クルマのお役立ち情報[2016.08.25 UP]

人気自動車ジャーナリスト(と編集スタッフ)が真剣チェック!
気になる中古車試乗判定 メルセデス・ベンツ Aクラス

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メルセデス・ベンツ Aクラス 2013年式 MERCEDES-BENZ A-CLASS

一般ユーザーが乗っている使用過程車をテストすることで、新車ではわからない実力をチェックするのがこのコーナー。売れ線中古車の本当のトコロを厳しい目線でインプレッション!果たしてその結果は!?

文●竹岡圭、九島辰也、GooWORLD 写真●GooWORLD

今月の中古車は メルセデス・ベンツ Aクラス

従来モデルとは一線を画す流麗なフォルムが現行型の特徴。マイナーチェンジでグリル内のバーが1本となったのがわかりやすい識別点。

メルセデス・ベンツ Aクラス
メルセデス・ベンツ Aクラス コックピット
クオリティが高くデザインも
スタイリッシュに進化

 ナッパレザー仕上げのパドルシフト付きステアリングやクルーズコントロール、オートライトなど標準装備が充実。室内の質感も高く、プレミアムブランドのクルマであることを実感する。シフト操作を行うレバーがハンドル周辺にあるため、センターコンソールがすっきりとしている。

メルセデス・ベンツ Aクラス 内装
充実した安全装備
とくに前席は快適性も高い

 ハイバックタイプのシートは、レザーとクロスのコンビで質感も高い。また、A180スポーツでは運転席はフル電動調整と電動ランバーサポート、シートヒーターが標準装備。後席は2対1の分割可倒式で、長尺物にも対応。ラゲッジ容量は通常時が341Lで最大で1157Lまで拡大する。

メルセデス・ベンツ Aクラス エンジン
パワー感はいまひとつだが
燃費に優れるエンジン

 メイングレードとなる「A180」系に搭載されるのは1.6L直4DOHCターボエンジン。直噴テクノロジーとアイドリングストップ機能によって最高出力122馬力、最大トルク20.3kgmを発揮しながら、15.9km/L(JC08モード)という燃費性能を両立している。トランスミッションは7速DCT。

メルセデス・ベンツ Aクラス 液晶ディスプレイ・レーダーセーフティパッケージ
パッケージオプションにより
装備の充実度は異なる

 液晶ディスプレイにナビやオーディオ、車両情報などを表示するCOMANDシステムを標準装備する。ナビは販売店オプションであるため、中古車購入時は要確認。2015年のマイナーチェンジで、いわゆる自動ブレーキが含まれるレーダーセーフティパッケージがオプションとして登場した。

メルセデス・ベンツ Aクラス 試乗判定レビュー

自動車ジャーナリスト(竹岡 圭・九島辰也)

シートの調整範囲が広く、ドライビングポジションが小柄な女性でもしっかりととれると評価する竹岡さん。九島さんは室内のクオリティ感を確認して満足のご様子です。

自動車ジャーナリスト(竹岡 圭・九島辰也)

スタイリッシュな姿に生まれ変わった3代目

編集部●気になる中古車を実際に試乗することで、その実力をチェックしようというのがこのコーナー。今回はメルセデス・ベンツの最小コンパクトカー、Aクラスの登場です。お借りした車両は個人所有のもので、2013年式、グレードは「A180」、走行距離は3.6万kmとなります。現行型のAクラスが登場したのは2012年11月ですから、ほぼデビュー年ですね。

竹岡●現行型になって、それまでのおにぎりみたいなスタイルから一気にスポーティに変わったよね。

九島●初代と2代目のAクラスは、電気自動車を作ろうとしてサンドイッチ構造のボディとあのスタイルを採用したんだけど、現行型はその呪縛から解放されたんだ。

編集部●ちなみに、エクステリアのデザイナーはSLS AMGを手がけたマーク・フェザーストーンで、室内のジェット機のエンジンのようなエアコン噴き出し口の造形にもその面影を感じることができます。

竹岡●より多くのひとに受け入れられるデザインにしたわけね。

九島●メルセデスは日本に輸入されているモデルだけを見ているとわかりにくいけど、本当に全方位をカバーしているブランドなんだ。たとえば、Sクラスにはセダンのほかにクーペとカブリオレがあるけど、7シリーズにはないでしょ。

竹岡●たしかに、プレミアムブランドでメルセデスほどSUVをラインアップしているところはほかにない。余裕があるからできるのかな(笑)

自動車ジャーナリスト(竹岡 圭・九島辰也)

編集部●現行型Aクラスのプロフィールを簡単に紹介しますと、メイングレードが1.6Lターボの「A180」系、2Lターボの「A250」系、そしてハイエンドとしてAMGモデルの「A45」となります。ベーシックモデルが300万円を切ったことでも話題になりました。

竹岡●買いやすい価格だしカッコいいから、これまで国産車しか乗らなかったひとも興味出たんじゃない?

編集部●そして2015年11月にマイナーチェンジを受け、ルックスがさらに洗練されたことに加え、安全・快適装備が最新のレベルに引き上げられました。とくに、自動ブレーキや渋滞追従機能を備える高度なクルーズコントロールなどをパッケージ化した「レーダーセーフティパッケージ」は、オプションですがあると嬉しい装備ですね。「A250」、「A45」については、エンジンとサスにも改良が加わっています。

竹岡●このクルマ、シートがちょっといい感じだよ。カッコいい。

九島●ほんとだ。

竹岡●ちょっと乗ってみていい?(シート位置を調整してドライビングポジションを確認)座面の前が下げられるから、小柄な私でもちゃんとドライビングポジションが取れる。あ、これオートエアコンじゃないんだぁ。ちょっと残念(笑)

九島●シート自体も肉厚でしっかりと身体を支えてくれるし、安心感があるね。小さいクルマっていうことで女性向けって紹介されがちだけど、コーディネートによっては男性が乗ってもカッコいいと思うよ。

竹岡●せっかくだから、このまま試乗に行っていい?

九島●Aクラスに乗るのはひさしぶりだから楽しみだね。


編集部●試乗された感想はいかがでしたか?

九島●走り出してすぐに思ったのが、“メルセデス”という横軸でのセッティングがうまいなということ。ステアリングの手ごたえなんかにEクラスやSクラスに通じる重厚感がしっかりとあって、細かい気になるところはあるけど、いい速度域を使って走るとピタッと安定する。

竹岡●街中よりも、ちょっと高い速度で走ってるときが気持ちよかった。それと印象的だったのが、コーナーでステアリングを切ると、あるところでサッと向きを変えようとして「俺、曲がるのだって得意だぜ!」ってアピールしてくる(笑)

九島●最近のメルセデスはそれをやりたがってるね。

竹岡●ステアリングは街中でちょっと重さを感じるけど、高速ではそのしっかり感がいいと思うし。エントリークラスのクルマだけど、クルマに守られてる感覚があって安心して乗れるのはやっぱりメルセデス。あとは価格だね。

編集部●100万円台の後半から200万円後半が中古車的にはボリュームゾーンになってます。

九島●新車と比べたら諸経費コミで100万円以上安く乗れる。この価格帯での100万円は大きいよ。あんまりガシガシ使われるクルマじゃないでしょ? いいんじゃないかな。

竹岡●国産のちょっといいクルマを買おうとしていたひとなら、十分ターゲットに入るね。初期型はいろいろと手探りなところもあったけど、マイナーチェンジでずいぶんよくなったし。ブランドと安心感を考えたら十分アリ。安全装備もしっかりしているからオススメ!

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加