試乗記[2016.11.17 UP]

プジョー 308 アリュール BlueHDi 試乗レポート

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プジョー 308 アリュール BlueHDi

ついに上陸した本場のディーゼルモデル

 昨今、輸入車をはじめ国産車でもディーゼルエンジンを搭載したモデルの人気が高まっている。リッター燃費に加えて「軽油」ということで、トータルの燃料コストの安さが注目を集めているわけだが、なによりガソリンエンジンと比べて、低速域での圧倒的な力強さが魅力となっている。

 ディーゼルが広く浸透している本場ヨーロッパでもとくにディーゼル人気が高い国のフランスだが、クリーンディーゼル車の日本導入は今回の「308」と「508」がはじめてとなる。エンジンは1.6Lと2.0Lで、ともに4気筒。試乗したのは、1.6Lを積んだ308アリュールBlueHDiだ。

 アイドリングではディーゼル特有の音を出すが、そのボリュームはあくまでも控えめ。もちろん悪臭も放たない。そして走り出すと、まずその「速さ」に驚かされる。ディーゼル&ターボの力強さはもはや知られるところだが、この新型エンンジンは可変ジオメトリーターボを備え、広い回転域で大きなトルクを発揮する。さらに内部のフリクションロスも削減し、効率性でも大きな進化を遂げている。

プジョー 308 アリュール BlueHDi

 低燃費&ハイパワーのクリーンディーゼルは、308のコンパクトなボディをキビキビと走らせる。ガソリンエンジン搭載モデルと比べ50kgほど重量が増えたものの、30kg mを超えるトルクは非常に強力で、308の走りを一変させている。さらに「スポーツモード」を選択すると、ステアリングやアクセルのフィーリング、排気音などがガラリと変わり、素早くホットハッチに変身してみせる。まるで一台二役で、通常の軽快さとスポーティモデルのような攻めた走りを自在に楽しむことができるのだ。

 長年にわたりディーゼルエンジンの開発に積極的に取り組んできたプジョーが導入した注目のクリーンディーゼルモデル。今後、他のモデルでの設定も大いに期待したい。

文●GooWORLD 写真●内藤敬仁
問い合わせ プジョーコール TEL:0120-840-240

Detail Check

プジョー 308 アリュール BlueHDi(コックピット)

コックピット

インテリアは非常にシンプル。オーディオやエアコン、ドライビングサポートなどの操作が集約されたタッチスクリーンのセンターコンソールは、慣れてしまうと、まるでスマートフォンのように自然に操作ができる。

プジョー 308 アリュール BlueHDi(インテリア)

インテリア

ベーシックグレードの「アリュール」には、ホールド性と座り心地の快適さが両立された、ファブリックのスポーツシートが装着される。シックなデザインは飽きがこない。

プジョー 308 アリュール BlueHDi(エンジン)

エンジン

1.6Lディーゼルターボは低速域からのトルク感が豊かで力不足を感じることはない。21.0km(JC08モード)の燃費も優秀。

プジョー 308 アリュール BlueHDi(ラゲッジルーム)

ラゲッジルーム

欧州ハッチバックのベストセラーモデルだけに、実用性に抜かりはまったくない。後席のシート展開もワンタッチで素早い。

主要諸元:308 アリュール BlueHDi(6速AT)

全長×全幅×全高 4260×1805×1470mm
ホイールベース 2620mm
トレッド前/後 1555/1555mm
車両重量 1340kg
エンジン 直4SOHCディーゼルターボ
総排気量 1560cc
最高出力 120ps/3500rpm
最大トルク 30.6kg m/1750rpm
サスペンション前/後 ストラット/トーションビーム
ブレーキ前/後 Vディスク/ディスク
タイヤサイズ前後 205/55R16

全国メーカー希望小売価格(発売 2016年7月)

308 アリュール(6速AT) 279万円
308 アリュール BlueHDi(6速AT) 299万円
308 GTライン(6速AT) 314万円

Body Color

 □ビアンカ・ホワイト  ダークブルー  ペルラ・ラネ・ブラック
 アルティメット・レッド  アルタンス・グレー  □パールホワイト

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント