新車情報[2017.09.20 UP]

「世界に通用するスポーツカーを!」トヨタ新スポーツカーブランド「GR」の挑戦

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

文と写真●ユニット・コンパス

 トヨタが燃えている。何に? もっといいクルマづくりにだ。

 2017年9月19日、お台場MEGA WEBにてトヨタの新スポーツカーブランド「GR」の発表会が行われた。従来「G’s(ジーズ)」の愛称で親しまれていた取り組みを一新するもので、今後車両ラインアップやパーツ等のアイテムを充実させるとともに、クルマを楽しむ文化を育てる取り組みを強化する。
 
 注目したいのは、「GR」への取り組みが、市販車とモータースポーツとファンとを結びつけるという考え方に基づいているということ。モータースポーツに挑戦することでクルマとひとを鍛え、そこで得た知見をもとに市販車を磨き上げ、「GR」ブランドで販売することで、スポーツカーづくりやモータースポーツ活動を景気に左右されない持続的な事業として成り立たせることを目指す。さらに、ユーザーとの接点として全国に「町いちばんの楽しいクルマ屋さん」をコンセプトにした「GRガレージ」を立ち上げ、クルマ文化を醸成していくという。
 
 「GR」のモデル体系は、数量限定販売のコンプリートモデル「GRMN」を頂点に、GRMNのエッセンスを注ぎ込んだ量産モデル「GR」、GRのエッセンスをカジュアルに楽しめる「GRスポーツ」、そしてアフターパーツの「GRパーツ」という形でピラミッドを形成。第1弾として、ヴィッツに「GR」と「GRスポーツ」を、プリウスPHV、ハリアー、マークX、ヴォクシー、ノアに「GRスポーツ」を19日から販売開始。今後2018年春に向け計11モデルを投入する。

GRが目指すビジョンを説明するGAZOO Racing Companyプレジデントの友山茂樹氏

サプライズゲストとして登場した「モリゾー」こと豊田章男社長

 単なるイメージ戦略としてのモータースポーツ活動ではなく、WEC(世界耐久選手権)やWRC(世界ラリー選手権)といった世界トップレベルで戦うレーシングカー組織であるGAZOO Racingの実戦部隊が市販車の開発を直接手がけるというわけだ。発表会に登壇したGAZOO Racing Companyプレジデントの友山茂樹氏は、「我々のミッションは、世界に通用するスポーツカーを商品として世に出すこと。新しい仕事のやり方に果敢に挑戦し、トヨタの変革をも促す。そして、永続的なモータースポーツ活動です」と説明。さらにGAZOO Racing Companyのビジョンとして、「モータースポーツで鍛えられたひとがクルマを鍛え、そこから生まれる味を市販車へとどれだけ落とし込めるかに挑戦することがGAZOOのクルマづくり。標準車のコンプリートカーから始まり、スポーツ車専用のプラットフォームを手に入れる。そして最終的には、世界に通用するようなスポーツカーをつくり、ラインアップを完成させたいと考えています」と語った。
 さらに、発表会後に行われたトークセッションには豊田章男社長が、自身のもうひとつのキャラクターとする「モリゾー」としてサプライズで登場。GAZOOレーシングがまだ車内の有志スタッフにて運営されていた当時の話として、ドイツのニュルブルクリンクで味わった悔しい体験が披露された。世界有数の難コースであるニュルブルクリンクでは、世界の自動車メーカーが開発中のテスト車両を持ち込んで、リアルワールドで実験、開発が行われているのだが、当時のトヨタではそのような開発は許されていなかったのだという。欧州メーカーが最新のテスト車両を走らせるなか、自分たちは中古のスープラを走らせることしかできなかった経験は、悔しさと同時に「我々もいつかここで自分たちのクルマを鍛えあげたい」という気持ちを強くすることになったという。まさに「負け嫌い」を自称する豊田社長らしいエピソードだ。

走るための機能を造形で表現した「Functional MATRIX」グリル

「ノア GRスポーツ」(左)、「ヴォクシー GRスポーツ」(右)ベースモデルの特性を生かしながらスポーティで運転して楽しいクルマへと生まれ変わった

限定販売される「ヴィッツ GRMN」(中央)と「ヴィッツ GR」(左)、「ヴィッツ GRスポーツ」(右)


 「GR」シリーズでは、モータースポーツでの「戦闘力」を最大限に引き出すための機能をダイレクトに表現したエクステリアデザインを採用。GRロゴ入りブレーキキャリパーや専用シート、専用スタートスイッチを装備。機能面では、ボディ補強やトータルバランスを考えたチューニングを施し、メーカーならではの高い完成度を提供する。スピーチの締めくくりとして「クルマがどんなにIT化しようと、電動化しようと、ユーザーが自分で操りたくなる。そういう魅力的なクルマを造り続ける」と力強く宣言した友山プレジデント。組織そのものを改革しながら、いいクルマづくりに挑戦を続けるトヨタ。新スポーツカーブランド「GR」への期待が高まる。

「プリウスPHV GRスポーツ」

「ハリアー GRスポーツ」

「マークX GRスポーツ」

室内には小径スポーツステアリング(GRのみ)や専用スタートスイッチが備わり、シート表皮なども専用となる

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント