車のニュース[2015.03.19 UP]

ボディカラーに新色を追加、快適装備や安全装備を充実化、79万円〜 【ホンダ】「アクティ」/「バモス」シリーズを一部改良

ホンダ01 ユニット・コンパス/Goo-net編集部

 ホンダの軽商用車「アクティ」シリーズ(「アクティ・トラック」、「アクティ・トラック特装車」、「アクティ・バン」)および軽乗用車「バモス」シリーズ(「バモス」、「バモスホビオ」)に一部改良が施され、アクティ・トラック特装車を除く各モデルが3月19日に発売された。アクティ・トラック特装車は4月16日に発売される。

 搭載するエンジンはいずれも0.66L 直3 SOHCで、駆動方式はMRと4WDの2種類、トランスミッションは5速MTと3速AT、4速ATの3種類。価格帯はアクティシリーズが79万円(アクティ・トラック/STD/MR/5速MT)〜205万9040円(アクティ・トラック特装車/フレッシュデリバリー 冷凍R型 ワンタッチ式両スライド扉/4WD/5速MT)、バモスシリーズが128万円(バモスホビオ/PRO/MR/5速MT)〜151万4400円(バモス/G/4WD/4速AT)。

 アクティシリーズは、JC08モード燃費を18.4km/Lに向上。アクティ・トラックには新色の「ナイトホークブラック・パール」が追加され、アクティ・トラックのTOWNにはIRカット(遮熱)/UVカット機能付きフロントウインドウガラス、IRカット/スーパーUVカットフロントドアガラス、ハーフシェイド・フロントウインドウガラス、防眩ルームミラーを標準で装備。またアクティ・トラック SDXとATTACKには2スピーカーが標準で搭載される。

 バモスシリーズは、JC08モード燃費が17.6km/Lに向上、ボディカラーに新色の「プレミアムスターホワイト・パール」が追加され、EBD(Electronic Brake force Distribution/電子制御動力分配システム)付ABSが標準装備となった。バモスホビオ Gは、ワイパブルマットを標準で装備する。

ホンダ02 軽商用車「アクティ」シリーズに加え、軽乗用車「バモス」シリーズも改良を受けた。

ホンダ03 UVカット機能付きフロントウインドウガラスと防眩ルームミラーも装備されることに。

ホンダ04 紫外線だけでなく、赤外線もカットすることで夏の不快な熱さが大幅に軽減される。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント