試乗記[2016.08.18 UP]

DS 4 クロスバック 試乗レポート

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DS 4 クロスバック

コンパクトなサイズで高級感を表現

 写真を見て、「アレ?」と思ったひともいることと思う。このクルマが見るからにシトロエン「DS 4」だからだ。だが、一部のひとはおわかりのように、DSはシトロエンから分離、新たな道を歩みはじめた。テーマは「フランスの高級車復活」となる。

 で、よくよく見るとフロントマスクは“ダブルシェブロン”から“DS”マークに変わった。ヘッドライトまわりの意匠変更を行い、これまでとは異なる雰囲気を醸し出す。そしてこのクルマにかぎって言えば、車高を高くし流行のSUV風に仕上げている。スタンダードのハッチバック+30mmで、全高は1530mmとした。そして名前もDS 4 クロスバックとし、エクステリアをワイルドに彩っている。

 具体的に挙げると、前後のバンパー、ルーフモールディング、ルーフスポイラー、17インチブラックホイール、ホイールアーチモールディングなどが専用となる。そして最後にクロスバックのエンブレムを付けて出来上がりだ。

DS 4 クロスバック

 搭載するエンジンは1.6L直4ターボで、タービンはツインスクロールタイプを採用。なので、低回転領域からしっかりトルクが出るので、自然吸気エンジンの2Lクラスに匹敵する。最大トルク24.5kg mは立派だし、扱いやすい。今回の試乗でもそれは走り出してすぐに感じた。得意のハンドリングとコーナー出口の加速感で、フランス車に期待する走りは思う存分発揮できる。また、車高が上がってもロール角が深くなったわけではなく、フラットな乗り心地を提供してくれるのもうれしい。「フランス車ならでは!」な部分は予想以上に生きている。

 また、インテリアが凝っているのも見逃せないポイント。写真はレザー&ファブリックのコンビだが、オプションにはクラブレザーのオシャレなシートが用意される。この辺もDSブランドにはふさわしい。DS 4クロスバックに乗ると新たな世界観が広がる。

文●九島辰也 写真●澤田和久
問い合わせ シトロエン コール TEL:0120-55-4106

Detail Check

DS 4 クロスバック(コックピット)

コックピット

メッキの縁取りを施した3連メーターとアルミ調ペダルがスポーティな雰囲気を醸し出す。が、それ以外のデザインはシンプルにまとめられている。ステアリングセンターにもDSのロゴが飾られる。

DS 4 クロスバック(インテリア)

インテリア

試乗車はレザーとファブリックのコンビシートを採用していた。ご覧のようにバケットタイプで、ホールド性がいいのもグッドポイント。後席は6対4の分割式を採用。

DS 4 クロスバック(エンジン)

エンジン

DS 3が1.2Lなのに対し、こちらは1.6L直4が搭載される。6速ATとの組み合わせはじつにマッチしている。

DS 4 クロスバック(ラゲッジスペース)

ラゲッジスペース

クーペっぽいスタイリングのクロスバック。ただご覧のように開口部は広く、リヤシートまで畳めばかなり実用性は高い。

主要諸元:DS 4 クロスバック(6速AT)

全長×全幅×全高 4285×1810×1530mm
ホイールベース 2610mm
トレッド前/後 1530/1525mm
車両重量 1370kg
エンジン 直4DOHCターボ
総排気量 1598cc
最高出力 165ps/6000rpm
最大トルク 24.5kg m/1400-3500rpm
サスペンション前/後 ストラット/トーションビーム
ブレーキ前/後 Vディスク/ディスク
タイヤサイズ前後 215/55R17

全国メーカー希望小売価格(発売 2016年4月)

DS 4 シック(6速AT) 293万円
DS 4 シック DS LEDビジョンパッケージ(6速AT) 326万円
DS 4 クロスバック(6速AT) 338万円

Body Color

 □ブラン バンキーズ  □ブラン ナクレ  ノアール ペルラネラ
 グリ プラチナム  ブルー アンクル  ルージュ ルビ

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント