移動したり、行動したりすることをサポートする選択肢の一つとして提案する、手動運転装置付車。マツダは 、MX-30のコンセプト「わたしらしく生きる」に沿って、ユーザーがより豊かな人生を過ごすことを目指して開発。

 運転システムは、手で加減速を行うリング式アクセルとハンドブレーキを搭載。手での運転操作と、従来の足での操作の選択が簡単に行えるため、足が不自由な方と他のドライバーが運転を交代しながらドライブを楽しむことができる。また、車いすを利用する方の運転席への乗り移りをスムーズにする「移乗ボード」が用意される。

「第48回 国際福祉機器展 H.C.R.2021」マツダ出展内容

1.「MAZDA MX-30 Self-empowerment Driving Vehicle(SeDV)」(市販予定車)
 リング式アクセル、ハンドブレーキ、乗降用補助シートなどを装備した車両。

2.「MAZDA ROADSTER Self-empowerment Driving Vehicle(SeDV)」(市販車)
 コントロールグリップ、ステアリングノブと乗降用補助シートなどを装備した車両。

3.「MAZDA MX-30 Self-empowerment Driving Vehicle(SeDV)」Driving simulator(ドライビング シミュレーター)*1
 Driving simulatorでは、新たに採用した運転システムによる操作感を体験できる。
 両手でハンドルを握って加速を感じられるよう、MX-30のコックピットに4K映像の体験コースを用意。実車と合わせて体験することでより一層リアルに。

「第48回 国際福祉機器展 H.C.R.2021」の公式ウェブサイト
https://hcr.or.jp/

マツダ MX-30 2020年10月 発売モデル

 クルマに対する価値観の変化や、新しいライフスタイルに寄り添うことを目指し、親しみやすさや温かみを感じるデザインの新型コンパクトSUV「MX‐30」。「Human Modern(ヒューマン モダン)」をコンセプトに、人の手が生み出す造形とこだわりのつくり込みを基礎としながら、マツダのデザインテーマ「魂動(こどう)‐SOUL of MOTION」のもと、表現に拡がりを持たせることに挑戦した。
 「MX‐30」のラインアップは、「ベースグレード」(2WD/4WD)を設定。技術開発の長期ビジョン「サステイナブルZoom‐Zoom宣言2030」にもとづき、直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV‐G 2.0」に独自のマイルドハイブリッドシステム「M ハイブリッド」を組み合わせた 「e‐SKYACTIV G(イー・スカイアクティブ・ジー)」を搭載。これにより、静かでスムーズな加速と上質なドライブフィールに加えて、モーターのエンジンアシストによる優れた燃費性能を実現した。
 エクステリアは、大胆な塊そのものが持つ美しさを際立たせるため、シンプルな立体構成に徹し、親しみやすい表情を表現。キャビンデザインはフリースタイルドアとフレームドトップと呼ばれる3トーンのボディカラーによって軽快感を表現した。
 インテリアは、フローティングさせたコンソールや、サスティナビリティをテーマとした個性的な素材使いなどにより、「開放感に包まれる」空間を実現。
 安全装備には、マツダの安全思想「MAZDA PROACTIVE SAFETY」のもと、先進安全技術「i‐ACTIVSENSE」をさらに強化し、被害軽減ブレーキ技術スマート・ブレーキ・サポート(SBS)に交差点での衝突事故回避・被害軽減をサポートする機能をオプションとして新たに設定。センターピラーレスのフリースタイルドアを採用しながらも、高強度かつ効率的なエネルギー吸収構造により、高い衝突安全性能を実現した。

>マツダMX-30の新車見積もりはこちら
>マツダMX-30の中古車一覧はこちら

グーネットマガジン編集部

ライタープロフィール

グーネットマガジン編集部

1977年の中古車情報誌GOOの創刊以来、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
グーネットでは軽自動車から高級輸入車まで中古車購入に関する、おすすめの情報を幅広く掲載しておりますので、皆さまの中古車の選び方や購入に関する不安を長年の実績や知見で解消していきたいと考えております。

また、最新情報としてトヨタなどのメーカー発表やBMWなどの海外メーカーのプレス発表を翻訳してお届けします。
誌面が主の時代から培った、豊富な中古車情報や中古車購入の知識・車そのものの知見を活かして、皆さまの快適なカーライフをサポートさせて頂きます。

この人の記事を読む

1977年の中古車情報誌GOOの創刊以来、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
グーネットでは軽自動車から高級輸入車まで中古車購入に関する、おすすめの情報を幅広く掲載しておりますので、皆さまの中古車の選び方や購入に関する不安を長年の実績や知見で解消していきたいと考えております。

また、最新情報としてトヨタなどのメーカー発表やBMWなどの海外メーカーのプレス発表を翻訳してお届けします。
誌面が主の時代から培った、豊富な中古車情報や中古車購入の知識・車そのものの知見を活かして、皆さまの快適なカーライフをサポートさせて頂きます。

この人の記事を読む

関連する車種から記事を探す

img_backTop ページトップに戻る

ȥURL򥳥ԡޤ