車のエンタメ [2022.05.26 UP]

大人が楽しむ!「はたらくくるま」図鑑 ホンダ&コマツのミニショベルカー編<1>

 2021年6月、ホンダが建設機械メーカーであるコマツと電動マイクロショベルの共同開発を発表した。今回はそのプロジェクトで開発された試作車の実証実験に立ち会う機会を得た。ホンダとコマツが開発した「はたらくくるま」は、どのようなものだったのか? ホンダとコマツの電動化への取り組みなどを合わせて紹介したい。

●取材・文:鈴木ケンイチ ●取材協力:今井園 

今回「PC01(試作車)」を試運転したのが神奈川県相模原市にある今井園の主、今井さん。「静かでパワーがあって乗りやすい。排気ガスがないからハウスで使うにもいいね」と好印象。

ホンダとコマツのコラボで電動化を実現

 ホンダを支えるビジネスは、3つある。それがクルマとバイク、そして汎用エンジンだ。

 その規模は大きく、2020年の世界販売は約560万台。小排気量の汎用エンジンのシェアは世界ナンバー1だ。そして、そんなホンダの汎用エンジンを使う「はたらくくるま」は、ホンダ・バッジの内製もあれば、OEM製も多い。

 世界有数の建設機械メーカーであるコマツも30年ほども前からマイクロショベル(PC01-1)にホンダの汎用エンジンを採用していた。

 一方、強まる世のカーボンニュートラルの要望は建機にも及ぶ。そうした流れに対応するために、付き合いの長い2社がコラボレーションして、電動マイクロショベル「PC01(試作車)」が誕生した。

 コマツのマイクロショベル「PC01-1」の車体をベースに、ホンダの交換式バッテリー「ホンダ・モバイルパワーパック」と電動パワーユニット「eGX」によって、電動化を実現しているのだ。
ホンダの交換式バッテリー「ホンダ・モバイルパワーパック」と電動パワーユニット「eGX」を採用したコマツのマイクロショベル「PC01(試作車)」。写真はニュースリリース時のもの。
ホンダの交換式バッテリー「ホンダ・モバイルパワーパック」はこのように後部に搭載されている。写真はニュースリリース時のもの。

ライタープロフィール

内外出版/オートメカニック
この人の記事を読む

img_backTop ページトップに戻る

ȥURL򥳥ԡޤ