アウディ、新型「A6 アバント」を日本で発表

車のニュース [2018.04.12 UP]

アウディ、新型「A6 アバント」を日本で発表

A6 アバント

ミドルクラスのステーションワゴン「A6 アバント」の新型モデル

アウディ ジャパンは4月11日、ミドルクラスのステーションワゴン「A6 アバント」の新型モデルを日本で発表した。今回の新型モデルは、「印象深いエクステリアデザイン」、「広々としたインテリア」、「マイルドハイブリッドシステムを備えたパワフルなエンジン」、「幅広い選択肢を用意するサスペンション」などが特徴として挙げられる。

エクステリアデザインは、シングルフレームグリルが大型化され、ワイドで低く構えて圧倒的な存在感をもたらしている。サイドビューは、伸びやかなシルエットと台形のウィンドーが印象的だ。ルーフラインは、力強いアーチを描き、低めのDピラーへと着地。ルーフエッジスポイラーが車両後方へと延びて、スポーティなスタイルに仕上げている。空気抵抗係数を示すCd値は0.27で、エアロダイナミクス性能が向上。ボディサイズは、全長4940mm、全幅1890mm、全高1470mm。

A6 アバント

室内スペースは、先代モデルよりも拡大している

室内スペースは、先代モデルよりも拡大。フロント及びリヤの室内幅だけでなく、リヤシートのニースペースも、トップクラスの広さを確保する。ラゲッジルームの積載幅は1050mm、容量はリヤシートを起こした標準時で565リッター。リヤシートの背もたれを倒すと、1680リッターに拡大する。

A6 アバント

サスペンションは、先代モデルよりもダイナミックになり、快適性も進化させている

マイルドハイブリッドシステムは、快適性と効率性が向上し、実走行における燃料消費量を削減することが可能。システムの心臓部であるベルト駆動式のオルタネータースターターは、48Vシステム搭載の場合には、制動時に最大12kWのエネルギーを回生することができる。55km/hから160km/hの速度において、エンジンを停止した状態でコースティング(惰性走行)することが可能で、22km/h以下の速度でスタート/ストップ機能を作動させることができる。

サスペンションは、先代モデルよりもダイナミックになり、快適性も進化させている。標準のスチールスプリングサスペンションのほか、スポーツサスペンション、電子制御式ショックアブソーバーを備えたサスペンション、アダプティブエアサスペンション(電子制御式ショックアブソーバー付)の合計4種類が選択できる。標準装備となるプログレッシブステアリングは、高い快適性を実現。標準の状態でもスポーティに設定されるステアリングは、操舵角が増すにつれてダイレクトなレシオへと変化する。

そのほか安全装備は、ライティングテクノロジー、アシスタンスシステム、パッシブセーフティなど、広範囲なセーフティシステムを装備。LEDヘッドライトを標準装備とし、ヘッドライトには3つのバージョンが用意される。最上位のシステムは、高解像度ハイビームを搭載したHDマトリクスLEDヘッドライトを採用する。

グーネット編集部

ライタープロフィール

グーネット編集部

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど
様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど
様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

関連する車種から記事を探す

img_backTop ページトップに戻る

タイトルとURLをコピーしました