ルノー、新型SUV「カジャー」の限定車「カジャー Bose」を日本で先行発売の記事詳細

中古車 > グーマガジン > 新型車情報 > 車のニュース > ルノー、新型SUV「カジャー」の限定車「カジャー Bose」を日本で先行発売

車のニュース [2017.09.01 UP]

ルノー、新型SUV「カジャー」の限定車「カジャー Bose」を日本で先行発売

カジャー

新型SUV「カジャー」の限定車「カジャー Bose」

ルノー・ジャポンは8月31日、新型SUV「カジャー」の限定車「カジャー Bose」を日本で先行発売した。限定台数は100台。カジャーはCセグメントのSUVモデル。1.2リッター直列4気筒DOHC直噴ターボエンジンを搭載。最高出力131PS/5500rpm、最大トルク205Nm/2000rpmを発生する。トランスミッションは、2組のクラッチシステムを持つ電子制御7速AT(7EDC)が組み合わされる。駆動方式は2WDとなる。

カジャー

専用に設計されたBOSEサウンドシステムを搭載

インテリアは、専用ファブリック×レザー調コンビシートを採用。異なる硬さの高密度ウレタンフォームで背中と腰をサポート。また、運転席にはランバーサポートを採用する。センターコンソールには7インチマルチファンクションタッチスクリーンで、マルチメディア操作や車両をコントロールする「ルノー R-Link2」を搭載。

カジャー

ボディサイズは、全長4455mm、全幅1835mm、全高1610mm

カジャー Boseの車名にも使われているBOSEは、専用に設計されたBOSEサウンドシステムを搭載。縦1000mm×横860mmの大型パノラミックルーフ(サンシェード付)により、明るく開放的な室内空間を演出する。

カジャー

2組のクラッチシステムを持つ電子制御7速AT(7EDC)が組み合わされる

ボディサイズは、全長4455mm、全幅1835mm、全高1610mm。低くスポーティなスタイリングが特徴で、最低地上高200mm、アプローチアングルを18度、デパーチャーアングルを28度とするなど、SUVに相応しい機能も有している。そのほか、2台のカメラ、12個のセンサー、ミリ波レーダーを採用した運転支援システム(ADAS)を搭載。LWD(Lane Departure Warning/車線逸脱警報)、BSW(Blind Spot Warning/後側方車両検知警報)、エマージェンシーブレーキサポート(アクティブブレーキ)などの機能を装備する。

メーカー希望小売価格は、344万円(税込)

グーネット編集部

ライタープロフィール

グーネット編集部

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど 様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。 みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど 様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。 みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

icon タグから記事を探す

icon 中古車を探す

メーカー・ブランドから中古車を探す

メーカー・ブランドから中古車を探す

icon 新車を探す

メーカー・ブランドから新車を探す

メーカー・ブランドから新車を探す

img_backTop ページトップに戻る