フォレスターが海辺の安全をサポート! SUBARUライフセーバーカー 全国21道府県に提供

車のニュース [2021.07.20 UP]

フォレスターが海辺の安全をサポート! SUBARUライフセーバーカー 全国21道府県に提供

フォレスターなどのスバル車が「SUBARUライフセーバーカー」として、全国21団体の道府県ライフセービング協会に提供される

フォレスターなどのスバル車が「SUBARUライフセーバーカー」として、全国21団体の道府県ライフセービング協会に提供される

 スバルと公益財団法人 日本ライフセービング協会(以下、JLA)は7月19日、SUBARU本社ショールームにおいて「車両引き渡し式」を開催、スバルは同社のフォレスターなど計21台を「SUBARUライフセーバーカー」として全国21団体の道府県ライフセービング協会に提供した。

スバル フォレスターの中古車一覧はこちら

スバル フォレスターの新車見積もりはこちら

「水辺の事故ゼロ」めざし地域の巡回やビーチパトロールなどに使用

式典に参加したライフセービングスポーツ日本代表の三井結里花さん

式典に参加したライフセービングスポーツ日本代表の三井結里花さん

 JLAは「水辺の事故ゼロ」に向けて、全国の海やプールなどにおいて水辺の事故防止・救助活動を展開。
 今年は新型コロナウイルス感染症の影響で海水浴場が開設されない地域があるものの、全国各地の海岸で活動するライフセーバーと協力し、「水辺の事故ゼロ」をめざす。

 スバルによるサポートは昨年に引き続いての実施となるが今年はサポートエリアを拡大、北海道から沖縄まで全国21社のスバル販売会社が参画し、各地域に拠点を置く21団体の道府県ライフセービング協会に「SUBARUライフセーバーカー」を提供する。
 車両は2021年7月~8月の間、地域の巡回や安全指導、ビーチパトロールなどに使用されるほか、地域によってはスバル販売店と協力して開催する安全教室イベントなどにも活用される。

 19日の式典では、ライフセーバーでライフセービングスポーツ日本代表選手としても活躍する三井結里花さんが出席、ライフセーバーを代表して感謝と夏本番に向けた水辺の事故ゼロをめざす意気込みを伝えた。

スバル・佐藤洋一 国内営業本部長(写真左)と日本ライフセービング協会・入谷拓哉 理事長

スバル・佐藤洋一 国内営業本部長(写真左)と日本ライフセービング協会・入谷拓哉 理事長

 スバルでは『「クルマだけでは守れないいのち」を守り、一人ひとりのいのちを輝かせたい。』というメッセージを掲げ、安全を守る様々な活動を展開。
 SUBARUライフセーバーカーの提供もその活動の一環で、昨年はフォレスターなど12台の車両を提供、神奈川県・千葉県・静岡県の海岸でライフセーバーの活動をサポートした。

 今回提供した車両の一つであるフォレスターは、1997年より発売されたミドルクラスのクロスオーバーSUVで、取り回しの良さと室内の広さを兼ね備えたパッケージングや、使い勝手の良さにすぐれた装備を取り揃えるとともに、スポーティな走りが特徴的なモデル。
 近年ではスバル独自の電動技術・e-BOXERエンジンを搭載したグレードも用意され、走りの楽しさを味わえる車両として広く親しまれている。

 2021年6月には運転支援システム「新世代アイサイト」を搭載した大幅改良モデルの先行予約を受注開始、今年8月に正式発表を控えている。

関連記事:フォレスターが大幅改良 「新世代アイサイト」を全グレード標準装備&内外装を刷新 スバル
     8月発表予定! 新型フォレスター詳報

スバル フォレスターの中古車一覧はこちら

スバル フォレスターの新車見積もりはこちら

グーネットマガジン編集部

ライタープロフィール

グーネットマガジン編集部
この人の記事を読む

img_backTop ページトップに戻る

タイトルとURLをコピーしました