新車試乗レポート[2014.10.24 UP]

試乗インプレッション

関連情報

ボディタイプ:軽自動車
スズキ ワゴンR/ワゴンR スティングレー 試乗レポート

試乗
【マイナーチェンジ】
発表/2014年8月25日
スズキ 0120-402-253
文●森野恭行 写真●編集部(2014年8月)

スズキ ワゴンR/ワゴンR スティングレー
■クラストップの燃費性能を実現したSエネチャージと熟成した走り

 軽ハイトワゴンの燃費競争をリードする「リッター32.4km」を叩き出したのが、Sエネチャージを搭載する新型ワゴンRだ。核となるメカは、発電機(回生も行う)と始動用モーター、アシストモーターの3役をこなすISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)だが、その効果のほどは?改良の成果は予想以上だった!

■ドライビング/ユーティリティ

Report 森野恭行 Report 森野恭行

 「S(スーパー)」がついたエネチャージの進化は、密な情報を表示できるようになったエネルギーフローインジケーターを観察すれば一目瞭然だ。回生効率の向上(30%改善)はもとより、モーターによるアシスト(2.2馬力/4.1kg mと出力は限られたもの)がエンジン負荷を減らして、燃費効率をより高める働きをしていることがわかる。

 でも、よりわかりやすい改善点は、エンジン再始動のタイムラグが短縮(0.4→0.3秒)され、同時にノイズと振動が大幅に低減されたこと。加えて、従来型で気になった、アイドリングストップ作動後の意図しない再始動の問題(カックンブレーキを防ぐためにペダル踏力を抜くとエンジンがかかってしまう)も、ブレーキストロークセンサーの採用により解決されたのだから万々歳だ。

 そう、Sエネチャージ搭載のFZとスティングレーXの走りは、驚くほど洗練度や快適性を向上させている。で、その驚きの中には、操舵後の戻りの動作が自然になった電動パワステも含まれる。全体にフリクションが低減された印象で、操舵に対する動きは素直かつリニアに進化。それが、運転の安心感や気持ちよさのレベル向上につながっているのだ。新型の注目点は、2.4km/L改善されたモード燃費値やリフレッシュされた外装だけではない。走り味の熟成にぜひ注目してほしい。

■インテリア/エクステリア写真[1]

インテリア/エクステリア写真[1] メーターパネル右にエネルギーフローインジケーターを配置。回生、モーターアシスト、エンジン再始動など、Sエネチャージがさまざまな場面でいい仕事をこなすことがわかる。

インテリア/エクステリア写真[1] ルーミーで使い勝手のいいキャビンもワゴンRの大きな魅力。FZはライトグレー内装を採用し、上質かつ清潔感のあるムードを演出する。後席は左右独立スライド機構も装備する。

インテリア/エクステリア写真[1]

■インテリア/エクステリア写真[2]

インテリア/エクステリア写真[2] 「32.4km/L」を実現した要のメカはISG。エンジンの後ろ側に配置され、ベルトを介して発電、回生、モーターアシストを行う。

インテリア/エクステリア写真[2] 専用のブルー加飾リヤコンビランプが後ろ姿の洗練度を向上。押し出し感を高めたマスクも目を引く。

インテリア/エクステリア写真[2] グリルやフロントバンパーを新造形とし、存在感をさらに高めたスティングレー。Sエネチャージ搭載のXは、ヘッドライトとリヤコンビランプにブルー加飾を加えて、クールな印象を強調する。

スズキ ワゴンR FZ(CVT)

全長×全幅×全高 3395×1475×1660mm
ホイールベース 2425mm
トレッド前/後 1295/1290mm
車両重量 790kg
エンジン 直3DOHC+モーター
総排気量 658cc
エンジン最高出力 52ps/6000rpm
エンジン最大トルク 6.4kg m/4000rpm
モーター最高出力 2.2ps/1000rpm
モーター最大トルク 4.1kg m/100rpm
JC08モード燃費 32.4km/L
サスペンション前 ストラット
サスペンション後 アイソレーテッドトレーリングリンク
ブレーキ前/後 ディスク/ドラム
タイヤ前後 155/65R14

価格

ワゴンR/ワゴンRスティングレー 107万8920円〜171万6120円(全グレード)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント