車種別・最新情報[2004.12.03 UP]

新車紹介

関連情報

ボディタイプ:コンパクトカー ボディタイプ:ミニバン
日産 ラフェスタ 新車紹介

紹介
発表/2004年12月2日
文:諸星陽一 写真:犬塚直樹

日産 ラフェスタ
■メガーヌIIのプラットフォームを採用したリバティの後継ミニバン

 じつは日産の5ナンバーミニバンは長い歴史を持っている。その初代は昭和57年(1982年)に発表されたプレーリーだ。プレーリーはその後、プレーリー・リバティからリバティへとネームチェンジしてきた。そして、今回まったく新しいモデル「ラフェスタ」にその座を譲ることとなった。

■ドライビング/ユーティリティ

 ラフェスタには、Cプラットフォームと呼ばれる新しいプラットフォームが採用される。日産車としてはこのプラットフォームを使うのははじめてだが、じつはルノーのメガーヌIIと深い関係を持つものだ。ベーシックなFFモデルのボディサイズは4495mmの全長に対し、1695mmの全幅、1600mmの全高。メガーヌIIと比べると長く、狭く、高いディメンションとなる。
 サスペンションはフロントがストラット、リヤはFFがトーションビーム、4WDが独創性にあふれるマルチリンクを採用する。
 搭載されるエンジンはMR20DEと呼ばれる新型2Lユニット。従来のQR系に代わるエンジンとして開発されたもので、このラフェスタが初搭載となる。基本的にはCVTとのマッチングを重視したエンジンで、ティーダ系に搭載されたHR系と同様に中低速域での実用性を重視した設計となっている。
 シート配列は前から2-3-2名の7名定員で、セカンドシートは左右6対4分割でスライドも可能。サードシートはワンタッチでフラットに収納することできる設定だ。
 グレード展開はベーシックな20S、中間グレードとなる20M、上級モデルのプレイフルの3種。ラフェスタ最大の特徴の1500×800mmという大開口部を持つパノラミックルーフは、全車に標準装備される(レス仕様もあり)。ガラス部分の開閉はできないが、4分割されたシェードが室内に変化に富んだ演出を与えてくれる。

■インテリア/エクステリア写真[1]

日産 ラフェスタ コックピット 今まで見たことのない大胆なデザインのインパネ。とくにセンターコンソールは圧巻だ。ATセレクトレバーは短い設計で、電動アシストによって操作力を低減している。

日産 ラフェスタ 内装1 L型ヘッドレストをフロントシートにも採用。助手席は前倒し可能で、長尺物の搭載に対応している。

日産 ラフェスタ 内装2 6対4分割のダブルフォールディングも可能なリヤシート。アームレストは大型で、カップホルダーともども全車標準装備。

■インテリア/エクステリア写真[2]

日産 ラフェスタ 内装3 フラットな形状のクッション&シートバックを持つサードシート。ラゲッジルーム側からワンタッチで収納可能。

日産 ラフェスタ エンジン 最大トルクの90%をわずか2000回転で発生するという新型4気筒。全車がグリーン税制の適応を受けられる燃費と清浄性を実現。

日産 ラフェスタ 外装 Cピラー以後のリヤセクションは垂直に切り立ったパネルでスクエアなデザイン。リヤドアは左右スライド方式で、オートドアはオプション。

ラフェスタ20M(CVT)主要諸元

全長×全幅×全高 4495×1695×1600mm
ホイールベース 2700mm
トレッド前/後 1480/1475mm
車両重量 1420kg
エンジン 直4DOHC
総排気量 1997cc
最高出力 137ps/5200rpm
最大トルク 20.4kg m/4400rpm
10・15モード燃費 15.0km/L
サスペンション前/後 ストラット/トーションビーム
ブレーキ前/後 Vディスク/L&Tドラム
タイヤ前後 195/60R15

バリエーション&価格

20S 185万8500円(211万500円)
20M 1199万5000円(224万7000円)
プレイフル 205万8000円(231万円)
※価格は全国メーカー希望小売価格。( )内は4WDの価格。
全車にパノラミックルーフレス仕様あり。価格は7万3500円安。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント