車種別・最新情報
掲載日:2022.08.02 / 更新日:2022.08.05

選んで損なし! 実力派SUV×5車【1】ヴェゼル

【推せる理由】を教えます『選んで損なしの実力派SUV×5モデル』

【PICK UP.1】 HONDA ヴェゼル
【PICK UP.2】 SUBARU フォレスター
【PICK UP.3】 TOYOTA カローラ クロス
【PICK UP.4】 SUBARU スバルXV
【PICK UP.5】 SUZUKI クロスビー

リポーター:渡辺陽一郎
国産車/輸入車に精通するカーライフ・ジャーナリスト。独自の視点で切り込む新車購入術&情報は高い評価を得ている。今回の企画では手頃な予算で狙えるオススメのSUVを選んでもらった。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2022-2023選考委員。

HONDA ヴェゼル

●価格帯:227万9200~329万8900円

2モーター式の「e:HEV」は、発電した電気でモーターを動かす電動駆動が魅力。キビキビとした電動走行感に加えて、高速走行の余力感も手に入れている。

【推せる理由】e:HEV車のパフォーマンスは抜群。上級SUVとも十分戦える

 ホンダは’22年内に新型SUVのZR-Vを発売するが、好調に売るには商品力を相当に高めて、価格は割安に抑える必要がある。その理由は同じホンダのSUV、ヴェゼルが買い得であるからだ。
 ヴェゼルは全長が4330㎜のコンパクトSUVで、水平基調のボディは視界も良く、混雑した街中でも運転しやすい。その一方で後席の足元空間はCR-V並みに広い。身長170㎝の大人4名が乗車した時、後席に座る乗員の膝先空間は、握りコブシ2つ半に達する。インパネの周辺など、内装も上質で、運転のしやすさと上級SUV並みの快適性を両立させた。この組み合わせがヴェゼルの凄さだ。
 さらに燃料タンクを前席の下に搭載するレイアウトのため、荷室の床が低い。後席の足元空間を広げたため、荷室長はコンパクトSUVの平均水準に留まるが、積載容量には余裕がある。しかも後席の座面を持ち上げると、車内の中央に背の高い荷物を積むことも可能だ。ヴェゼルならではの多彩な機能が備わる。
 パワーユニットは、ハイブリッドのe:HEVが主力だ。エンジンは主に発電機の作動に使われ、発電した電気でモーターを駆動する。基本的に電気走行のためアクセル操作に対する反応が機敏で、加速は滑らかだ。静粛性も優れ、内外装と同じく上質な走りを楽しめる。
 売れ筋になるe:HEV Zの価格は、2WDが289万8500円と少し高いが、装備は充実している。後方の並走車両を検知して知らせるブラインドスポットインフォメーション、リヤゲートの電動開閉機能、18インチアルミホイール、上級シート表皮などを標準装着。このe:HEV Zは、ベーシックなe:HEV Xに29万円相当の装備を加えながら、価格の上乗せは約24万円。ボディはコンパクトだが、ファミリー層を含めて、後席の使用頻度が高いユーザーに強くオススメできる。

通常時の荷室スペースもクラス平均以上。多彩な使い分けが可能なアレンジ機能が与えられるなど、フィットとほぼ同等の機能がSUVボディに詰まっている。
オススメグレード:e:HEV Z(2WD)

●価格:289万8500円

内外出版/月刊自家用車

ライタープロフィール

内外出版/月刊自家用車

オーナードライバーに密着したクルマとクルマ社会の話題を満載した自動車専門誌として1959年1月に創刊。創刊当時の編集方針である、ユーザー密着型の自動車バイヤーズガイドという立ち位置を変えず現在も刊行を続けている。毎月デビューする数多くの新車を豊富なページ数で紹介し、充実した値引き情報とともに購入指南を行うのも月刊自家用車ならではだ。

この人の記事を読む

オーナードライバーに密着したクルマとクルマ社会の話題を満載した自動車専門誌として1959年1月に創刊。創刊当時の編集方針である、ユーザー密着型の自動車バイヤーズガイドという立ち位置を変えず現在も刊行を続けている。毎月デビューする数多くの新車を豊富なページ数で紹介し、充実した値引き情報とともに購入指南を行うのも月刊自家用車ならではだ。

この人の記事を読む

関連する車種から記事を探す

img_backTop ページトップに戻る

ȥURL򥳥ԡޤ