車のニュース[2015.08.29 UP]

レクサス、「HS250h」の一部仕様を変更して発売

HS250h 一部仕様を変更した「HS250h」

トヨタの高級車ブランド・レクサスは8月27日、ハイブリッドモデル「HS250h」の一部仕様を変更し、同日より発売した。

今回の仕様変更は、内外装を中心に、各種装備の充実や改良が施された。エクステリアは、ドアミラー形状を変更してレクサスブランドとしての統一化を図ったほか、ライセンスランプに白色LEDを採用する。ボディカラーは、「ディープブルーマイカ」、「アンバークリスタルシャイン」を追加し、合計10色のラインナップとしている。また、全色に洗車などによる小さなすり傷を自己修復するクリア塗装「セルフリストアリングコート」を採用する。

HS 250h
HS250h エクステリアは、ドアミラー形状を変更してレクサスブランドとしての統一化を図った

インテリアは、スピーディな情報更新や、パソコン・オーディオ機器で保存した音楽データの再生が可能な「SDナビゲーションシステム」を全車に標準装備。G-Linkでは、新機能として音声対話サービス・先読み情報案内サービス「エージェント」や、アプリケーションソフトを追加できる「レクサスアップス」を採用する。サスペンションは、チューニングやステアリングギヤ比を変更し、操舵時の車両応答性を高めている。

HS250h 洗車などによる小さなすり傷を自己修復するクリア塗装「セルフリストアリングコート」を採用

そのほか、「撥水機能付スーパーUV400・IRカットガラス」を全車に採用。約99%カットできる紫外線の波長の上限を従来の380nmから400nmに変更することで、紫外線カットの能力をさらに高めている。

メーカー希望小売価格は、424万4000円(税込)〜570万5000円(税込)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント