車のニュース[2014.12.15 UP]

ダイハツ、新型「ムーヴ」を発売 燃費性能だけでなく走行性能も充実

ムーヴ 軽自動車「ムーヴ」をフルモデルシェンジ

ダイハツは12月12日、軽自動車「ムーヴ」をフルモデルシェンジし、同日より発売した。新型ムーヴは、今回のフルモデルチェンジで6代目が登場。燃費性能だけではなく、走りの性能や質感を高めているのが特徴だ。

新たに採用された「Dモノコック」は、軽量で高剛性なシャシーとなり、走行性能の大幅な改善に貢献している。足回りは、Dサスペンションを採用し、30km/h以下の低速域でのドライバーの頭のふらつきを減少。これにより、ドライバーの疲労感を低減し、日常での使用やロングドライブをしやすくしている。

ステアリングは、走行モードの切り替えが可能となる「Dアシスト」のスイッチを装備。パワーモードを選択するとCVTのプログラムが切り替わり、アクセル操作に対するレスポンスが向上し、アクセルの踏み増しや加速時などのストレスをなくすという。

気になる燃費性能は、2WDの自然吸気モデルでJC08モード31.0km/lを実現。ターボモデルでは、JC08モード27.4km/lとなる。ターボ車を含む全グレードでエコカー減税の100%免税の対象となっている。

ムーヴ 上質感や高級感を極めたという「ハイパー」グレードを新たに設定

ギャラクシーマーブル調のインパネガーニッシュ

燃費性能は、2WDの自然吸気モデルでJC08モード31.0km/lを実現

ムーヴ 軽自動車で初となる「後方誤発進抑制機能」を採用

衝突回避支援システム「スマートアシスト」は、これまでの「低速域衝突回避支援ブレーキ機能」、「誤発進抑制機能」、「先行車発進お知らせ機能」に追加して、軽自動車で初となる「後方誤発進抑制機能」を採用。クルマの後方に壁などの障害物がある場合に、Rレンジでアクセルペダルを強く踏んでも、エンジン出力を約8秒間に渡って抑制するという。

そのほか、従来からの「ムーヴ」「ムーヴカスタム」に加えて、上質感や高級感を極めたという「ハイパー」グレードを新たに設定。ハイパーのフロントグリルはダーククロームメッキ処理がされていて、フォグランプまわりのLEDイルミネーションと合わせて迫力を増している。インテリアは、ギャラクシーマーブル調のインパネガーニッシュとドアオーナメントパネルを専用装備としている。

メーカー希望小売価格は、113万4000円(税込)〜179万2800円(税込)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント