閉じる

グーネット中古車アプリ

PROTO CORPORATION

抽選でアマギフ1万円分当たる

車種別・最新情報
掲載日:2022.08.26 / 更新日:2022.08.26

【スズキ 新型スペーシア ベース】個人ユーザーをターゲットにした遊べる商用車

文●大音安弘 写真●ユニット・コンパス

 今や軽の主力となったワゴン市場に、スズキが新提案するのが、軽スーパーハイトワゴン「スペーシア ベース」だ。その名が示すように、スペーシアの新たなバリエーションなのだが、なんと4ナンバー登録となるスペーシアの商用車である。しかし、そのターゲットユーザーは、ビジネスではなく、個人というから驚き。つまり新型車は、ワゴンRスマイルに続く、新たなパーソナルカーの姿というわけだ。

趣味に仕事に活躍しそうな新たな商用バン

 新たな商用バンを投入したスズキの狙いは、乗用ワゴンの快適さと商用バンの機能性を両立にある。近年のアウトドアブームから、手軽な趣味のトランスポーター&ベースとして、エブリィのような軽商用車が注目されるようになった。確かに積載性には優れるが、耐久性や積載重量を重視しているため、快適性はやや後回しとなっているのが正直なところ。また軽トラック「キャリィ」とも基本を共有するため、ドライビングポジションがトラック的であり、FRレイアウトによるフロアの高さもデメリットとなる。そこで新型では、前席まわりはスペーシアの快適性を受け継ぎつつ、後席とラゲッジスペースとなる後部はFFレイアウトによる低床フロアを活かし、積載性向上のためのレイアウト変更を行っている。つまり、一人や二人で使うのに最高のギアが目指されたのだ。

ギア感あふれるタフなスタイリング

 まずはスタイルから見ていこう。全体の雰囲気は、ギア感に溢れるタフネスなもの。力強いフロントマスクは、クールな出で立ちのスペーシアカスタム顔に採用。このカスタムマスクは、マイチェン前のカスタム顔とすることで、最新のスペーシアカスタムとも差別化している。フロントマスクをはじめ、ホイール、ドアミラー、リヤセンターガーニッシュ、テールランプなどをブラック化することで、引き締まったマッチョなイメージを作り上げている。ギア感の演出に拘り取り入れたのが、ボディ同色のクォーターパネルだ。外観上は樹脂パネルとし、室内側には小物入れとして活用している。ボディカラーは、全5色。アクティブイエローやピュアホワイトパールといった明るい色とデニムブルーメタリックやブルーイッシュブラックパール3、新色のモスグレーメタリックのガツンと来るギア感溢れる色を揃える。

車中泊にも対応するインテリアスペース

 インテリアは、ブラックが基調。ダッシュボードまわりは、スペーシアと共通のデザインとなるが、アクセントカラーに「グレイッシュブルー」を使用され、スペーシアの持つ明るいキャラクターも受け継いでいる。特徴的なシートレイアウトは、スペーシアと同じフロントシートに加え、後席は専用ベンチシートを備える。積載性を優先するため、足元スペースも狭く、シート自体も小ぶりのため、エマージェンシーシートと捉えるべきだろう。しかし、この簡素シートこそ、後部エリアの拡張機能に大きく貢献する秘密兵器のひとつなのだ。ラゲッジスペースのフロアボードは、「マルチボード」と名付けた厚みのあるしっかりとした樹脂製ボードが使われており、このボードを活用することで3段調整可能な棚になったり、乗員スペースとラゲッジスペースを仕切るパーテーションになったりする。しかし、それだけではない。この棚と後席を組み合わせることで新たな機能が生まれる。ボードを上端して後席の背もたれを倒すと、後部エリアがデスクとチェアを備えたモバイルオフィスに早変わり。さらにボードを下段にセットし、後席を格納。さらに前席を180度倒せば、車中泊スペースにもなる。また助手席の背もたれを倒して、後部をフルフラット状態にすれば、長尺物まで収まる積載力マックスの仕様にすることもできるのだ。このようにマルチボードとシートアレンジの組み合わせにより多彩な使い方が生まれるように工夫されているのだ。また撥水加工済ファブリックフロントシートと防水性のあるPVC素材のリヤシート、フロアボード類は防汚タイプとなっているため、アウトドアシーンなどで遊び倒した後の掃除も簡単だ。

グレード構成と価格について

 エンジンは、ノンハイブリッドの自然吸気仕様のみ。トランスミッションは、CVTとなり、前輪駆動車と4WD車の選択が可能。燃費消費率は、21.2km/L~19.9km/L(WLTC)となっており、前輪駆動車の場合、軽商用車ナンバー1の燃費を誇る。もちろん、全車エコカー減税対象車となる。グレード構成は、エントリーグレードの「GF」と上級グレード「XF」のふたつ。価格はGFが139万4800円~151万8千円。XFが154万7700円~166万7600円となる。

スペーシア ベースの装備

 最後に装備について触れておこう。全車にLEDヘッドランプとLEDフォグランプ、先進安全運転支援機能「スズキセーフティサポート」などが標準に。そして、メイングレードと目される上級の「XF」の装備は、かなり充実。アルミホイール、ルーフレール、後席右側ワンアクションパワースライドドア、両側スライドアクローザー、ACC、プレミアUV&IRカッドガラス(フロントドア)&IRカット機能付フロントガラス、チルトステアリング、運転席シートリフター、前席シートヒーター、USBソケットなどを標準となるため、商用モデルでありながら、スペーシアの顔負けの機能を持つ。また乗り心地の良さや静粛性の高さもスペーシアギアの大きな武器となる。快適な趣味車やビジネスカーとして新提案された軽バンのスペーシア ベース。その活用の可能性は、オーナーの腕に掛かっていると言っても良いだろう。

まとめ

 最後にスペーシアとの最大の違いを挙げておくと、それは車検制度だ。通常は、初回が3年後となり、それ以降は2年毎となるが、軽商用車の場合、2年毎となる。初回車検までの時間が違うだけなので、あまりあまり気にする必要はないはずだ。

大音安弘(おおと やすひろ)

ライタープロフィール

大音安弘(おおと やすひろ)

1980年生まれ。埼玉県出身。クルマ好きが高じて、エンジニアから自動車雑誌編集者に転身。現在はフリーランスの自動車ライターとして、自動車雑誌やWEBを中心に執筆を行う。歴代の愛車は全てMT車という大のMT好き。

この人の記事を読む

1980年生まれ。埼玉県出身。クルマ好きが高じて、エンジニアから自動車雑誌編集者に転身。現在はフリーランスの自動車ライターとして、自動車雑誌やWEBを中心に執筆を行う。歴代の愛車は全てMT車という大のMT好き。

この人の記事を読む

関連する車種から記事を探す

img_backTop ページトップに戻る

ȥURL򥳥ԡޤ