車のニュース[2016.12.09 UP]

日本カーオブザイヤー、スバル「インプレッサ スポーツ/G4」が受賞

日本カーオブザイヤー 12月9日日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は今年を代表する一台を決定した

日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は12月9日、スバル(富士重工業)「インプレッサ スポーツ/G4」が2016-2017年の日本カー・オブ・ザ・イヤーを獲得した。今回の日本カー・オブ・ザ・イヤーでは、11月6日に「10ベストカー」を最終選出。この中から、11月23日〜25日に自動車評論家、ジャーナリスト、一般有識者からなる59名の選考委員による最終選考の投票を実施。その投票結果が12月9日に発表された。

ベスト10カーには、スバル「インプレッサ スポーツ/G4」、トヨタプリウス」、ホンダフリード」「フリード+」、日産セレナ」、BMW「M2 クーペ」、アウディ「A4シリーズ」、ジャガー「F-PACE」、アバルト「アバルト 124 スパイダー」、メルセデス・ベンツ「Eクラス」、ボルボ「XC90」がノミネートされた。

SUBARU IMPREZA SPORT / G4
インプレッサ G4/スポーツ 2016-2017年日本カーオブザイヤーを受賞した「インプレッサ G4/スポーツ」

2016-2017年日本カーオブザイヤーを受賞した「インプレッサ G4/スポーツ」は、新開発のスバルグローバルプラットフォームなどにより質の高い走行性能を実現。さらに、国産車としては初めて歩行者保護エアバッグを搭載、また運転支援システムのアイサイトをはじめとする多くの安全装備を標準搭載するなど世界トップレベルの安全性能も備え持つ。今回の受賞でスバル(富士重工業)としては、2003年の「レガシィ」以来13年ぶり2回目の受賞となる。

AUDI A4 Series
アウディ A4 インポートカーオブザイヤーを受賞したアウディ「A4シリーズ」

輸入車部門では、「アウディ A4シリーズ」が受賞。「アウディ A4シリーズ」が149点、「ボルボ XC90」が145点を獲得する激戦となったが、わずか4点差で「アウディ A4シリーズ」が受賞した。受賞理由としては、アウディの中核モデルとして全体的な完成度の高さを持っている。セダン・アバントなどラインナップが豊富で、さらに運転支援システムやコネクティビティ、インフォテイメントシステムなどは最新のものを装備していることも評価された。また、クオリティの高い走行フィールを実現していることにも好印象を受けたという。

NISSAN SERENA
日産セレナ イノベーション部門は日産「セレナ」が受賞した

革新技術を持つクルマに贈られるイノベーション部門賞は日産「セレナ」が受賞。受賞理由は、比較的手頃な価格により量販されるミニバンにおいて、安全につながる運転支援システム「プロパイロット」を搭載したことが、交通事故のない社会を実現するための大きく評価された。また、デュアルバックドアやハンズフリースライドドアなどの装備についても革新的。

「プロパイロット」は高速道路での、単調な“渋滞走行”と長時間の“巡航走行”をドライバーに代わってアクセル、ブレーキ、ステアリングを自動で制御するシステム。前を走行している車との車間距離を把握して、停車したり前進したりを自動で促しドライバーの負担を軽減する。

BMW M2 Coupe
M2クーペ エモーショナル部門賞はBMW「M2 クーペ」が受賞した

秀でたデザイン、ドライブフィールなどを持つクルマに贈られるエモーショナル部門賞はBMW「M2 クーペ」が受賞。コンパクトなFRスポーツモデルとして極めて完成度が高く、ドライビングが楽しいことが大きな魅力の一台。レスポンスがよくリニアに吹け上がる3リッター直6DOHCエンジンの回転フィールは滑らかで素晴らしく、ステアフィールも絶妙であることなど、BMWの「駆けぬける歓び」が100%実現していることが高く評価された。

DAIHATSU MOVE canvas
キャンバス スモールモビリティ部門賞はダイハツ工業「ムーヴ キャンバス」

軽自動車を対象にしたスモールモビリティ部門賞はダイハツ工業「ムーヴ キャンバス」が受賞。セミトールボーイでスライドドアを採用するということで、新しい軽自動車ワゴン像を提案した点が大きく認められた。さらに内外装のデザインやカラーリングもユニークで非常に魅力的であるし、走行性能についても満足できるレベルである点、また軽自動車の未来へ向けた可能性を広げたという点においても高い評価をされた。

HONDA NSX
NSX 実行委員会特別賞は本田技研工業「NSX」

実行委員会特別賞は本田技研工業「NSX」が受賞。運動性能に優れたハイブリッドスーパースポーツカーとしての高い完成度。また、日本が得意とするハイブリッド技術で未来のスポーツカー像を提案したことが大きく評価された。しかし、年間販売予定が日本カー・オブ・ザ・イヤーのノミネート基準の500台に満たない100台なため特別賞として記録された。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント