【トヨタ】SAIを一部改良/特別仕様車「G“Viola”」も発売【価格】

車のニュース [2015.05.11 UP]

【トヨタ】SAIを一部改良/特別仕様車「G“Viola”」も発売【価格】

SAI01

ユニット・コンパス/Goo-net編集部

 トヨタのハイブリッド専用のアッパーミドルセダン「SAI」が一部改良を受け、内装に専用色「ダークバイオレット」を採用した特別仕様車「G“Viola”」も同時に発売された。駆動方式は全車FF。価格帯は330万3818円(S)~433万9637円(G“Aパッケージ”)。G“Viola”は399万6982円となっている。

 フロントドアガラスには、99%以上カットできる紫外線の波長の上限を従来より20nmアップし400nmに変更した「スーパーUV400カットガラス」を世界ではじめて採用した。また、ボディの塗装は、洗車時などにつくごく小さなすり傷を自己修復するクリア塗装「セルフリストアリングコート」を採用している。リアのライセンスランプは白色LEDとした。ボディ剛性アップ、サスペンションのチューニングなども行っている。

 「ヒルスタートアシストコントロール」に坂道を感知する機能を追加し、安全性能を向上した。快適装備としては「T-Connect SDナビゲーションシステム」を搭載。音声対話とルートの先読みでドライブをサポートする「エージェント」、ナビゲーションにアプリケーションソフトを追加できる「Apps(アップス)」、安心・安全サービスを提供する「オンラインケア」など、多彩なサービスが活用できる。

 G“Viola”は、上級グレードの「G」をベースにインテリアを上品なバイオレットで演出した特別仕様車。ファブリックと合皮のコンビネーションのシート表皮、ドアトリムオーナメント、シートベルトを専用色ダークバイオレットとし、シートやドアアームレスト、メーターフード、ステアリングに専用色「バイオレット」のステッチを施している。ドアアームレスト、センターコンソール、リモートタッチの側面は、専用色「ライトバイオレット」、ステアリングとインパネセンタークラスター、ドアトリムのスイッチベースには専用色「クールブラック」を採用した。

 運転席と助手席には、快適温熱シートやスカッフイルミネーションを特別装備している。また、オプションとして、専用のブラック加飾を施した18インチアルミホイールを設定。ボディカラーは、特別設定色「スパークリングブラックパールクリスタルシャイン」を含む4色が用意されている。

グーネット編集部

ライタープロフィール

グーネット編集部

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど
様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど
様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

関連する車種から記事を探す

img_backTop ページトップに戻る

タイトルとURLをコピーしました