スズキ 軽トラック「キャリイ」を一部仕様変更して発売 60周年記念の特別仕様車も新設定

車種別・最新情報 [2021.08.02 UP]

スズキ 軽トラック「キャリイ」を一部仕様変更して発売 60周年記念の特別仕様車も新設定

スズキ・キャリイ KX

スズキ・キャリイ KX

 スズキは8月2日、軽トラック「キャリイ」「キャリイ特装車」の一部仕様変更を行うと発表、2021年8月18日より発売する。
 また、今年でキャリイが誕生60周年を迎えることを記念し、特別仕様車「60周年記念車」が新設定される。
 キャリイの価格帯は75万2400円~142万4500円(税込、スーパーキャリイ含む)、保冷車などのキャリイ特装車シリーズは125万700円~228万1400円(税込)。

スズキ キャリイの中古車一覧はこちら

一部グレードに「ぬかるみ脱出アシスト(ブレーキLSDコントロール)」を追加するなど外装&装備の充実図る

スズキ・スーパーキャリイX

スズキ・スーパーキャリイX

 今回の一部仕様変更では、KCエアコン・パワステ、KCエアコン・パワステ農繁、スーパーキャリイLにメッキフロントガーニッシュを追加。
 また、KCパワステ農繁、KCエアコン・パワステ農繁、KX(4WD・5MT車)、スーパーキャリイX(4WD・5MT車/5AGS車)、キャリイ特装車金太郎ダンプ5MT車を除くモデルに、「ぬかるみ脱出アシスト(ブレーキLSDコントロール)」を標準装備。
 スズキ セーフティ サポート装着車の5MT車、スズキ セーフティ サポート非装着車の3AT車、キャリイ特装車の3AT車には「ヒルホールドコントロール」が標準装備に追加される。
 さらに、KCエアコン・パワステ農繁、特別仕様車農繁スペシャルに3AT(3速オートマチックトランスミッション)車を新たに設定した。

「スズライトキャリイFB型」発売から60年、4AT採用の特別仕様車はHIDヘッドランプ化スプリング(4枚リーフスプリング)を標準装備

スズキ・キャリイ 60周年記念車

スズキ・キャリイ 60周年記念車

 そしてキャリイは1961年10月に「スズライトキャリイFB型」として発売して以来、今年で60周年を迎えたことを記念し、特別仕様車として「60周年記念車」を新設定、キャリイ初となる4AT(4速オートマチックトランスミッション)を採用し、HIDヘッドランプと強化スプリング(4枚リーフスプリング)を標準装備とした。

 高い経済性と耐久性、使いやすさという不変の基本コンセプトを守り、身近な働くクルマとして進化を続けてきたキャリイは、2021年6月末現在で国内累計販売台数は468万台を達成(スズキ調べ)。
 現行モデルは経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーS ワイド」、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS2)認定車」、「ペダル踏み間違い急発進抑制装置(PMPD)認定車」に該当するなど、安全面においても配慮されている。

メーカー希望小売価格(消費税10%込み)

キャリイ
価格帯:75万2400円~130万4600円


キャリイ特別仕様車
価格帯:98万1200円~129万9100円
■キャリイ特別仕様車 60周年記念車■
・エンジン:0.66L DOHC 吸気VVT
・駆動:2WD/4WD
・変速機:4AT
・燃料消費率 WLTCモード走行:15.3km/L
・燃料消費率 JC08モード走行:16.3km/L
・価格:2WD車 114万7300円
    4WD車 129万9100円

スーパーキャリイ
価格帯:105万8200円~142万4500円

キャリイ特装車シリーズ
価格帯:125万700円~228万1400円

※価格には、リサイクル料金、保険料、税金(除く消費税)、届出等に伴う費用は含まれない。

スズキ キャリイの中古車一覧はこちら

img_backTop ページトップに戻る

タイトルとURLをコピーしました